採鉱,または採石 に関する技術一覧

「採鉱,または採石」に関する技術の関連情報です。 「採鉱,または採石」 の関連技術、「建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するもの」「切削,透かし掘り,掘り出し」 など、その他「採鉱,または採石」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「採鉱,または採石」の分野ページはこちら

採鉱,または採石に所属する技術動向

採鉱,または採石の分野に属する技術の状況としては、2018年に11件、2019年に23件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、採鉱,または採石の分野においては特に近年建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するものの分野における動向が活発であり、他にも地下石炭のガス化準備法や 泥炭の採取,そのための機械といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社神島組や株式会社小松製作所、株式会社熊谷組が豊富な実績を残しており、 株式会社フジタなどは、 建築構造一般,壁,例.間仕切り,屋根,床,天井,建築物の絶縁またはその他の保護や立て坑,トンネル,坑道,大地下空間といった分野も含め、 株式会社ブリヂストンや株式会社大本組といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

採鉱,または採石』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】海上または陸上からメタンハイドレートが賦存している地層まで、熱損失なく熱エネルギーを伝送し、メタンハイドレートを加熱して、効率よくメタンガスを収集すること。【解決手段】浮遊式海洋構造物または地上に設置されたレーザー発振器と、このレーザー発振器から出力されるレーザー光線を、メタンハイドレートを賦存する地層Bへ導くチューブ2に挿通された光ファイバー1と、チューブ2...

    地下賦存炭化水素ガス資源収集装置および収集方法

  2. 【課題】破砕に利用されるエネルギーを大きくする事が可能な破砕装置用電極、破砕装置およびそれらを用いた破砕方法を提供する。【解決手段】破砕装置用電極1は、ある方向に延在する一方線状導電体3と、一方線状導電体3の延びる方向と同じ方向に延在し、一方線状導電体と誘電体を介して対向する他方線状導電体4、5a〜5cとを備える。他方線状導電体4、5a〜5cは、第1の導電体5aと、第...

    破砕装置用電極、破砕装置および破砕方法

  3. 【課題】既存プラズマ破岩装備に用いられた電極棒の短所を克服するために軸上反応物の多くの地点で同時点火が可能で、軸の長さに関係ない衝撃時間を有する電力衝撃セル及び送電線と分離可能な電力衝撃セルを提供する。【解決手段】本発明では、数個のギャップを有する電力衝撃セルを用いて反応物の多くの領域で同時点火で既存のものより衝撃力を高めることができ、軸の長さと関係のない衝撃時間を得...

    プラズマ破岩用電力衝撃セル

  4. 【課題】破砕対象物を電気破砕する際に、流体容器の製造、運搬、設置に係わる人的労力を軽減し、効率良く破砕対象物を電気破砕することができる電気破砕方法及び電気破砕用電極を提供すること。【解決手段】まず最初に一対の電極13を所定の距離だけ離隔して破砕対象物17に当接し、一方の電極13aの周辺を保水カバー16で覆った後に、オイルタンク12に保持したオイルを注入する。他方の電極...

    電気破砕方法及び電気破砕用電極

  5. 【課題】衝撃波の反射などによるエネルギーのロスや破壊電極の破損などを低減できるプラズマ破壊方法およびプラズマ破壊装置を提供する。【解決手段】破壊対象30にあらかじめ設けられる孔(下穴)31の内部に挿入物41を配置することによって、孔31の内部を所望の内部形状とする。これによって、破壊電極11の先端から発生する衝撃波の進行方向を制御する。特に上記内部形状は、孔31の奥に...

    プラズマ破壊装置およびこれを用いた破壊方法

新着の技術

採鉱,または採石』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】岩盤面の保護用として岩盤面を覆うモルタル又はコンクリートを岩盤面から除去するときの作業負荷を軽減する。【解決手段】ダム堤体等の構造物の構築方法として、外部に露出した岩盤面(第1の掘削面1)に、熱膨張性粒子と、モルタル又はコンクリートとを吹き付ける吹付工程(S3)と、前記岩盤面上の、硬化したモルタル又はコンクリート内の熱膨張性粒子を加熱することによって膨張させる...

    構造物の構築方法、及び、岩盤の保護方法

  2. 【課題】先端部を削孔に押し込むことによって被破砕物に対して多様な方向に亀裂を発生させて被破砕物を効率的に破砕する。【解決手段】第1当接部は、第1壁面部位に沿って湾曲しながら第1壁面部位に対向して設けられる第1対向面と、第1対向面から第1壁面部位に向けて突設される第1突起部とを有し、軸線方向において互いに異なる複数の軸線方向位置では第1対向面の周方向における第1突起部の...

    楔型チゼル、破砕装置および破砕方法

  3. 【課題】揚鉱システムにおいて、高圧の吐出圧を有するポンプを用いる場合でも、水底で採取した鉱石を水上まで円滑に揚鉱可能にする。【解決手段】一実施形態に係る揚鉱システムは、ポンプと、鉱石回収部と、前記ポンプから水底まで延在する往路配管と、前記水底から前記鉱石回収部まで延在する復路配管と、前記水底で採取された鉱石を前記復路配管に投入するための鉱石投入装置と、を備え、前記鉱石...

    揚鉱システム及び鉱石投入装置

  4. 【課題】楔部材と羽根部材とを有する割岩工具を用いて岩石、岩盤やコンクリート構造物などの処理対象物を割岩する際に、楔部材と羽根部材との焼きつきを効果的に抑制する。【解決手段】先細り形状を有し、処理対象物に形成された削孔に対して先端部を挿脱可能な楔部材と、楔部材の先端部に形成される楔側傾斜面に対して摺動可能な羽根側傾斜面を有し、削孔に沿った楔部材の移動に伴い楔側傾斜面に対...

    割岩工具および当該工具を用いた破砕方法

  5. 【課題】凸多面体状の外形を有する塊状の対象の表面を検出でき、塊状の対象を容易に検出できる対象認識装置、方法およびプログラムならびに岩石除去システムを提供する。【解決手段】塊状の対象を認識する対象認識装置100であって、異なる角度で撮影された複数の画像をもとに撮影対象の位置情報を表わす3次元データを生成する3次元データ生成部111と、所定の区画について3次元データの基準...

    対象認識装置、方法およびプログラムならびに対象除去システム

採鉱,または採石 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON