立て坑,トンネル,坑道,大地下空間 に関する技術一覧

「立て坑,トンネル,坑道,大地下空間」に関する技術の関連情報です。 「立て坑,トンネル,坑道,大地下空間」 の関連技術、「建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するもの」「立て坑」 など、その他「立て坑,トンネル,坑道,大地下空間」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「立て坑,トンネル,坑道,大地下空間」の分野ページはこちら

立て坑,トンネル,坑道,大地下空間に所属する技術動向

立て坑,トンネル,坑道,大地下空間の分野に属する技術の状況としては、2018年に341件、2019年に368件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、立て坑,トンネル,坑道,大地下空間の分野においては特に近年建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するものの分野における動向が活発であり、他にもグループ1/00〜7/00に分類されない立て坑や 坑内天盤支保用カッペといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては鹿島建設株式会社や大成建設株式会社、株式会社大林組が豊富な実績を残しており、 大成建設株式会社などは、 立て坑,トンネル,坑道,大地下空間や基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物といった分野も含め、 株式会社IHIや三菱重工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

立て坑,トンネル,坑道,大地下空間』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 十分な強度アップを望めるのは勿論、その後のコンクリートの充填に支障をきたさず、また、コストアップを抑える。【解決手段】 玄武岩繊維等の補強繊維がシート状に形成された補強用シート10や網目状のもの11を、コンクリートセグメント2の表面部分あるいは角部に埋設する。

    コンクリートセグメント

  2. 【課題】道路付帯設備として設置又は取り付けた場合でも周囲の視界や光線を遮ること無く、電波を用いた通信又はセンシング時において、その通信又はセンシングを行う周辺の道路付帯設備に起因して発生する不要電波の抑制方法及び不要電波の発生を抑制できる道路付帯設備を提供する。【解決手段】道路付帯設備に透明な電波吸収体を取り付け、又はこれらの道路付帯設備の主要部を透明な電波吸収体から...

    不要電波抑制方法及び道路付帯設備

  3. 【課題】拡幅坑の掘進及び掘削土砂の取り込みを容易とし、拡幅トンネルの築造における工期の短縮及び工費の節減を図ることのできるシールド掘削機を提供する。【解決手段】シールド本体3の前方に回転可能に支持され所定断面積の標準坑を掘進するカッタ2が備えられたシールド掘削機1Aにおいて、シールド本体3の外側部から標準坑を拡幅する拡幅方向に出没可能とされ、拡幅坑を掘進するとともに該...

    シールド掘削機

  4. 【課題】コンクリートやモルタルの補強効果に優れたポリプロピレン繊維及びその繊維を用いて行われるトンネルのライニングや法面コンクリートなどの吹付けコンクリートの施工方法を確立する。【解決手段】ポリプロピレン系樹脂から紡糸し、表面に繊維断面の平均偏平率が2/1〜7/1の範囲で凹凸を付形した単糸繊度200〜10,000drのモノフィラメントを繊維長さ5〜60mmに切断してな...

    セメント強化用ポリプロピレン繊維及びそれを用いた吹付けコンクリートの施工方法

  5. 【課題】 急激な粘度上昇を示す、強度発現性が優れる、及び水中不分離性があるなどの特性を持つ土木・建築分野で使用するセメント組成物及びその使用方法を提供すること。【解決手段】 セメント、アルカリ増粘型ポリマーエマルジョン、特に、不飽和カルボン酸類とエチレン性不飽和化合物の共重合により得られるアルカリ増粘型ポリマーエマルジョン、及び石炭灰、さらに、これらにアルミン酸塩と硫...

新着の技術

立て坑,トンネル,坑道,大地下空間』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】トンネルにおける覆工鉄筋を支持する覆工鉄筋支持装置において、覆工鉄筋の位置調節を容易化する。【解決手段】トンネル1の防水シート5よりトンネル外側の構造物3bに定着させた定着支持部材19を、防水シート5を貫通してトンネル内側へ突出させる。定着支持部材19よりトンネル内側に連結ロッド20を配置し、定着支持部材19と連結ロッド20との間にターンバックル30を介在させ...

    トンネルの覆工鉄筋支持装置

  2. 【課題】工期の長期化及び施工費用の高騰化の抑制を図ることが可能なトンネルの構築方法を提供する。【解決手段】坑口4aから坑口4bに亘って地下に設けられたトンネル1を構築する方法であって、掘削機の前端にてトンネル1を掘削すると共に、既に組み立てられたトンネル躯体の後部に推進管を接続し、トンネル躯体を前方に推進して地中管路を構築する推進工法を用いて、坑口4aから下り勾配でト...

    トンネル構築方法

  3. 【課題】連結部材を取外して第1搬送台車と第2搬送台車とを分離する作業に要する手間を軽減することができる管搬送装置を提供する。【解決手段】第1管を搬送する第1搬送台車と、第2管14を搬送する第2搬送台車15と、第1搬送台車と第2搬送台車15とを連結する連結装置16とを有し、連結装置16は一端部が第1搬送台車に着脱自在で且つ他端部が第2搬送台車15に着脱自在な連結部材28...

    管搬送装置および管路敷設坑内での管の接合方法

  4. 【課題】セグメントの組立に必要なストロークを低減することができるとともに、トンネル内部からセグメントを簡単に分解することができるセグメントの継手構造、セグメントの組立方法とその分解方法、セグメント組立装置及びセグメント分解装置を提供する。【解決手段】継手構造は、複数のセグメント1B,1Kをトンネル周方向に相互に結合する。ガイド部は、組立済みのセグメント1Bの隣に組立対...

    セグメントの継手構造、セグメントの組立方法とその分解方法、セグメント組立装置及びセグメント分解装置

  5. 【課題】セメント組成物の目地の内面に止水材で覆われていない隅部を形成することを抑制する目地形成材を提供する。【解決手段】目地形成材は、セメント組成物が打設される側に突出するように型枠30に取り付けられ、型枠30の内側に打設されたセメント組成物が硬化した後に型枠30と共に除去可能であり、目地の内面を形成する本体部11と、型枠30に対する本体部11の突出方向の端部に配置さ...

    目地形成材、セメント組成物及び目地形成方法

立て坑,トンネル,坑道,大地下空間 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON