その他の機関 に関する技術一覧

「その他の機関」に関する技術の関連情報です。 「その他の機関」 の関連技術、「可とう壁形のもの」 など、その他「その他の機関」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「その他の機関」の分野ページはこちら

その他の機関に所属する技術動向

その他の機関の分野に属する技術の状況としては、2006年に1件、2007年に1件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、その他の機関の分野においては特に近年可とう壁形のものの分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては川崎重工業株式会社やニスカ株式会社、有限会社新技術マネイジメントが豊富な実績を残しており、 ニスカ株式会社などは、 帯電像を用いる電子写真法用の装置や堆積物収容具といった分野も含め、 有限会社新技術マネイジメントといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

その他の機関』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 技術 駆動装置

    【課題】出力密度が高く、液体駆動モータの出力特性を改善可能な駆動装置を提供する。【解決手段】駆動装置20は、出力源に伝動軸を有する3個の液体駆動モータ1と、伝動軸の各々からの出力を一つの出力軸22に合成する出力合成機構29とを備えている。液体駆動モータ1は、数キロボルトの直流電圧が印加されると、電界共役流体に水流を生起させ、この水流によってロータを回転運動させて、該回...

    駆動装置

  2. 【課題】 小型化を図ることができると共に、機械効率の向上、作動騒音の低下、及びコストダウンを行うことができる電液一体型液圧装置を提供する。【解決手段】 電油一体型モータ1は、油圧モータ10と電動機30とを備える。電油一体型モータ1は、回転軸11を有し、供給される作動油により前記回転軸を回転させる。電動機30は、回転軸11に接続される回転子32と、回転子32の周りに...

    電液一体型液圧装置

  3. 【課題】低圧水等の流体を用いて、可動部からの流体の漏れがなく、出力ロスを抑え、高出力が得られる流体圧モータを提供する。【解決手段】ドラム9と、該ドラム9の外周面又は内周面の円周方向に沿って設けたチューブ11,12と、該チューブ11,12に圧接しながら前記ドラム9と同軸の回転軸15廻りに回転するピンチローラ13とを備え、前記チューブ1,12内に流体を流してその圧力により...

    流体圧モータ

  4. 【目的】偏荷重や高い面圧摺動を生じる構造部分がなく、流体圧をほとんどエネルギーロスを生じることなく効率的に回転駆動力として出力できる流体圧モータを提供する。【構成】ケーシングと、該ケーシングに回転自在に軸支された駆動軸と、ケーシング内部の流体室に配置されると共に駆動軸に連動連結された回転自在な駆動ロータとを備えた構成であり、駆動ロータは、回転軌跡のほぼ接線方向に向けて...

    流体圧モータ

  5. 【課題】ピニオン、減速機を装備する必要がなく、部品点数を少なくした安価な電動付旋回モータを提供する。【解決手段】油圧モータ22には電動機23がボルト部材24により直結している。油圧モータ22と電動機23は、油圧モータシャフト25と電動機シャフト26とがジョイント27により連結している。なお、電動機23は、回転速度センサ28を内蔵し油圧モータ22の回転速度が検出している...

    電動機付旋回モータ

新着の技術

その他の機関』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 小型化を図ることができると共に、機械効率の向上、作動騒音の低下、及びコストダウンを行うことができる電液一体型液圧装置を提供する。【解決手段】 電油一体型モータ1は、油圧モータ10と電動機30とを備える。電油一体型モータ1は、回転軸11を有し、供給される作動油により前記回転軸を回転させる。電動機30は、回転軸11に接続される回転子32と、回転子32の周りに...

    電液一体型液圧装置

  2. 【課題】ピニオン、減速機を装備する必要がなく、部品点数を少なくした安価な電動付旋回モータを提供する。【解決手段】油圧モータ22には電動機23がボルト部材24により直結している。油圧モータ22と電動機23は、油圧モータシャフト25と電動機シャフト26とがジョイント27により連結している。なお、電動機23は、回転速度センサ28を内蔵し油圧モータ22の回転速度が検出している...

    電動機付旋回モータ

  3. 【課題】自己エネルギー発生型液圧駆動発電装置を駆動する高出力を必要とする作業機械等を、低出力で駆動できる油圧ポンプと油圧モータを一体化した高出力型多段式油圧装置を提供する。【解決手段】バツテリー(I)を利用して可変速電動モーター(B)で高出力型多段式油圧装置(A)の第1油圧ポンプ(1)を駆動することにより、油圧を発生させ、第2油圧モーター(2)に送り、羽根車(6)にて...

    高出力型多段式油圧装置

  4. 【課題】作動流体と機械可動部が直接触れないようにして、錆や漏れの問題を生ずることなく低圧水を利用可能で且つ小型化が可能な流体駆動装置を提供する。【解決手段】扁平チューブ1からなる駆動部3を有し、該駆動部3の扁平チューブ1を折り返すとともに、該駆動部3の駆動流体の入口側及び出口側を拘束部材2に固定し、該扁平チューブ1に前記駆動流体を流すことにより前記駆動部3の扁平チュー...

    扁平チューブを用いた駆動装置

  5. 【課題】 チューブを屈曲させることなく小型化を可能とし、円滑な流体の流れを確保できる流体圧モータを提供する。【解決手段】 円筒状の内周面2を有するドラム1と、該ドラム1の内周面2に軸方向と平行に固定した複数の可撓性チューブ3と、前記ドラム1の内周面2と同軸で、この内周面2に回転可能に保持され、外面に複数条のネジ形螺旋突起4を有する円柱形状の回転体7とからなり、前記...

    流体圧モータ

その他の機関の詳細カテゴリ一覧

その他の機関の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

その他の機関 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

その他の機関』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。