熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの に関する技術一覧

「熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの」に関する技術の関連情報です。 「熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの」 の関連技術、「熱ガス容積型機関設備」「設備内の燃焼により生成される作動ガスによって特徴づけられた容積型機関設備」 など、その他「熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの」の分野ページはこちら

熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないものに所属する技術動向

熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないものの分野に属する技術の状況としては、2017年に134件、2018年に90件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないものの分野においては特に近年設備内の燃焼により生成される作動ガスによって特徴づけられた容積型機関設備の分野における動向が活発であり、他にも熱ガス容積型機関設備や 燃焼機関の廃熱を役立てるもので,他類に属しないものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては大阪瓦斯株式会社やトヨタ自動車株式会社、株式会社デンソーが豊富な実績を残しており、 大阪瓦斯株式会社などは、 管,管の継ぎ手または取り付け具,管,ケーブルまたは保護管類の支持,熱絶縁手段一般や体積,体積流量,質量流量,または液位の測定,体積による測定といった分野も含め、 東邦瓦斯株式会社や西部瓦斯株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】家庭用コージェネレーション装置を設置先となる家庭の電力負荷と熱負荷に効率よく対応するように運転させることができる家庭用コージェネレーションネットワークシステムを提供すること。【解決手段】家庭2設置された家庭用コージェネレーション装置3…を送電線6で接続してネットワーク化する。そして、ネットワーク化された家庭用コージェネレーション装置3…が設置された家庭2…の電...

    家庭用コージェネレーションネットワークシステム

  2. 【課題】互いに昇温特性と負荷−効率特性の異なる燃料電池と内燃機関とを組み合わせてシステム全体の効率を向上する。【解決手段】燃料電池50の始動時には、温度調節装置80の循環管路81内に水をエンジン30,改質器40,燃料電池50の順に流してエンジン30が発生する熱により改質器40や燃料電池50を加温すると共に、エンジン30の排ガスの熱により改質器40に供給するメタノール水...

    燃料電池と内燃機関のハイブリッドシステムおよびこれを備える自動車

  3. 【課題】効率的なエネルギー供給システムを提供する。【解決手段】電力を発生する手段1,熱移送媒体を外気温度以上に加熱する手段2,熱移送媒体を外気温度以下に冷却する手段3のうち少なくとも2つ以上の手段と、複数の顧客100,101,102に電力、外気温度以上の温熱,外気温度以下の冷熱のうち少なくとも2つ以上を供給する手段と、複数の顧客100,101,102への電力,温熱,冷...

    エネルギー供給システム

  4. 【課題】本発明は、省エネルギ性及び経済性を向上するように、コジェネレーション装置の最適な運転計画を行なう運転計画方法を合理的に実現することを目的とする。【解決手段】過去の施設の電力負荷実績及び熱負荷実績から、運転計画の計画対象時期における施設の予測電力負荷及び予測熱負荷を予測する工程100,101,102と、予測電力負荷に対してコジェネレーション装置の電主運転を行なっ...

    コジェネレーション装置の運転計画方法

  5. 【課題】発電効率を高くするとともに、放熱ロスを極力少なくする状態で熱電併給装置を運転し、省エネルギー性を向上する。【解決手段】熱電併給装置で発生した排熱を蓄熱タンクに貯めるとともに、熱電併給装置で発生した電力を電気ヒータで熱に変換し、不足分の電力は商用電源で賄うように構成し、予め特定されている1日分および翌日分の熱需要および電力需要それぞれの経時的変化基づき、熱電併給...

    コージェネレーションシステムの運転方法

新着の技術

熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】装置(2)は、内燃機関(4)および逆ブレイトンサイクル熱機関(6)を備える。内燃機関(4)からの高温排気ガスが水を含む。高温排気ガスは、逆ブレイトンサイクル熱機関を駆動する。逆ブレイトンサイクルタービンと逆ブレイトンサイクル圧縮機との間の排気ガスの流路中の凝縮器(22)が、排気ガスに含まれる水の少なくとも一部を凝縮して凝縮水を形成する。この凝縮水は、...

    逆ブレイトンサイクル熱機関

  2. 【課題】蒸気の熱エネルギーを効率的に回収することが可能な熱エネルギー回収装置を提供する。【解決手段】熱エネルギー回収装置1は、蒸気が流れる蒸気経路30と作動媒体が循環する循環経路20とに接続され、蒸気と作動媒体とを熱交換させて作動媒体を加熱する加熱器12と、加熱器12で加熱された作動媒体のエネルギーを回収する発電機16と、加熱器12内の蒸気圧力を調整する圧力調整弁から...

    熱エネルギー回収装置

  3. 【課題】熱利用効率を向上させることができる熱電併給システムを提供する。【解決手段】熱電併給システム1は、1次蒸気と作動媒体との熱交換により作動媒体を蒸発させる蒸発器を含み、蒸発器で蒸発した作動媒体により発電を行うバイナリー発電装置3と、バイナリー発電装置3の蒸発器における熱交換を経て蒸発器から排出され1次蒸気よりも低圧になった低圧蒸気を昇圧して2次蒸気を発生させるスチ...

    熱電併給システム

  4. 【課題】動力回収機での動力の回収量を安定させることが可能な過給機付エンジン搭載内燃機関を提供すること。【解決手段】過給機付エンジン搭載内燃機関であって、エンジン(10)と、過給機(20)と、蒸発器(42)と、膨張機(44)と、動力回収機(46)と、凝縮器(48)と、ポンプ(50)と、制御部(60)と、を備え、制御部(60)は、蒸発器(42)に流入する過給空気の熱量の増...

    過給機付エンジン搭載内燃機関

  5. 【課題】負荷電力の変動に応じた効率的な運転を実現することができるコージェネレーション装置を提供すること。【解決手段】コージェネレーション装置1は、負荷装置6に供給する電力を発電する発電装置2と、発電装置2から排出される発電排熱を回収する排熱回収部3と、負荷装置6へ供給される負荷電力を測定する負荷電力測定部4と、熱を電力に変換する機能と、電力を熱に変換する機能とを併せ持...

    コージェネレーション装置

熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないものの詳細カテゴリ一覧

熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないものの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの ページ上部に戻る