坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水 に関する技術一覧

「坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水」に関する技術の関連情報です。 「坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水」 の関連技術、「建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するもの」「坑道またはトンネルの通風」 など、その他「坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水」の分野ページはこちら

坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水に所属する技術動向

坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水の分野に属する技術の状況としては、2018年に23件、2019年に17件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水の分野においては特に近年建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するものの分野における動向が活発であり、他にも単なるガス抜きの,またはそのガスをある目的のために使用するためのガス抜きの,方法または装置や 機械または装置のスパーク防止装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては鹿島建設株式会社や大成建設株式会社、株式会社大林組が豊富な実績を残しており、 鹿島建設株式会社などは、 立て坑,トンネル,坑道,大地下空間や基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物といった分野も含め、 カジマメカトロエンジニアリング株式会社や大成建設株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】トンネルの内壁を利用して設けられた電気・通信ケーブル等の設備を保護ボックスによってトンネル火災から直接保護すると同時に、保護ボックス内の温度上昇を抑制できるようにする。【解決手段】トンネルの内壁を利用して設けられた設備を耐火板構造の保護ボックス1により囲んでトンネル空間より遮断し、そのトンネル内での車両事故等による火災時に保護ボックス1内に伝播した熱を、保護ボ...

    トンネル内の電気・通信ケーブル等の耐火保護方法

  2. 【課題】トンネル内の火災時に、煙に巻かれることなく安全且つ容易に避難可能とする。【解決手段】避難坑への連絡坑の入口となる非常扉4をトンネル側壁に沿った所定距離毎に設置し、火災時に、トンネル側壁の非常扉4方向に通じる区間に煙の侵入を遮断する避難路空間15をウォータカーテン14、エアーカーテン又は防火カーテンにより構築する避難路空間形成装置を設ける。

    トンネル用避難設備

  3. 【課題】延長の長いトンネルであっても安全かつ効率的にアスベストを除去することが可能なアスベスト除去方法を提供する。【解決手段】トンネル1の壁1b面に形成されたアスベストが混入する被覆層1aを複数の着脱自在の遮蔽パネル2,・・・で覆う工程と、トンネルの延伸方向に移動可能な作業台車61,62に載置された遮蔽パネル2に対向する面が開口可能な作業函体61a,62aを所定の位置...

    長大構造物のアスベスト除去方法及びアスベスト除去用の長大構造物の構造

  4. 【課題】 従来の非常口の方向を示す誘導灯を点灯または点滅させることにより非常口の方向に誘導するものにあっては、誘導灯に近づかなければ点灯または点滅している矢印の方向が確認できず、迅速な避難を妨げるといった問題があった。【解決手段】 発光色が照明として適する色の発光手段をトンネル内に沿って多数配置した照明手段2と、前記トンネル内に火災が発生したことを検出する火災検出...

    トンネル照明装置

  5. 【課題】簡単な構成で掘進に追従でき、坑内の粉塵の拡散が防止できるトンネル換気方法およびその装置を提供する。【解決手段】風管(1)をトンネル(T)天井から懸垂してその内部に伸縮可能な伸縮風管(2)を挿入し、そして風管(1)後部の吸出口(15)を台車(21)に搭載した送風機(22)に接続し、伸縮風管(2)の先端をトンネル掘削切羽(C)に開口して掘進に合わせて伸張させ換気を...

    トンネル換気方法およびその装置

新着の技術

坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】既設のジェットファンがトンネルの天井壁に吊り下げられた状態のままで取り付けることができる補強リングを提供し、施工時間を短縮し、道路規制時間を短縮する。【解決手段】ケーシングを有するジェットファンに取り付ける補強リングであって、ケーシングの外周面であってケーシングの中心軸方向の両側に取り付け、連結部材によりトンネルの天井壁に接続される。また、既設のジェットファン...

    ジェットファンの補強リング、及びジェットファンの補強方法

  2. 【課題】既存のトンネル緩衝工の性能を向上させつつ建設費を低減することができるトンネル緩衝工の微気圧波低減構造を提供することである。【解決手段】微気圧波低減構造5は、トンネル坑口3aに列車1が突入したときに反対側トンネル坑口から放射するトンネル微気圧波を、このトンネル坑口3aを覆うトンネル緩衝工4によって低減する。微気圧波低減構造5は、トンネル坑口3aから緩衝工口4aに...

    トンネル緩衝工の微気圧波低減構造

  3. 【課題】地中の空洞部の一部を塞ぐ隔壁を精度良く形成して充填材が漏出することを防止することができる埋め戻し方法を提供する。【解決手段】埋め戻し方法は、第1工程から第6工程によって地表面Gと埋設管PIを貫通する第1メイン連通路101、第1内側連通路102、第1外側連通路103、第2メイン連通路111、第2内側連通路112および第2外側連通路113を形成する。作業者は、第7...

    埋め戻し方法

  4. 【課題】 回転数の変化等による振動を抑制することが可能なジェットファンの支持構造を提供すること。【解決手段】 トンネル内を換気するジェットファンを、トンネルの天井壁に固定した吊持部材に吊り下げ固定するジェットファンの支持構造1であって、吊持部材に一端部が連結された中間連結部材16と、ジェットファンの筒状ケーシング12に固定され中間連結部材の他端部に連結されたケーシ...

    ジェットファンの支持構造

  5. 【課題】道路トンネル内に打設されるアンカーボルトの打設位置を簡単に調査し、ジェットファンの据付工事を容易に行うことができるジェットファン吊部材を提供する。【解決手段】ジェットファン100を天井壁に吊り下げる際に用いられるジェットファン吊部材1は、ジェットファン支持部材2と、アンカーボルト連結部材3から構成され、ジェットファン支持部材2は、略矩形のプレート形状の四隅近傍...

    ジェットファン吊部材

坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水 ページ上部に戻る

その他の分野

坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。