燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助 に関する技術一覧

「燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助」に関する技術の関連情報です。 「燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助」 の関連技術、「人力操作始動装置」「電動機による機関の始動」 など、その他「燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助」の分野ページはこちら

燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助に所属する技術動向

燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助の分野に属する技術の状況としては、2017年に209件、2018年に177件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助の分野においては特に近年爆薬,例.薬包に蓄えられたもの,を使用する機関の始動または始動装置の駆動の分野における動向が活発であり、他にも人力操作始動装置や 流体駆動補助機関または装置を有する始動装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社デンソーやトヨタ自動車株式会社、三菱電機株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品や化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池といった分野も含め、 株式会社デンソーやアイシン・エィ・ダブリュ株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】スタータを用いることなく、自己始動の可能なエンジン始動装置を提供することにある。【解決手段】コントロールユニット30は、膨張行程にある気筒を検出して、燃料を噴射・点火してエンジンを再始動させる。バルブタイミング位相可変機構44は、圧縮行程にある気筒の吸気弁の開閉タイミングを制御する。コントロールユニット30は、膨張行程にある気筒の燃料噴射・点火時に、圧縮行程に...

    エンジン始動装置

  2. 【課題】 自動停止要求発生直後のエンジン回転降下期間中に再始動要求が発生したときに、エンジン回転の停止を待たずにピニオンをリングギアに噛み込ませてクランキングを開始することができるようにする。【解決手段】 自動停止要求が発生してからエンジン回転が停止するまでのエンジン回転降下期間中に再始動要求が発生したときには、スタータ11の分巻コイル17への通電を開始してピニオ...

    エンジン自動停止再始動装置

  3. 【課題】走行中エンジン再始動のレスポンスを向上させ、減速ショックを低減する。【解決手段】車両用ハイブリッド駆動装置は、エンジン1、モータジェネレータ2、クラッチ3、伝動装置4及びそれらの制御装置5を備える。制御装置5は、モータジェネレータ走行からエンジン走行に移る際に、エンジン始動時のクランキング特性を一定にして始動レスポンスを向上させるべく、予めモータジェネレータ2...

    車両用ハイブリッド駆動装置

  4. 【課題】モータ単独での走行中であっても、車速域に関わらずスムーズなエンジンの始動を可能とするハイブリッド車両を提供する。【解決手段】ハイブリッド車両は、その駆動源にエンジン2及びモータ4を備えており、エンジン2はモータ4の出力軸6にエンジンクラッチ10を介して接続されている。また、ハイブリッド車両はその駆動系に発進クラッチ16を有しており、この発進クラッチ16により、...

    ハイブリッド車両

  5. 【課題】通常のクランキングなしで筒内噴射型内燃機関の始動を確実なものとする。【解決手段】始動装置は、エンジン1の停止時にクランク角センサ10およびカム角センサ12からの信号に基づき膨張行程にある気筒を検出し、その気筒内に燃料噴射弁4から所定の燃料を噴射する。エンジン1を始動させるときは、点火栓6に対して点火を指令して膨張気筒に燃焼を生起させ、その燃焼圧だけで始動を行う...

    筒内噴射型内燃機関の始動装置

新着の技術

燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】スタータによる車両の走行を可能としながら、ドライバの意図に反した車両の急発進を防止する。【解決手段】スタータ制御装置1は、車両10が車輪への動力を遮断された動力遮断状態であるときのみスタータ2の始動を許容するものであって、変速機の変速段がニュートラル以外であって且つクラッチペダルが踏み込まれている場合に、車両10が移動準備状態であると判定する判定手段1Aと、判...

    スタータ制御装置

  2. 【課題】車両の見栄えを向上させることができるうえ、車幅を狭めることができる鞍乗型車両のエンジンユニットを提供する。【解決手段】エンジンE及び変速機MとエンジンEをキック始動するための始動軸20とを有するエンジンユニット本体18と、変速機Mの側方を覆う変速機カバー19と、一端部が始動軸20に連結されたキック操作レバー25と、を備えている。変速機カバー19の車外側面に、キ...

    鞍乗型車両のエンジンユニット

  3. 【課題】エンジンの燃焼停止後、エンジンの回転が停止するまでの回転降下期間において、電動機による出力トルクを抑えつつ、エンジンの始動を適切に行うことができるエンジン始動制御装置を提供すること。【解決手段】ECU(50)は、回転降下期間において、始動要求が生じた場合、エンジン出力軸の回転状態に基づいて、エンジンの気筒(12)内のピストン(13)が圧縮上死点を乗り越えられる...

    エンジン始動制御装置

  4. 【課題】 エンジン点火時の車両振動を抑制することができるエンジンの始動制御装置および始動制御方法を提供すること。【解決手段】本発明のハイブリッド車両のエンジンの始動制御装置および始動制御方法にあっては、始動用モータを備えるエンジンと駆動用モータとを断接可能な第1クラッチと、駆動用モータと駆動輪とを断接可能な第2クラッチと、を備えたハイブリッド車両のエンジンの始動装置...

    ハイブリッド車両のエンジンの始動制御装置および始動制御方法

  5. 技術 建設機械

    【課題】作業の開始を周囲に報知させることができる建設機械を提供する。【解決手段】上部旋回体4に搭載されたコントローラ25は、ホーンスイッチ14が操作されたか否を判定する警報操作判定部27と、警報装置20から警報音が発生されているか否かを判定する警報音発生判定部28と、警報操作判定部27によりホーンスイッチ14が操作されたと判定された場合、警報音発生判定部28により警報...

    建設機械

燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助の詳細カテゴリ一覧

燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助 ページ上部に戻る