風力原動機 に関する技術一覧

「風力原動機」に関する技術の関連情報です。 「風力原動機」 の関連技術、「ほぼ風力の方向に回転軸をもつ風力原動機」「このサブクラスの他のグループに分類されない細部,構成要素または付属品」 など、その他「風力原動機」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「風力原動機」の分野ページはこちら

風力原動機に所属する技術動向

風力原動機の分野に属する技術の状況としては、2017年に332件、2018年に200件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、風力原動機の分野においては特に近年他の風力原動機の分野における動向が活発であり、他にも風力の方向にほぼ直角な回転軸をもつ風力原動機や ほぼ風力の方向に回転軸をもつ風力原動機といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱重工業株式会社やヴォッベンプロパティーズゲーエムベーハー、ルネサスエレクトロニクス株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 電気的デジタルデータ処理や画像通信,例.テレビジョンといった分野も含め、 東芝エネルギーシステムズ株式会社や東芝プラントシステム株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

風力原動機』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】設備に供給するための電力を駐車設備内で生産して商用電力の消費を極力抑えることが可能な省エネ型の機械式駐車設備を提供すること。【解決手段】地上に立設された駐車塔4と、駐車塔4内に配設された車両搬送用の駆動装置9と、その風車が駐車塔の外部に露出するように配設された風力発電装置13と、駐車設備内で得られた電力を蓄える蓄電装置17と、駐車塔4内の空気を吸引して駐車塔4...

    機械式駐車設備

  2. 【課題】風の向きや強さが変化する前にこれを予測して、風の向きや強さが変化すると同時に、姿勢やプロペラ角度を最適化させ、これによって発電効率を常時、最大に維持させる。【解決手段】各風力発電装置2によって、風向、風力、温度、湿度、発電量などを測定して、各風力発電装置2間で、これらの測定結果を相互にやり取りしながら、各風力発電装置2自身の判断で、自風力発電装置2が配置されて...

    風力発電システム

  3. 【課題】作動流体エネルギーを駆動源とする流体発電装置において、流速及び回転数の変動への対処を可能とし、また、作動流体の各流速における最大出力を得て、発電量の増大を図る。【解決手段】実測の周速比と基準の周速比とを比較し、実測の周速比が基準の周速比よりも小さいときは、発電機を無負荷として翼回転軸の回転数を基準の周速比が持つ回転数へ回復させるように構成する。また、流速と回転...

    流体発電装置

  4. 【課題】重量アップを伴わずしかも簡単な構造で、流体の力を羽根で効率良く受けて発電効率の高い回転型発電装置を提供する。【解決手段】流体の力を受ける羽根1を複数枚有し、流体が流れる方向10と交差する第1の回転軸12aを中心に回転する回転体2と、この回転体と連結され、回転体の回転で発電する発電機5とを備えた回転型発電装置であって、上記各羽根の少なくとも一部は、第1の回転軸と...

    回転型発電装置

  5. 【課題】作動流体エネルギーを駆動源とする流体発電装置において、広い流速範囲に対応した連続可変出力を持つ発電を可能とし、また、作動流体の各流速における最大出力を得て、発電量の増大(従来より40%以上)を図る。【解決手段】自然の流体エネルギーと翼回転軸の回転数に応じて複数の発電機から最適な定格出力の発電機を選択して組み合わせ、広い流速範囲に対応した連続可変出力を持つ運転モ...

    流体発電装置

新着の技術

風力原動機』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】ブレードが特に浸食損傷に曝される領域の中および周辺に後付けされたコーティングを施した風力タービンブレードであって、接着剤層、繊維強化ポリマー層、および繊維強化層上の1枚以上の非強化ポリマー層を含むコーティングによって確立され、ポリマー層自体が、繊維強化層の上で延在し、浸食損傷にあまり曝されない風力タービンブレードの表面の領域を含む。そのような風力ター...

    風力タービンブレード上に耐浸食性表面部を形成する方法、耐浸食性コーティングを形成する方法、ブレードが浸食損傷に特に暴露される領域内およびその周りに改装コーティングを施した風力タービンブレード、風力タービンブレード前縁に取り付けるためのコーティング

  2. 【課題】灯台の閃光電源は、殆どがコストが割高な商用電源を使用しているのが現状である。省エネを目的として灯台の閃光電源にフリーコストである風力エネルギーを利用する垂直軸風車発電機と灯台の灯室を一体型にした灯台の開発を課題とする。【解決手段】フライホイールが風車と一体化されることによってエネルギーが一旦、同ホイールに貯蔵され発電機14の要求トルクに応じて同ホイールより発電...

    フライホイール一体型垂直軸風車発電機と灯台の灯室を一体型にした省エネ型灯台

  3. 【課題】揚力型の水平軸型風車に比べ、抗力型の垂直軸型風車は効率が低いという課題を、揚力型の垂直羽根と抗力型の水平回転翼を一体化し、正帰還の手段によって相互に回転を助長して出力効率の増加を図る事が可能となる。【解決の手段】本発明は、近寄り風速により回転する垂直羽根と外側羽根車を合体し、前記外側羽根車の回転を増速部で増速する、前記増速した出力を、フライホイル盤に載設した偏...

    フィードバック型風車

  4. 【課題】高所作業を必要とせず、より安全に検査を行うことができ、検査にかかるコストを低減すること。【解決手段】風力発電設備(10)の検査装置(20)であって、風力発電設備(10)に接触させる接触部(54)を有する飛行体(5)と、接触部(54)が風力発電設備(10)に接触して取得した情報を用いて風力発電設備(10)を検査する検査体(6)と、を備える。

    風力発電設備の検査装置及び風力発電設備の検査方法

  5. 【課題】回転機械設備の異常を適切に診断することができる回転機械設備の異常診断システム及び異常診断方法を提供すること。【解決手段】回転機械設備の異常診断システムは、軸受の振動及び回転数を検出する検出装置と、それぞれ異なる複数の回転数における振動のピーク成分を用いて、軸受の異常を診断する診断装置と、を備える。診断装置は、それぞれ異なる複数の回転数r1,r2における回転数比...

    回転機械設備の異常診断システム及び異常診断方法

風力原動機 ページ上部に戻る