機関またはポンプ に関する技術一覧

「機関またはポンプ」に関する技術の関連情報です。 「機関またはポンプ」 の関連技術、「機械または機関,例.蒸気機関,一般または容積形のもの」「回転ピストン式または揺動ピストン式機械または機関」 など、その他「機関またはポンプ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「機関またはポンプ」の分野ページはこちら

機関またはポンプに所属する技術動向

機関またはポンプの分野に属する技術の状況としては、2016年に3,843件、2017年に4,238件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、機関またはポンプの分野においては特に近年機械または機関,例.蒸気機関,一般または容積形のものの分野における動向が活発であり、他にも回転ピストン式または揺動ピストン式機械または機関や 蒸気機関設備,蒸気アキュムレータ,他に分類されない機関設備,特殊な作動流体またはサイクルを用いた機関といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ自動車株式会社やゼネラル・エレクトリック・カンパニイ、本田技研工業株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社SOKENや株式会社デンソーといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

機関またはポンプ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】燃料噴射制御を複雑化させることなく、排気ガス温度を十分に高めることができる筒内噴射式火花点火内燃機関を提供する。【解決手段】円錐形状の燃料噴霧より強い貫徹力を有する形状に燃料を噴射する燃料噴射弁7と、点火プラグ6とを具備し、燃料噴射弁により圧縮行程で燃料を噴射し、点火プラグ近傍に可燃混合気を形成して成層燃焼を実施する筒内噴射式火花点火内燃機関において、排気ガス...

    筒内噴射式火花点火内燃機関

  2. 【課題】長く複雑なリンク機構を設けることなく確実な作動と信頼性とを実現する内燃機関の可変動弁機構および吸気量制御装置の提供。【解決手段】仲介駆動機構120は吸気カムシャフト45とは異なる軸である支持パイプ130にて揺動可能に支持されているので、吸気カム45aが入力部122に接触して駆動すれば、そのまま揺動カム126とロッカーアーム13とを介して、吸気バルブ12aを駆動...

    内燃機関の可変動弁機構および吸気量制御装置

  3. 【課題】潤滑油中での低摩擦性能と耐摩耗性に優れた硬質炭素皮膜摺動部材を提供する。【解決手段】基材11の上に硬質炭素皮膜12を形成しかつ潤滑油中で使用される硬質炭素皮膜摺動部材において、少なくとも表面層に元素周期律表の第IIb,III,IV,Va,VIa,VIIaおよびVIII族のうちから選ばれる少なくとも1種の金属元素を5〜70at%含むものとした硬質炭素皮膜摺動部材。

    硬質炭素皮膜摺動部材

  4. 【課題】直噴火花点火式内燃機関において、始動から排気浄化触媒が活性化するまでの間における大気中へのHCの排出を最大限抑制しながら、排気浄化触媒の早期活性化を最大限促進すること。【解決手段】始動を開始してから排気浄化触媒が活性化するまでの間において、機関吸入混合気の空燃比をストイキに制御して燃焼させる際に、吸気行程中の燃料噴射により燃焼室内全体にストイキよりも比較的リー...

    直噴火花点火式内燃機関の制御装置

  5. 【課題】排気ガス中のHC濃度を抑制しつつ、触媒の暖機を促進することのできる技術を提供する。【解決手段】触媒の暖機期間中においては、パイロット噴射の噴射量割合を、暖機期間後における通常の運転状態において実行されるパイロット噴射の噴射量割合よりも高い値に設定する。また、暖機期間中におけるメイン噴射の噴射時期を、暖機期間後における通常の運転状態において実行されるメイン噴射の...

    ディーゼルエンジン

新着の技術

機関またはポンプ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】LNGタンクを備えた既存の液化炭化水素ガス輸送船を効率的に再利用する。【解決手段】浮体式液化炭化水素ガスプラントの製造方法が、既存の液化炭化水素ガス輸送船1を、少なくとも1つのLNGタンク2を含む複数のブロック11、12、13、14に分割するステップと、複数のブロック11、12、13、14の少なくとも1つに関し、当該ブロックの前後方向の少なくとも一方に接続され...

    浮体式液化炭化水素ガスプラントの製造方法

  2. 【課題】熱機関や燃焼機器の燃料消費量増大に伴う、大気汚染の問題と価格上昇に対する燃料の節約。熱機関や燃焼機器の排気利用による排気の促進。【解決手段】排気効率の向上を図るため、外気を利用して、遠心式の排気扇を回転排気扇4として設け、排気速度を加速させ、排気を促進することにより、燃料の節減を図ることを特徴とする。

    熱機関や燃焼機器の排気促進装置

  3. 【課題・解決手段】本開示は、電力生産に有用なシステムおよび方法に関する。特に、作業流体としてCO2を利用する電力生産サイクルは、追加の電力を生産して電力生産サイクルに追加の加熱を提供するために、電力生産サイクルからの圧縮されたCO2流を加熱しかつ膨張させることができる第2のサイクルと組み合わせることができる。

    入れ子式のCO2サイクルを用いる電力生産のためのシステムおよび方法

  4. 【課題・解決手段】タービン翼(10)は、略中空の翼ボディ(12)の内部(11)における一対の隣接する隔壁(24)の間の空間を占める流れ押退け要素(26)を有する。流れ押退け要素(26)は、半径方向に長さ方向に延びる延在した本体(28)と、本体(28)を翼(10)の正圧面(16)および負圧面(18)にそれぞれ接続する一対のコネクタリブ(32,34)とを有する。対称的に対...

    流れ押退け特徴を備える内部で冷却されるタービン翼

  5. 【課題・解決手段】タービン翼(10)は、翼ボディ(12)の内部(11)に配置された中空の細長い本体(28)を有するインピンジメント構造(26A,26B)を有する。本体(28)は、半径方向に沿って長さ方向に延びており、本体(28)内に、冷却流体(60)を受け入れる冷却材キャビティ(64)を形成している。本体(28)は、翼ボディ(12)の正圧面壁部(16)および負圧面壁部...

    内部インピンジメント冷却特徴を備えるタービン翼

機関またはポンプ ページ上部に戻る