反動推進力を産み出すもので,他類に属しないもの に関する技術一覧

「反動推進力を産み出すもので,他類に属しないもの」に関する技術の関連情報です。 「反動推進力を産み出すもので,他類に属しないもの」 の関連技術、「反動推進力を産み出すために,プラズマを用いるもの」「反動推進力を産み出すために,光子を用いるもの」 など、その他「反動推進力を産み出すもので,他類に属しないもの」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「反動推進力を産み出すもので,他類に属しないもの」の分野ページはこちら

反動推進力を産み出すもので,他類に属しないものに所属する技術動向

反動推進力を産み出すもので,他類に属しないものの分野に属する技術の状況としては、2017年に10件、2018年に10件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、反動推進力を産み出すもので,他類に属しないものの分野においては特に近年反動推進力を産み出すために,光子を用いるものの分野における動向が活発であり、他にも反動推進力を産み出すもので,他に分類されないものや 反動推進力を産み出すために,プラズマを用いるものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはサフランエアークラフトエンジンズや三菱電機株式会社、国立大学法人九州大学が豊富な実績を残しており、 三菱電機株式会社などは、 電気加熱,他に分類されない電気照明や家庭の洗浄または清浄,吸引掃除機一般といった分野も含め、 国立大学法人九州大学や公立大学法人首都大学東京といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

反動推進力を産み出すもので,他類に属しないもの』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】レーザー熱推進エンジンにおいて、軽量で、推進力、比推力が大きく取れてエンジン性能が高く、且つレーザー光源からのレーザー光を天候の影響を受けず安定して供給できるエンジンシステムを得る。【解決手段】燃料としてペレット状の氷またはスラッシュ状態の水を用い、該燃料に外部からレーザー光6を集光光学系7、8を介して効率良く供給することにより高いエネルギーを供給し、燃料を直...

    レーザー光を利用したエンジンシステム

  2. 【課題・解決手段】本発明は、とりわけスペースクラフトにおいてイオン推力器として使用するためのプラズマ加速器装置に対して構造体が提案される。この構造体では、加速された電子ビームが燃料ガスを有するイオン化チャンバに導入され、電気的減速フィールドに向かってこのイオン化チャンバの中を集束化されたビームとしてガイドされ、この電気的減速フィールドは同時にイオン化により生じる燃料イ...

    プラズマ加速器装置

  3. 【課題・解決手段】本スラスタは、共通の板上に、非平行な軸線を有するイオン化及び加速の複数の主環状通路(124A,124B)を具備し、これらの軸線が主環状通路(124A,124B)の出口方向において集束する。磁気回路(131,134,136,311)が、主環状通路(124A,124B)において磁場を形成する。本スラスタは、さらに、中空陰極(140)と、各主環状通路(12...

    操縦スラストベクトルを有する閉鎖エレクトロンドリフトプラズマスラスタ

  4. 技術 推進機

    【課題】遠心力とプレセッションを利用して推進力を発生させる。【解決手段】小型フライホイル2を2000回転で自転させ、それをU型曲がりリング3に沿って200回転で公転、更に大型フライホイル9の全体回転で100回転すると、小型フライホイル2の自転、公転と全体回転100回転の2点でプレセッションにより接線の直角方向に力が転換、と同時に揚力(大型フライホイル9回転接線上直角方...

    推進機

  5. 技術 電源装置

    【課題】イオン加速装置であるホールスラスタの放電振動現象を抑制する制御を行うことができる電源装置を得る。【解決手段】電源装置1は、アノード電極12へアノード電圧Vaを印加するアノード電源2、磁場生成用コイルへコイル電流Icを流すコイル電源3,4、ガス流量調節器15を介してガス流量Qを調整するガス流量制御装置5および制御装置9を備え、制御装置9は、アノード電圧Vaとコイ...

    電源装置

新着の技術

反動推進力を産み出すもので,他類に属しないもの』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】推進効率を向上させることが可能なホールスラスタを提供する。【解決手段】本実施形態のホールスラスタ10は、同心の内周壁12及び外周壁13によって画成された環状チャネル11と、環状チャネル11の閉鎖端11aに位置する陽極14と、環状チャネル11に電子を供給する陰極15と、環状チャネル11の閉鎖端11aに連通する推進ガスの供給路16と、外部磁極18、内部磁極19、お...

    ホールスラスタ

  2. 【課題・解決手段】ホールスラスタを駆動する電源装置から発生する低周波磁気ノイズ又は低周波伝導ノイズの時間平均ピーク値を、衛星の質量を大きく増加させることなく抑える。ホールスラスタ電源装置(10)のパルス幅制御回路(22)は、制御信号(54)に基づきパルス信号をスペクトラム拡散した拡散信号(58)を出力する。電圧出力回路(21)は、パルス幅制御回路(22)によって出力さ...

    ホールスラスタ電源装置及びホールスラスタ電源装置の制御方法

  3. 【課題・解決手段】ケーブル(130)は電線帯(134)を有する。平行電線(133)は、1対を成す第1の電線(131)と第2の電線(132)とが撚り合わされずに並べられて構成される。電線帯は、複数の平行電線が横一列に並べられて構成される。また、隣り合う平行電線において、一方の平行電線の第2の電線と他方の平行電線の第1の電線とが隣り同士に並べられる。そして、電線帯は、ぜん...

    ケーブルラップ機構

  4. 【課題・解決手段】マイクロ衛星用スラスタが開示される。スラスタは、推進剤材料からなるカソードと、アブレーティブ材料からなるアノードとを包含する。スラスタは、近位端と、推力チャネルを有する反対側の遠位端とを有するハウジングを包含する。ハウジングは、アノードおよびカソードを保持する。パルス電圧源は、カソードとアノードとの間に連結され、アノードのアブレーションと、推力チャネ...

    高推力電力比マイクロカソードアークスラスタ

  5. 【課題・解決手段】本発明は、宇宙空間電熱推進に適したマイクロ波電熱スラスタ(MET)に関するものであり、衛星/宇宙船の初期推進および高度制御を可能とする、周波数可変のマイクロ波電熱スラスタ推進モジュールを備え、RF半導体は、その効率性および応答時間を向上させるため、並びにスラスタを、そのキャビティを機械的に調整することにより2つの周波数において動作できるようにするため...

    宇宙空間電熱推進に適したマイクロ波電熱スラスタ

反動推進力を産み出すもので,他類に属しないものの詳細カテゴリ一覧

反動推進力を産み出すもので,他類に属しないものの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

反動推進力を産み出すもので,他類に属しないもの ページ上部に戻る