揺動ピストン機関 に関する技術一覧

「揺動ピストン機関」に関する技術の関連情報です。 「揺動ピストン機関」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「揺動ピストン機関」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜24件を表示(24件中)1/1ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、割り当てられた油圧および流れによって回旋されることができる配列に部分的に、および軸受配列(10)に部分的に関し、この軸受配列は、材木の横引き(103)などのための収穫ユニット(100)によって担持されるチェーンソー配列(101:1)に関し、この軸受配列(10)は、チェーンソーのために配列され、およびチェーンソーおよびチェーンソーの駆動モータ...

    特にチェーンソーにおける往復運動を達成するための配列

  2. 【課題】昇圧ポンプを用いることなく、外部動力を必要とせずに流路弁を切換えて低圧原水を所望の圧力まで昇圧する動力回収装置及び淡水生産プラントを提供する。【解決手段】実施の形態によれば、一端部近傍の所定位置に複数の流路口が形成された円筒筐体11と、この円筒筐体内に形成された2つの隔壁によって回転可能に狭持され、かつ、該円筒筐体に液密に格納されたシーソー板14と、複数の開口...

    動力回収装置及びその装置を用いた淡水生産プラント

  3. 【課題】揺動ベーン型ポンプ・アクチュエータを25MPaの高圧力で使用可能とすべく、大動力揺動ポンプとして長期実証テストを行ったところ、剛性が高い方向と低い方向が互いに逆方向である受圧部品同士の高強度結合面でフレッティングコロージョンによる凝着摩耗現象が発生した。高効率振り子式波力発電システムの早期実用化を目指す上からも異常摩耗現象解消の課題を早急に解決すること。【解決...

    フレッティングコロージョン対応揺動ベーン型ポンプ・アクチュエータ

  4. 【課題】大トルクを効率的に発生させる回転トルク発生装置を提供する。【解決手段】出力シャフト2と、この出力シャフト2上に直列に配置される第1,第2の回転機3a,3bとを有し、第1,第2の回転機3a,3bは、それぞれ、羽受シャフト4a,4bと、この羽受シャフト4a,4bに突設される回動羽9a,9bと、この回動羽9a,9b及び前記羽受シャフト4a,4bを収容するケーシング7...

    回転トルク発生装置

  5. 【課題】スペース効率をより一層向上してエンジンのコンパクト化に寄与することのできるストローク特性可変エンジンを提供する。【解決手段】ピストン8とクランクシャフト6との間の連動状態を変化させるべく、エンジン本体(クランクケース2)に支持されたコントロールシャフト11と、ピストンとクランクシャフトとコントロールシャフトとを連動連結する連結機構(アッパリンク9、ロアリンク1...

    ストローク特性可変エンジン

  6. 【課題】 ピストンの移動ストロークを可変とするとストローク特性可変エンジンにおいて、その可変量を自由の設定できるようにした。【解決手段】 ベーン式油圧アクチュエータACと、ストローク可変リンク機構LVを作動するコントロール軸65との間に遊星ギヤ機構PLを連結して、アクチュエータACによりコントロール軸65を変速駆動する。

    ストローク特性可変エンジン

  7. 【課題】 ピストンとクランク軸とを、ストローク可変リンク機構を介してコントロール軸に連結し、コントロール軸に設けられるベーン式油圧アクチュエータにより、そのコントロール軸を駆動しストローク可変リンク機構を作動して、ピストンの移動ストロークを可変とするストローク特性可変エンジンにおいて、前記アクチュエータのベーンと、ハウジング間のクリアランスを可及的に小さく設定するこ...

    ストローク特性可変エンジンにおけるベーン式油圧アクチュエータの取付構造

  8. 【課題】 ピストンとクランク軸とを、ストローク可変リンク機構を介してコントロール軸に連結し、コントロール軸に設けられるベーン式油圧アクチュエータにより、そのコントロール軸を駆動しストローク可変リンク機構を作動して、ピストンの移動ストロークを可変とするストローク特性可変エンジンにおいて、前記アクチュエータのハウジングの高さを短縮して、エンジンの高さ方向の大型化を抑制す...

    ストローク特性可変エンジンにおけるベーン式油圧アクチュエータの取付構造

  9. 【課題】 ピストンとクランク軸とを、ストローク可変リンク機構を介してコントロール軸に連結し、コントロール軸に設けられるベーン式油圧アクチュエータにより、そのコントロール軸を駆動しストローク可変リンク機構を作動して、ピストンの移動ストロークを可変とするストローク特性可変エンジンにおいて、そのエンジンのクランク軸と直交する方向の横幅の大型化を抑制する。【解決手段】 ベ...

    ストローク特性可変エンジンにおけるベーン式油圧アクチュエータの取付構造

  10. 【課題】 ピストンとクランク軸とに、ストローク可変リンク機構を介して連結されるコントロール軸に設けたベーン式油圧アクチュエータで、コントロール軸を駆動しストローク可変リンク機構を作動して、ピストンの移動ストロークを可変とするストローク特性可変エンジンにおいて、コントロール軸に発生する最大荷重を、ハウジングの軸受部とベーン軸間で受け、ベーンがハウジングに干渉することが...

    ストローク特性可変エンジン

  11. 【課題・解決手段】ステータの内側の周面の表面品質を改善しかつ製作手間を減少させるために、ステータを、ステータハウジング5とステータ羽根13とによって2つの部分から形成し、このステータ羽根13をステータハウジング5内に相対回動不能に挿入することが提案される。方法側では、シール面として適切な内側の周面を備えた慣用の管を使用し、長手方向に延びる接合手段を加工することが提案さ...

    ラジアル旋回モータおよび該ラジアル旋回モータを製作するための方法

  12. 【課題・解決手段】旋回モータは、特に運転温度範囲が広範な場合に、内部に対する大きなシール問題を有している。従って、−40〜+130℃の温度範囲に亘ってシール製を改善するために、シール装置19を提案する。このシール装置19は、1つの内側の柔軟なシール部材20と、複数の外側の剛性のシール部材21,22,23,24とから成っており、この場合、これらの柔軟なシール部材20と剛...

    ラジアル旋回モータのためのシール装置

  13. 【課題】 従来のスクロール圧縮機はラップ高さを高くするとタンジェンシャルホースの作用する高さが高くなり転覆モーメントがより大きくなり、ベアリングへの負荷が増大し寿命が短くなる欠点があり、吐出空気量の増加をはかることには限界があった。【解決手段】 図1のごとく、固定スクロール1と旋回スクロール2を軸と垂直に引き離そうとするタンジェンシャルホースは、旋回スクロール2を...

    スクロール流体機械

  14. 【課題・解決手段】両端をふさいだ筒状の枠(1)の中にそれより小さい筒状の枠(2)を入れ、中の筒状の枠(2)を外側の筒状の枠(1)に対し、シャフト(4)または筒状の枠の両端(8)で偏芯状態で回動自在に支え、外側の筒状の枠(1)と内側の筒状の枠(2)にかけて1つまたは複数のベーン(3)を設け、そのベーン(3)を、特に1つの場合は外側の筒状の枠(1)や両端側(8)と一体化さ...

    容積可変装置

  15. 【課題・解決手段】シリンダ(1)と、軸受に取り付けられかつ偏心配置の軸(11)を備えた本質的に円筒形のピストン(5)と、入口ポート又は弁(8)と、出口ポート又は弁(9)と、軸受によって軸(6)に取り付けられ前記ピストン(5)と本質的に密に接触するようになっているレバー装置(7)とを備えるエンジンのような機械。前記シリンダ(1)は前記ロータリーピストン(5)用の本質的に...

    レバー機構式モータ又はポンプ

  16. 【課題・解決手段】回転揺動式ピストン(2,3)を備えたモータ機関、エキスパンダー、コンプレッサー、または、液圧装置であって、回転軸と端面部をもつシリンダー(4、5)で構成されており、揺動圧縮容積(24、25)と揺動膨張容積(26、27)を形成する。前記の揺動圧縮容積(24、25)と揺動膨張容積(26、27)は、軸シール部(15)によって分割されており、ピストンの端面は...

    回転揺動式ピストンを利用した装置

  17. 【課題】円筒シリンダの圧力室に高圧が作用している場合においても、回転軸のラジアル方向への変形がないベーン形揺動アクチエータ及びベーン形揺動アクチエータにおける回転軸変形防止方法を提供する。【解決手段】円筒状シリンダ1内に回転軸2にベーン5が固定されたロータが嵌挿され、圧力流体によりロータが回転され、ベーン5がシリンダ内壁に固定されたストッパ6に当接することにより回転軸...

    ベーン形揺動アクチエータ

  18. 【課題】揺動型液圧機器のロータシャフトとベーンとかなるベーン組立体を簡単な構成により寸法精度および組立精度よく、かつ、常に円滑な作動を確保して揺動型液圧機器としての性能をより高める。【解決手段】ケーシング側の扇形状の作動油室をロータシャフトに設けたベーンにより、これらケーシングとロータシャフトの相対的な揺動変位に伴い交互に拡張と収縮を繰り返す一対の作動油室に区画した揺...

    揺動型液圧機器のベーン組立体

  19. 【課題】作動油の漏れをなくし、出力軸を任意の回転角度で停止させることができ、且つ小型化・軽量化を図った油圧揺動モータを提供する。【解決手段】ハウジング21内部に、少なくとも一端が閉塞された円弧状の空間部21fが形成され、該空間部と同心となるように出力軸25が回動可能に設けられ、空間部に液密に取り付けられ、上記空間部に導入される流体の流体圧によって上記空間部を移動する円...

    油圧揺動モータ

  20. 【課題】スタビライザー部分への旋回モータの結合を容易にするための軸方向スペースの確保をすることおよびかかる旋回モータを経済的に有利な形で提供する。【解決手段】端部側で2つのカバーにより閉鎖されかつ作業室を形成するシリンダ(9)と、該シリンダの内径に軸方向に延びる複数のリブ(11)と、シリンダのリブと同じ軸方向延びを有する複数のベーン(31)を備えたモータ軸(25)とか...

    旋回モータ

  21. 【目的】今まで石油製品を使ってエネルギーの元としていたが、石油は買うのに金はかかるし使うと臭いし、廃棄ガスとして窒素酸化物をだしていた、その結果、雨は酸性雨を降らしていた、大気圏ではフロンガスと同じくオゾン層を破懐していたこのままだと地球環境は駄目になってしまうので、油圧発電動機を提供する。【構成】バッテリーを謡動ポンプ(1)に(油圧ポンプと称す)つなぎ、連結してある...

    油圧発電動機

  22. 【目的】油圧モーターを除いた他のアクチュエータのリターンオイルに対しては全然影響を及ぼさなく円滑にリターンされるようにして、不必要な圧力損失を防止し得る油圧モーターのキャビテーション防止装置を提供することである。【構成】油圧モーター1を含んだ複数のアクチュエータが単一ポンプPにより作動される重装備の油圧システムにおいて、前記油圧モーター1のオイルリターン時にはリターン...

    油圧モーターのキャビテーション防止装置

  23. 【課題・解決手段】[目的] ヒートパイプに作動機関とポンプと発電器を一体化して備えて、小型なヒートパイプ発電を容易にする。[構成] ローター1とシリンダー2と回転軸3の三軸を回転することにより滑り摩擦を最少にさせる三軸回転手段と、ローターの外部側及び内部側の回転軸心との距離差からのテコ作用で可動翼4A,4B,5A,5Bが媒体を循環させる可動翼循環手段と、シリンダー...

    ヒートパイプの媒体循環装置

  24. 【目的】金属ゼンマイばねの弱点を取り除き、これに代わるものとして油圧式渦巻ばね機構を提供する。【構成】油圧ポンプ(3)は油圧モーターにもなり逆回転力を発揮できる形式のものを用いる。この油圧ポンプ(3)に蓄圧機(4)〜(7)を直結する。蓄圧器(4)〜(7)は油圧ポンプ(3)から吐出される油により圧力は次第に増加して、反発逆転力を増やす構造である。蓄圧器(4)〜(7)の圧...

    油圧式渦巻ばね機構

    揺動ピストン機関の詳細カテゴリ一覧

    揺動ピストン機関の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    揺動ピストン機関 ページ上部に戻る

    公開年

    周辺技術分野

    整理標準化データをもとに当社作成

    分野番号表示ON

    その他の分野

    揺動ピストン機関』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。