機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置 に関する技術一覧

「機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置」に関する技術の関連情報です。 「機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置」 の関連技術、「消音方法によって特徴づけられた消音装置」「排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置「4」」 など、その他「機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置」の分野ページはこちら

機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置に所属する技術動向

機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置の分野に属する技術の状況としては、2018年に1,117件、2019年に1,040件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置の分野においては特に近年排気ガス処理装置の電気的制御の分野における動向が活発であり、他にも排気エネルギを利用する装置と結合または組み合わされる排気または消音装置や 消音方法によって特徴づけられた消音装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ自動車株式会社や日本碍子株式会社、株式会社デンソーが豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池や他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品といった分野も含め、 株式会社SOKENや株式会社豊田中央研究所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】燃料噴射制御を複雑化させることなく、排気ガス温度を十分に高めることができる筒内噴射式火花点火内燃機関を提供する。【解決手段】円錐形状の燃料噴霧より強い貫徹力を有する形状に燃料を噴射する燃料噴射弁7と、点火プラグ6とを具備し、燃料噴射弁により圧縮行程で燃料を噴射し、点火プラグ近傍に可燃混合気を形成して成層燃焼を実施する筒内噴射式火花点火内燃機関において、排気ガス...

    筒内噴射式火花点火内燃機関

  2. 【課題】直噴火花点火式内燃機関において、始動から排気浄化触媒が活性化するまでの間における大気中へのHCの排出を最大限抑制しながら、排気浄化触媒の早期活性化を最大限促進すること。【解決手段】始動を開始してから排気浄化触媒が活性化するまでの間において、機関吸入混合気の空燃比をストイキに制御して燃焼させる際に、吸気行程中の燃料噴射により燃焼室内全体にストイキよりも比較的リー...

    直噴火花点火式内燃機関の制御装置

  3. 【課題】排気ガス中のHC濃度を抑制しつつ、触媒の暖機を促進することのできる技術を提供する。【解決手段】触媒の暖機期間中においては、パイロット噴射の噴射量割合を、暖機期間後における通常の運転状態において実行されるパイロット噴射の噴射量割合よりも高い値に設定する。また、暖機期間中におけるメイン噴射の噴射時期を、暖機期間後における通常の運転状態において実行されるメイン噴射の...

    ディーゼルエンジン

  4. 【課題】 本発明はターボ過給エンジンの排気還流装置に係り、ターボチャージャによる高過給下に於ても、EGRを確実に行うことができる排気還流装置を提供することを目的とする。【解決手段】 ターボチャージャを備えたエンジンの排気マニホールドを、排気行程が互いにオーバーラップしない気筒毎に第1排気マニホールド部と第2排気マニホールド部とに分割し、各排気マニホールド部とエンジ...

    ターボ過給エンジンの排気還流装置

  5. 【課題】ある程度再生を繰り返してもススの再生率が変化せず、貴金属触媒を減少させることができるとともに、圧力損失の小さい触媒つきフィルタを提供すること。【解決手段】セル壁により区画された複数の貫通孔を有するハニカム構造体の両端部が封止体によって交互に目封止されるとともに、触媒が担持されたセラミックフィルタであって、一方の端部側に前記触媒を所定量担持し、他方の端部に向かう...

    触媒つきフィルタ、その製造方法及び排気ガス浄化システム

新着の技術

機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 トラクタ

    【課題】 本発明は、機体バランスを良好にできる排ガス処理部を搭載したトラクタを提供することを課題とする。【解決手段】 ボンネット(6)の内部にあってエンジン(7)の排ガスを浄化処理する第1の排ガス処理部(31)とボンネット(6)の左右一側の外部にあって上下方向に長く伸びる円筒状の第2の排ガス処理部(32)とボンネット(6)の左右他側の外部にあって第2の排ガス処理部...

    トラクタ

  2. 【課題】基体が外部から加えられる荷重に対して高められた強度を有する内燃機関の排ガス装置のための排ガス処理ユニット用の基体を提供する。【解決手段】基体長手方向(S)に細長い基体本体(18)を有しており、基体本体(18)は、扁平化方向において基体長手方向(S)に対して実質的に直交して扁平化されており、基体本体(18)内には、実質的に基体長手方向(S)に延在し、流動通路を提...

    排ガス処理ユニット用の基体

  3. 【課題】金属端子とハニカム構造体との接合信頼性が良好な電気加熱型担体、排気ガス浄化装置及び電気加熱型担体の製造方法を提供する。【解決手段】外周壁と、外周壁の内側に配設され、一方の端面から他方の端面まで貫通して流路を形成する複数のセルを区画形成する多孔質の隔壁とを有する柱状ハニカム構造部を備えた導電性のハニカム構造体と、柱状ハニカム構造部の中心軸を挟んで対向するように配...

    電気加熱型担体、排気ガス浄化装置及び電気加熱型担体の製造方法

  4. 技術 エンジン

    【課題】位置決め治具等を要せずに、排気浄化装置を簡単にエンジン本体に取り付けることが可能なエンジンを提供する。【解決手段】エンジン100は、排気ガスを浄化するATD43を有する。エンジン100は、エンジン本体1と、支持台8と、前側支持ブラケット91と、後側支持ブラケット92と、を備える。支持台8は、排気ガス浄化装置を支持する。前側支持ブラケット91は、エンジン本体1の...

    エンジン

  5. 技術 エンジン

    【課題】熱膨張による部品等の破損を回避しつつ、コンパクトなエンジンを提供する。【解決手段】エンジン100は、エンジン本体1と、クランク軸10と、冷却ファン6と、排気マニホールド42と、過給機24と、排気ガスを浄化するATD43と、第2排気管52と、を備える。クランク軸10は、エンジン100の高さ方向を第1方向としたとき、第1方向と垂直な方向である第2方向に延びる。冷却...

    エンジン

機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置の詳細カテゴリ一覧

機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般,内燃機関用ガス流消音器または排気装置 ページ上部に戻る