液体用機械または機関 に関する技術一覧

「液体用機械または機関」に関する技術の関連情報です。 「液体用機械または機関」 の関連技術、「特殊形式の非容積形の機械または機関,例.水タービン」「グループ1/00から9/00に分類されない部品または細部」 など、その他「液体用機械または機関」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「液体用機械または機関」の分野ページはこちら

液体用機械または機関に所属する技術動向

液体用機械または機関の分野に属する技術の状況としては、2017年に219件、2018年に177件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、液体用機械または機関の分野においては特に近年無翼回転体,例.のこ歯状のもの,摩擦を利用しているもの,に特徴のある機械または機関の分野における動向が活発であり、他にも無限鎖帯形機械または機関や 水車といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社東芝や三菱重工業株式会社、中国電力株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 電気的デジタルデータ処理や画像通信,例.テレビジョンといった分野も含め、 東芝エネルギーシステムズ株式会社や東芝プラントシステム株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

液体用機械または機関』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 径方向、軸方向が小さくなる軸流式の水車からなる発電手段を配設させることで、小型化を可能とした発電装置およびその発電装置付自動水栓装置を実現する。【解決手段】 給水源から吐水口にかけての水路6に設けられ、この水路6の流水により水車31を回転させて発電する発電手段30を備える発電装置において、発電手段30は、水車31と、水車31に固設された永久磁石34と、こ...

    発電装置およびその発電装置付自動水栓装置

  2. 【課題】重量アップを伴わずしかも簡単な構造で、流体の力を羽根で効率良く受けて発電効率の高い回転型発電装置を提供する。【解決手段】流体の力を受ける羽根1を複数枚有し、流体が流れる方向10と交差する第1の回転軸12aを中心に回転する回転体2と、この回転体と連結され、回転体の回転で発電する発電機5とを備えた回転型発電装置であって、上記各羽根の少なくとも一部は、第1の回転軸と...

    回転型発電装置

  3. 【課題】流路内に配設され回転軸が流路の延在方向へ差し向けられた羽根車と、前記流路内に配設され前記羽根車により回転駆動されるマグネットと、前記流路外に配設されたコイルとを備えることを特徴とする屋内設備用発電ユニットであって、従来技術よりも発電効率の高い屋内設備用発電ユニットを提供する。【解決手段】流路内に配設され回転軸が流路の延在方向へ差し向けられた羽根車と、前記流路内...

    屋内設備用発電ユニット

  4. 【課題】水栓等の水機器に電気部品を取り付けるに際して、外部電源との接続のための面倒な電気配線工事をしなくても良く、また電源としての電池を搭載しなくても電気部品を働かせられるようにする。【解決手段】水流を通す管状の配管継手11内部に水流にて発電する発電機ユニット28を組み込んで発電機付の配管継手ユニット10となし、この配管継手ユニット10を介して配管12A,12Bを接続...

    発電機付配管継手ユニット

  5. 【課題】 水力発電設備で大規模なダム装置等を設置する事無く小規模で何処にも設置可能な水力発電設備を提供することを可能にする設備を提供すること。【解決手段】 閉循環ループの中にポンプと羽根車を設置し水を循環させる事で羽根車回転により発電機を回転させ電力を発生し発生電力でポンプを運転し余電力を他設備電力として使用可能とする水力発電設備。

    動力源、水循環式及び空気混合揚水力増機能付水力発電装置

新着の技術

液体用機械または機関』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 水中機器

    【課題】電力消費を抑制しながら深度の制御を行うことを可能とする。【解決手段】水中機器1は、係留索2と、係留索2により係留されて水流中を浮遊する本体部10と、本体部10と係留索2との角度Aを検出する係留索角度検出部21と、係留索角度検出部21により検出された本体部10と係留索2との角度Aに基づいて、本体部10の姿勢を制御する姿勢制御部としての姿勢調整部22および制御部2...

    水中機器

  2. 【課題】非常時において浮体が浮上するタイミングを制御することが可能な水流発電装置を提要すること。【解決手段】水流発電装置1は、係留索7に接続されて水中で浮遊可能な浮体2と、浮体2に設けられた発電用タービン5と、浮体2に搭載され発電用タービン5の回転駆動力によって発電する発電機9と、浮体2の姿勢を調整する姿勢調整装置25と、通常運転時に水流に対して浮体2の前部2aを浮体...

    水流発電装置及び水流発電装置の浮体の浮上方法

  3. 【課題】人力等により水力発電装置を水路から容易に引き上げ可能にすると共に、計画した場所に容易に且つ確実に設置することができる水力発電装置を提供する。【解決手段】この水力発電装置は、水路に渡って架設された架設フレーム5と、架設フレーム5の水路幅方向に並ぶ複数の水力発電モジュール3,3とを備える。各水力発電モジュール3が水力を回転力に変換する翼車2および翼車2の回転により...

    水力発電装置

  4. 【課題】 河川の水流から効果的に発電する水力発電機を提供する。【解決手段】 水平面に対し垂直に立設するブレード回転面を有するタービンにおいて、ブレードの回転方向は流れの上流側にブレードが下降する向きとし、ブレード回転面(7)が、水流の向き(5)に対し左右いずれかへ傾斜角(P)が概ね30度以上概ね60度以内となるよう傾け、ブレード面がブレード回転面(7)に対し傾斜角...

    水流を利用する水力発電機

  5. 【課題・解決手段】ロータ(3)を含むタービンユニット(13)を備える、導管のためのタービン(1)であって、タービンユニット(13)のための速度制限デバイスを備え、前述の速度制限デバイスが、タービンユニット(13)のロータ(3)の回転速度を制限するために、ロータ(3)を通って流れる流体の流量を制限するようにタービンユニット(13)に接続された少なくとも一つの可撓性要素(...

    導管のための速度が制限されたタービン

液体用機械または機関 ページ上部に戻る