燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備 に関する技術一覧

「燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備」に関する技術の関連情報です。 「燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備」 の関連技術、「内燃式ピストン機関,燃焼機関一般」「ガスタービン設備,ジェット推進設備のための空気の取り入れ,空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御」 など、その他「燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備」の分野ページはこちら

燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備に所属する技術動向

燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備の分野に属する技術の状況としては、2017年に7,137件、2018年に5,224件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備の分野においては特に近年ジェット推進設備の分野における動向が活発であり、他にも熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備,燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないものや 燃焼機関の始動,他類に属しない機関の始動補助といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ自動車株式会社や株式会社デンソー、本田技研工業株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社デンソーや株式会社SOKENといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】燃料噴射制御を複雑化させることなく、排気ガス温度を十分に高めることができる筒内噴射式火花点火内燃機関を提供する。【解決手段】円錐形状の燃料噴霧より強い貫徹力を有する形状に燃料を噴射する燃料噴射弁7と、点火プラグ6とを具備し、燃料噴射弁により圧縮行程で燃料を噴射し、点火プラグ近傍に可燃混合気を形成して成層燃焼を実施する筒内噴射式火花点火内燃機関において、排気ガス...

    筒内噴射式火花点火内燃機関

  2. 【課題】レシプロエンジン、ロータリーエンジン、ジェットエンジンやガスタービンなどの熱機関またはプラズマ装置において、混合気中の燃料の割合を下げて薄い混合気を燃焼・反応させる場合においても、安定、かつ、高効率の燃焼・反応が行えるようにし、着火の安定化、火炎伝播速度の向上、出力向上、排気ガスの清浄化、不均一混合気の安定着火、燃費消費率の改善等を図る。【解決手段】燃焼・反応...

    点火装置、内燃機関、点火プラグ、プラズマ装置、排ガス分解装置、オゾン発生・滅菌・消毒装置及び消臭装置

  3. 【課題】スタータを用いることなく、自己始動の可能なエンジン始動装置を提供することにある。【解決手段】コントロールユニット30は、膨張行程にある気筒を検出して、燃料を噴射・点火してエンジンを再始動させる。バルブタイミング位相可変機構44は、圧縮行程にある気筒の吸気弁の開閉タイミングを制御する。コントロールユニット30は、膨張行程にある気筒の燃料噴射・点火時に、圧縮行程に...

    エンジン始動装置

  4. 【課題】エネルギ効率に優れ、比較的低出力の2つのモータで駆動力の確保と動力エネルギの回収効率向上を達成し、駆動輪からの要求駆動力に対してエンジン及びモータ制御の最適化を図り、また、エンジンと2つのモータの制御の互いの影響が少なく、制御も簡素で制御自由度も向上させる。【解決手段】エンジン1をサンギヤ2aと連結し、リングギヤ2bにモータ3を連結し、キャリア2cにモータ4を...

    ハイブリッド車

  5. 【課題】運転者の運転技術の改善を促し、運転操作の改善により燃費を向上させる。【解決手段】この評価システムにおいては、燃費を悪化させる運転が行われたことが検出され、燃費を悪化させる運転が行われたことが検出された場合に、実際に消費された燃料量と、その燃費を悪化させる運転が行なわれずに走行したとした場合の燃料消費量とがそれぞれ演算される。そして、実際に消費された燃料量からそ...

    車両運転状態評価システム

新着の技術

燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】このインペラの製造方法は、インペラを、金属粉末を用いた積層造形法により一体に形成するインペラ形成工程(S1)と、前記インペラ形成工程(S1)で形成された前記インペラを、熱間等方圧加圧法によって処理するHIP処理工程(S2)と、前記HIP処理工程(S2)後の前記インペラにおいて、ディスク、カバー、及びブレードの間に形成される流路に、砥粒を含んだ研磨流体...

    インペラの製造方法及びインペラの流路延長治具

  2. 【解決手段】翼冷却風が、エンジンのロータ内中央路を通り、第一及び第二段ロータ間のスペースを通り、第一段翼に向かう第一の流れと、第二段翼に向かう第二の流れを持つ二つの流れに分かれ、次に、二つの流れが共通の多岐管に集まり、使用済み翼冷却風が、第一段ロータ介して前方へ流れ、ロータ冷却路に沿い、ステータキャビティ内に流れ、次に、冷却風が燃焼器内に放出される、第一及び第二段ター...

    第一及び第二段ロータ冷却を含むガスタービンエンジン

  3. 【課題・解決手段】本発明は、補助液を蓄えかつ自動車の内燃機関または自動車の内燃機関の部品に供給するシステムにおいて、流体用のリザーバタンク(1)と、流体用の少なくとも1つの圧送ポンプと、消費器に通じる送り部および前記リザーバタンク(1)内への戻し部を含む少なくとも1つの導管システムとが設けられているものに関し、当該システムには、前記リザーバタンク(1)の開口に挿入され...

    補助液を蓄えかつ内燃機関に供給するシステム

  4. 【課題・解決手段】内燃機関のピストン用のピストンクラウンであって、ピストンクラウンは、中心軸に沿って軸方向及び中心軸から半径方向外向きに延在する。ピストンクラウンは、ピストンクラウンの軸方向の第一端部の環状面と、環状面内に半径方向に配置され、ピストンクラウンの第一端部に対して窪んでいるピストンボウルとを備える。ピストンボウルは、ピストンボウルの半径方向中央部内の上げ床...

    内燃機関用のピストンボウル

  5. 【課題・解決手段】軸受は、内面を含む内径と外面を含む外径を有する軸受の縦軸に沿って形成された軸方向チャネル及びチャネルの内径の内面上に形成された少なくとも1つのダム領域を含み、ダム領域はチャネルの縦軸を中心に90度〜180度の変形された三日月形を含む。

    軸受及びその製造並びに使用方法

燃焼機関,熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備 ページ上部に戻る