無翼回転体,例.のこ歯状のもの,摩擦を利用しているもの,に特徴のある機械または機関 に関する技術一覧

「無翼回転体,例.のこ歯状のもの,摩擦を利用しているもの,に特徴のある機械または機関」に関する技術の関連情報です。 「無翼回転体,例.のこ歯状のもの,摩擦を利用しているもの,に特徴のある機械または機関」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「無翼回転体,例.のこ歯状のもの,摩擦を利用しているもの,に特徴のある機械または機関」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜8件を表示(8件中)1/1ページ目

  1. 【課題】 本発明は、ブレードに当たる流体を、回転直径内の回転後方向へ通過させて、回転効率を高めた横軸ロータを提供することを目的としている。【解決手段】 ハブの周面に形成する揚力型ブレードの翼端を上向きとした正面において、長さの中間から翼根の方を基部とし、中間から翼端へかけて回転後方向へ大きく屈曲させて横向傾斜部とした。。

    横軸ロータ

  2. 【課題】この発明は構造が簡単でコンパクトであり、且つ、低振動で高速回転を可能する、流体圧モーターにおける高速回転装置及びその高速回転方法を開発・提供する。【解決手段】両端外周部に軸受をそれぞれ軸着して回転自在に設けた出力軸と、該出力軸の中央部に位置し、出力軸と一体、且つ、内部に給水口と連通させた給水孔を設け、且つ、回転ローターの回転軸に対して、略円周上に、高圧水を噴射...

    流体圧モーターにおける高速回転装置及びその高速回転方法

  3. 【課題】 流体を利用して行う回転翼方式の発電における規模の拡大は、回転翼の回転半径増に伴う回転翼の構造応力増と回転翼の支持構造の大規模化が制約となる。【解決手段】 回転翼を用いずに、固定部に繋がれた内空状の回転体の流入口から流体を流入させて当該回転体の内部に作用する流体力により当該回転体を流体中に浮かばせながら、流体が当該回転体の流出口から流出する時の推力を利用し...

    流体を利用した回転装置

  4. 技術 駆動装置

    【課題】出力密度が高く、液体駆動モータの出力特性を改善可能な駆動装置を提供する。【解決手段】駆動装置20は、出力源に伝動軸を有する3個の液体駆動モータ1と、伝動軸の各々からの出力を一つの出力軸22に合成する出力合成機構29とを備えている。液体駆動モータ1は、数キロボルトの直流電圧が印加されると、電界共役流体に水流を生起させ、この水流によってロータを回転運動させて、該回...

    駆動装置

  5. 【課題・解決手段】高効率タービンに関する該タービンシステムは作動流体として芳香族炭化水素を用いるタービンを備える。タービンは蒸気の状態の流体を、流体が凝縮してそのエネルギーを失うロータ内部の境界層に対して排出する。ロータの外側は、固定シールと回転シールとにより吸込み空洞と排出空洞すなわち圧力空洞とに分割される室を画設するよう形成される。開口は境界層をポンプ室へ接続し、...

    高効率タービン

  6. 【課題・解決手段】流体マシン流入口(2)および少なくとも一組の排出ノズル(3)を備えた流体貯槽(1)から成る流体マシンで、排出ノズル(3)の流出面に排出ノズル(3)の内壁に沿って自由に回転出来る様に、回転体状の少なくとも一組の回転ローター(5)を保持機構(4)で装備した流体マシン。

    流体マシン

  7. 【目的】水車の回転時の密着抵抗を小さくし、上下方向に力が加わることを防いで、水車の回転効率を向上させることのできる水圧回転装置の提供を目的とする。【構成】水車室S内に軸7を中心として回転可能に配設された水車8を、水圧で回し減速機を介し回転軸を回転させる構造の水圧回転装置において、水車8または水車室Sの内壁に、軸7側を包囲する形状の凸部4a,10aを設けて構成する。

    水圧回転装置

  8. 【課題】従来、複合発電(コンバイン発電)装置は、ディーゼル発電機、ガスエンジン発電機やガスタービン発電機などから排出される排気ガスを廃熱ボイラー等により熱回収し、その蒸気を利用してラジアルタービンやスクリュータービンを用いて2次発電するものはあるが、回収された熱エネルギーを2次利用しないで大気放出して捨てている設備や施設は多く有り、また利用するにしてもエネルギーの小な...

    非容積型タービン

    無翼回転体,例.のこ歯状のもの,摩擦を利用しているもの,に特徴のある機械または機関の詳細カテゴリ一覧

    無翼回転体,例.のこ歯状のもの,摩擦を利用しているもの,に特徴のある機械または機関の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    無翼回転体,例.のこ歯状のもの,摩擦を利用しているもの,に特徴のある機械または機関 ページ上部に戻る

    公開年

    周辺技術分野

    整理標準化データをもとに当社作成

    分野番号表示ON