液体により駆動される容積形機関 に関する技術一覧

「液体により駆動される容積形機関」に関する技術の関連情報です。 「液体により駆動される容積形機関」 の関連技術、「往復ピストン液体機関」「回転ピストン機関」 など、その他「液体により駆動される容積形機関」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「液体により駆動される容積形機関」の分野ページはこちら

液体により駆動される容積形機関に所属する技術動向

液体により駆動される容積形機関の分野に属する技術の状況としては、2017年に45件、2018年に34件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、液体により駆動される容積形機関の分野においては特に近年その他の機関の分野における動向が活発であり、他にも揺動ピストン機関や 回転ピストン機関といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱重工業株式会社やカヤバ工業株式会社、アルテミスインテリジェントパワーリミティドが豊富な実績を残しており、 アルテミスインテリジェントパワーリミティドなどは、 液体用容積形機械,ポンプや液体により駆動される容積形機関といった分野も含め、 三菱重工業株式会社やダンフォスパワーソリューションズゲーエムベーハーウントコンパニオーハーゲーといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

液体により駆動される容積形機関』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】潤滑性が乏しく腐食性のある作動流体を用いるに好適な液圧ピストンポンプ・モー夕摺動部の表面処理構造を提供する。【解決手段】ピストン1(およびまたは、シュー2)の材質を耐腐食性のステンレス鋼またはステンレス合金とし、シリンダ内面との摺動部10aとピストン球部1aの摺動面10bにDLC(Diamond Like Carbon)薄膜11(シュー2では斜板3との摺動...

    液圧ピストンポンプ・モータ摺動部の表面処理構造

  2. 【課題】戻り圧油を入力する油圧モータの容量を制御し、安定した作業機の操作性を得る。【解決手段】コントローラ25には、操作レバー24の変位量Xと仮想の絞りの開口面積Aとの関係式A=f(X)が予め記憶される。操作レバー24の変位量Xに基づいて開口面積Aが演算され、この開口面積Aと、油圧モータ30に入力される戻り圧油の圧力PAと、絞りの一般公式Q=C・A(√P)に基づいて、...

    圧油エネルギー回収装置

  3. 【課題】高面圧・低速摺動、高速・高温摺動および高面圧・高速摺動下においても良好な耐焼付き性、耐摩耗性を示す溶射皮膜摺動材料、摺動部材および摺動部品並びにそれが適用される装置を提供する。【解決手段】例えば、アーム5とバケット6とを作業機連結ピン26で連結するバケット連結装置9Bにおいて、前記作業機連結ピン26を、軸機能を有する鋼製の基材27と、この基材27に成膜される溶...

    溶射皮膜摺動材料、摺動部材および摺動部品並びにそれが適用される装置

  4. 【課題】シリンダとピストンとの摺動面のかじり、焼き付きを確実に防止するとともに、作動流体の漏出が起こり難く運転効率の良好な斜板式流体ポンプ・モータを提供する。【解決手段】傾斜角を調整可能に形成された斜板14と、該斜板14と回転軸心廻りに回転可能なシリンダ3内に嵌合されて該シリンダ3と相対的に往復動するピストン6とを具えた斜板式流体ポンプ・モータにおいて、前記ピストン本...

    斜板式流体ポンプ・モータ

  5. 【課題】 本発明は圧力水を無駄なく発電エネルギとして活用することを課題とする。【解決手段】 水圧発電システム10は、発電機16を駆動する駆動装置18を有する。駆動装置18は、圧力水供給管路12から供給される圧力水の圧力により駆動される複数のピストン・シリンダ機構24A〜24Dと、各ピストン・シリンダ機構24A〜24Dの駆動力を発電機16に伝達する伝達機構26と、ピ...

    水圧発電システム

新着の技術

液体により駆動される容積形機関』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 油圧装置

    【課題・解決手段】油圧装置(1)は、ハウジング(27)、第1の回転軸(4)の周りを回転可能にハウジング(27)内に取り付けられ、第1の回転軸(4)に垂直に伸びるフランジ(8)を有するシャフト(2)、第1の回転軸(4)周りに等角度間隔でフランジ(8)に固定された複数のピストン(9)、及びスリーブ・ボトム(12)とスリーブ・ジャケット(13)をそれぞれ含み、容量が変化する...

    油圧装置

  2. 【課題・解決手段】油圧装置(1)は、ハウジング(26)と、第1の回転軸(4)の周りを回転可能にハウジング(26)内に取り付けられたシャフト(2)とを備える。シャフト(2)は、第1の軸(4)に垂直に伸びるフランジ(9)を有する。油圧装置(1)は、第1の回転軸(4)周りに等角度間隔でフランジ(9)に固定された複数のピストン(10a)と、ピストン(10a)と協働して容量が変...

    油圧装置、油圧装置の製造方法、及び一群の油圧装置

  3. 技術 油圧装置

    【課題・解決手段】油圧装置(1)は、ハウジング(27)と、第1の回転軸(4)の周りを回転可能にハウジング(27)内に取り付けられ、第1の軸に垂直に伸びるフランジ(8)を有するシャフト(2)と、第1の回転軸(4)周りに等角度間隔でフランジ(8)に固定された複数のピストン(9)と、容量が変化する圧縮チャンバ(11)をピストン(9)と共にそれぞれ形成する複数の円筒形スリーブ...

    油圧装置

  4. 【課題】シリンダブロックの摺動性を確保し、作動液の漏れを防止する液圧回転機を提供する。【解決手段】ピストンポンプ100は、シリンダ2b内に摺動可能に挿入されシリンダ2bの内部に容積室8を区画するピストン7と、ケース3とシリンダブロック2の他端面2dとの間に介在するスラストプレート30と、を備え、スラストプレート30は、シリンダブロック2をバルブプレート20に向けて付勢...

    液圧回転機

  5. 【課題】シリンダブロックの摺動性を確保し、作動液の漏れを防止する液圧回転機を提供する。【解決手段】ピストンポンプ100は、シャフト1に対して放射状にシリンダブロック2に形成される複数のメインシリンダ2bと、メインシリンダ2b内に摺動可能に挿入されメインシリンダ2bの内部に容積室8を区画するピストン7と、ケース3とシリンダブロック2の一端面2cとの間に介在するバルブプレ...

    液圧回転機

液体により駆動される容積形機関 ページ上部に戻る