燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備 に関する技術一覧

「燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備」に関する技術の関連情報です。 「燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備」 の関連技術、「内燃式ピストン機関,燃焼機関一般」「ガスタービン設備,ジェット推進設備のための空気の取り入れ,空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御」 など、その他「燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備」の分野ページはこちら

燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備に所属する技術動向

燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備の分野に属する技術の状況としては、2016年に6,454件、2017年に6,943件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備の分野においては特に近年ジェット推進設備の分野における動向が活発であり、他にも熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないものや 燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ自動車株式会社や株式会社デンソー、本田技研工業株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社デンソーや株式会社SOKENといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】燃料噴射制御を複雑化させることなく、排気ガス温度を十分に高めることができる筒内噴射式火花点火内燃機関を提供する。【解決手段】円錐形状の燃料噴霧より強い貫徹力を有する形状に燃料を噴射する燃料噴射弁7と、点火プラグ6とを具備し、燃料噴射弁により圧縮行程で燃料を噴射し、点火プラグ近傍に可燃混合気を形成して成層燃焼を実施する筒内噴射式火花点火内燃機関において、排気ガス...

    筒内噴射式火花点火内燃機関

  2. 【課題】レシプロエンジン、ロータリーエンジン、ジェットエンジンやガスタービンなどの熱機関またはプラズマ装置において、混合気中の燃料の割合を下げて薄い混合気を燃焼・反応させる場合においても、安定、かつ、高効率の燃焼・反応が行えるようにし、着火の安定化、火炎伝播速度の向上、出力向上、排気ガスの清浄化、不均一混合気の安定着火、燃費消費率の改善等を図る。【解決手段】燃焼・反応...

    点火装置、内燃機関、点火プラグ、プラズマ装置、排ガス分解装置、オゾン発生・滅菌・消毒装置及び消臭装置

  3. 【課題】スタータを用いることなく、自己始動の可能なエンジン始動装置を提供することにある。【解決手段】コントロールユニット30は、膨張行程にある気筒を検出して、燃料を噴射・点火してエンジンを再始動させる。バルブタイミング位相可変機構44は、圧縮行程にある気筒の吸気弁の開閉タイミングを制御する。コントロールユニット30は、膨張行程にある気筒の燃料噴射・点火時に、圧縮行程に...

    エンジン始動装置

  4. 【課題】エネルギ効率に優れ、比較的低出力の2つのモータで駆動力の確保と動力エネルギの回収効率向上を達成し、駆動輪からの要求駆動力に対してエンジン及びモータ制御の最適化を図り、また、エンジンと2つのモータの制御の互いの影響が少なく、制御も簡素で制御自由度も向上させる。【解決手段】エンジン1をサンギヤ2aと連結し、リングギヤ2bにモータ3を連結し、キャリア2cにモータ4を...

    ハイブリッド車

  5. 【課題】運転者の運転技術の改善を促し、運転操作の改善により燃費を向上させる。【解決手段】この評価システムにおいては、燃費を悪化させる運転が行われたことが検出され、燃費を悪化させる運転が行われたことが検出された場合に、実際に消費された燃料量と、その燃費を悪化させる運転が行なわれずに走行したとした場合の燃料消費量とがそれぞれ演算される。そして、実際に消費された燃料量からそ...

    車両運転状態評価システム

新着の技術

燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】噴射孔から噴射される燃料の流量のばらつきを抑制することができる燃料噴射装置を得る。噴射プレートを介して燃料を内燃機関に噴射する燃料噴射装置であって、噴射プレートは、内燃機関に対向する第1表面と第1表面の裏面である第2表面とを備えたプレート状部材であり、第2表面に燃料を導入する燃料導入部と、燃料導入部に導入された燃料を第1表面の側へ噴射する複数の筒状噴...

    燃料噴射装置および噴射プレート

  2. 【課題・解決手段】内燃機関の点火装置であって、リップル抑制コンデンサの印加電圧目標値に対して、絶縁破壊時にエネルギーが充電されることによるリップル抑制コンデンサの印加電圧増加量に実質的に等しい値だけ直流昇圧回路の出力電圧が低くなるように、直流昇圧回路に対する出力電圧指令値を制御するようにした。

    内燃機関点火装置

  3. 【課題】熱機関の燃料消費量増大に伴う、大気汚染の問題と価格上昇に対する燃料の節約および熱機関の排気利用による排気の促進。【解決手段】排気外筒排気取入口1Cから浸入した排気は二手にわかれ、直進した排気は内筒排気取入口2Cから内筒2内へ浸入そして促進傘2Eで流れを妨害又塞き止められ拡散し、圧力は上昇する。一方、内筒と排気外筒1の間の加速路1Fへ浸入した排気は狭い空間故加速...

    熱機関及び燃焼機器の排気利用による排気促進装置

  4. 【課題】側方電極と中間電極とのそれぞれを所望の熱価に調整する。【解決手段】エンジン1の燃焼室4内の混合気に点火する多点点火プラグ100であって、扁平に形成されて先端部11が燃焼室4に臨むようにエンジン1の挿入孔5に挿入される本体部10と、先端部11の長手方向に間隙を空けて一対設けられる側方電極12と、一対の側方電極12の間隙に設けられ、先端部11の長手方向に沿って複数...

    多点点火プラグ

  5. 【課題】広い範囲での多点点火が可能であると共に多点点火プラグの交換が容易な多点点火エンジン提供する。【解決手段】エンジン1は、シリンダヘッド3、ヘッドガスケット6、又はシリンダブロック2に形成される挿入孔5に挿入され、燃焼室4内で圧縮された混合気に点火プラグ7と共に点火して燃焼させる多点点火プラグ100を備え、多点点火プラグ100は、扁平に形成されて先端部11が燃焼室...

    多点点火エンジン

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

  • MEMS・マイクロマシン・組込システム

    MEMS (Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)…

ページトップへ

燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備 ページ上部に戻る