液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの に関する技術一覧

「液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの」に関する技術の関連情報です。 「液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの」 の関連技術、「液体用機械または機関」「液体により駆動される容積形機関」 など、その他「液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの」の分野ページはこちら

液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するものに所属する技術動向

液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するものの分野に属する技術の状況としては、2017年に721件、2018年に493件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するものの分野においては特に近年反動推進力を産み出すもので,他類に属しないものの分野における動向が活発であり、他にも液体により駆動される容積形機関や ばね,重力,慣性または同様な原動機,機械的動力を生み出す装置または機構であって,他類に属しないものまたは他類に属しないエネルギ源を用いるものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱重工業株式会社や株式会社東芝、ルネサスエレクトロニクス株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 計算,計数や基本的電気素子といった分野も含め、 東芝エネルギーシステムズ株式会社や東芝プラントシステム株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 径方向、軸方向が小さくなる軸流式の水車からなる発電手段を配設させることで、小型化を可能とした発電装置およびその発電装置付自動水栓装置を実現する。【解決手段】 給水源から吐水口にかけての水路6に設けられ、この水路6の流水により水車31を回転させて発電する発電手段30を備える発電装置において、発電手段30は、水車31と、水車31に固設された永久磁石34と、こ...

    発電装置およびその発電装置付自動水栓装置

  2. 【課題】設備に供給するための電力を駐車設備内で生産して商用電力の消費を極力抑えることが可能な省エネ型の機械式駐車設備を提供すること。【解決手段】地上に立設された駐車塔4と、駐車塔4内に配設された車両搬送用の駆動装置9と、その風車が駐車塔の外部に露出するように配設された風力発電装置13と、駐車設備内で得られた電力を蓄える蓄電装置17と、駐車塔4内の空気を吸引して駐車塔4...

    機械式駐車設備

  3. 【課題】小形で駆動範囲の大きい形状記憶合金アクチュエータを提供する。【解決手段】可動部51と固定部52は弾性部材53で接続されている。弾性部材53は可動部51の主な運動方向を可動方向59に規制するように、平行に配置された板ばね構成としている。形状記憶合金54を可動部51と固定部56の間に張り、形状記憶合金54を通電加熱により収縮させ、可動部を駆動する。

    アクチュエータ装置

  4. 【課題】風の向きや強さが変化する前にこれを予測して、風の向きや強さが変化すると同時に、姿勢やプロペラ角度を最適化させ、これによって発電効率を常時、最大に維持させる。【解決手段】各風力発電装置2によって、風向、風力、温度、湿度、発電量などを測定して、各風力発電装置2間で、これらの測定結果を相互にやり取りしながら、各風力発電装置2自身の判断で、自風力発電装置2が配置されて...

    風力発電システム

  5. 【課題】作動流体エネルギーを駆動源とする流体発電装置において、流速及び回転数の変動への対処を可能とし、また、作動流体の各流速における最大出力を得て、発電量の増大を図る。【解決手段】実測の周速比と基準の周速比とを比較し、実測の周速比が基準の周速比よりも小さいときは、発電機を無負荷として翼回転軸の回転数を基準の周速比が持つ回転数へ回復させるように構成する。また、流速と回転...

    流体発電装置

新着の技術

液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】ブレードが特に浸食損傷に曝される領域の中および周辺に後付けされたコーティングを施した風力タービンブレードであって、接着剤層、繊維強化ポリマー層、および繊維強化層上の1枚以上の非強化ポリマー層を含むコーティングによって確立され、ポリマー層自体が、繊維強化層の上で延在し、浸食損傷にあまり曝されない風力タービンブレードの表面の領域を含む。そのような風力ター...

    風力タービンブレード上に耐浸食性表面部を形成する方法、耐浸食性コーティングを形成する方法、ブレードが浸食損傷に特に暴露される領域内およびその周りに改装コーティングを施した風力タービンブレード、風力タービンブレード前縁に取り付けるためのコーティング

  2. 【課題】カメラモジュールの低背化を実現するための極薄型で組み立てが簡単な手振れ補正も可能なオートフォーカス駆動機構を提供する。【解決手段】本発明において基板1から解放されて上向きに反りあがった形状記憶合金薄膜アクチュエータ2のアレイ(面状に配列配置された複数のアクチュエータ)を備えたアクチュエータアレイ基板7に対向してばね材10によるバイアス力を加えることにより、レン...

    形状記憶合金薄膜アクチュエータアレイによるオートフォーカス駆動機構

  3. 【課題】灯台の閃光電源は、殆どがコストが割高な商用電源を使用しているのが現状である。省エネを目的として灯台の閃光電源にフリーコストである風力エネルギーを利用する垂直軸風車発電機と灯台の灯室を一体型にした灯台の開発を課題とする。【解決手段】フライホイールが風車と一体化されることによってエネルギーが一旦、同ホイールに貯蔵され発電機14の要求トルクに応じて同ホイールより発電...

    フライホイール一体型垂直軸風車発電機と灯台の灯室を一体型にした省エネ型灯台

  4. 【課題】揚力型の水平軸型風車に比べ、抗力型の垂直軸型風車は効率が低いという課題を、揚力型の垂直羽根と抗力型の水平回転翼を一体化し、正帰還の手段によって相互に回転を助長して出力効率の増加を図る事が可能となる。【解決の手段】本発明は、近寄り風速により回転する垂直羽根と外側羽根車を合体し、前記外側羽根車の回転を増速部で増速する、前記増速した出力を、フライホイル盤に載設した偏...

    フィードバック型風車

  5. 技術 流体機械

    【課題】閉じ込み現象が起きても閉じ込められた流体の圧縮や減圧を抑えることができる高効率な流体機械を提供する。【解決手段】流体機械において、第1ピッチ円Cp1と第2ピッチ円Cp2が外接し、第1ロータ基礎円111aと第2ロータ基礎円121aが外接し、凸部112の断面形状が、各々が沿トロコイド曲線である一対の線112aと、2つの端点122aそれぞれが描くトロコイド曲線122...

    流体機械

液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するものの詳細カテゴリ一覧

液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するものの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

液体用機械または機関,風力原動機,ばね原動機,重力原動機,他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの ページ上部に戻る