地中もしくは岩石の削孔,採鉱 に関する技術一覧

「地中もしくは岩石の削孔,採鉱」に関する技術の関連情報です。 「地中もしくは岩石の削孔,採鉱」 の関連技術、「地中もしくは岩石の削孔,探掘井からの石油,ガス,水,溶解性または溶融性物質または鉱物の懸濁液の採取」「採鉱,または採石」 など、その他「地中もしくは岩石の削孔,採鉱」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「地中もしくは岩石の削孔,採鉱」の分野ページはこちら

地中もしくは岩石の削孔,採鉱に所属する技術動向

地中もしくは岩石の削孔,採鉱の分野に属する技術の状況としては、2016年に624件、2017年に758件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、地中もしくは岩石の削孔,採鉱の分野においては特に近年採鉱,または採石の分野における動向が活発であり、他にも坑道またはトンネル内の,またはそれらの,安全装置,運搬,充填,救護,通風または排水や 地中もしくは岩石の削孔,探掘井からの石油,ガス,水,溶解性または溶融性物質または鉱物の懸濁液の採取といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては鹿島建設株式会社や大成建設株式会社、株式会社大林組が豊富な実績を残しており、 大成建設株式会社などは、 地中もしくは岩石の削孔,採鉱や建築物といった分野も含め、 株式会社IHIや三菱重工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

地中もしくは岩石の削孔,採鉱』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ストレーナー位置まで水位が下がった場合でも、高い集水性能を有する地下水位低下装置及びこの地下水位低下装置を利用した地盤改良方法、ストレーナ装置を提供する。【解決手段】地盤に埋設されたケーシング管(2)の内側に流入した地下水を揚水手段7(例えば、水中ポンプ)により強制的に地上に排出することにより地下水位を低下させる地下水位低下装置(1)であって、前記ケーシング管...

    地下水位低下装置、地盤改良方法およびストレ—ナ装置

  2. 【課題】 十分な強度アップを望めるのは勿論、その後のコンクリートの充填に支障をきたさず、また、コストアップを抑える。【解決手段】 玄武岩繊維等の補強繊維がシート状に形成された補強用シート10や網目状のもの11を、コンクリートセグメント2の表面部分あるいは角部に埋設する。

    コンクリートセグメント

  3. 【課題】道路付帯設備として設置又は取り付けた場合でも周囲の視界や光線を遮ること無く、電波を用いた通信又はセンシング時において、その通信又はセンシングを行う周辺の道路付帯設備に起因して発生する不要電波の抑制方法及び不要電波の発生を抑制できる道路付帯設備を提供する。【解決手段】道路付帯設備に透明な電波吸収体を取り付け、又はこれらの道路付帯設備の主要部を透明な電波吸収体から...

    不要電波抑制方法及び道路付帯設備

  4. 【課題】土木建設用杭を利用して対地熱交換設備を安価に構築する。【解決手段】先端が開口した土木建設用の管状杭1を地上から地中Gに進行させて地中Gに設置施工したときにその杭1の内部に生じる空洞Sに、熱媒Lを器内通過させる対地熱交換器2を杭上端部から挿入して配置し、その後、その杭1の内部に固形又は固化性の充填剤Sを充填する。又は、対地熱交換器2を土木建設用の杭1に一体的に付...

    対地熱交換設備の製造方法、及び、その製造方法に用いる土木建設用杭

  5. 【課題】拡幅坑の掘進及び掘削土砂の取り込みを容易とし、拡幅トンネルの築造における工期の短縮及び工費の節減を図ることのできるシールド掘削機を提供する。【解決手段】シールド本体3の前方に回転可能に支持され所定断面積の標準坑を掘進するカッタ2が備えられたシールド掘削機1Aにおいて、シールド本体3の外側部から標準坑を拡幅する拡幅方向に出没可能とされ、拡幅坑を掘進するとともに該...

    シールド掘削機

新着の技術

地中もしくは岩石の削孔,採鉱』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、ピック、特にラウンドシャンクピックであって、ピックヘッドと、ピックシャンクと、下面に座面を有するとともに座面を越えて突出するセンタリング付加部を有する支持要素と、を備え、センタリング付加部は、ピックの中心縦軸線に対して斜めに延在するセンタリング面を有し、センタリング面は、間接にまたは直接に座面へ移行しており、支持要素は、中心縦軸線に沿って、...

    センタリング付加部を有する支持要素を備えるピック

  2. 【課題・解決手段】ヤコビ行列方法論を使用する完全連成完全陰解坑井−油層シミュレーションシステムにおいて、コンピュータ処理時間およびコンピュータ処理結果が改善される。系行列のグリッド間フロー項と同等の正確性および堅牢性で坑井影響行列を扱う近似逆プレコンディショナが提供される。方法論は高度に並列化可能であり、同じ許容可能な許容値に収束するために必要とされるソルバー反復が少...

    油層シミュレーションにおける並列解法または完全連成完全陰解掘削孔モデル化

  3. 【課題・解決手段】本発明の実施形態は、地下坑井に沿った特性を測定するための非繋留型機器を提供する。少なくとも1つの実施形態によれば、非繋留型機器は、ハウジングと、地下坑井に沿ってデータを測定するように構成された1つ以上のセンサとを含む。データは、地下坑井内の1つ以上の物理的、化学的、地質的または構造的特性を含む。非繋留型機器は、データを測定する1つ以上のセンサを制御し...

    地下坑井におけるダウンホール特性の測定値を得るための方法および装置

  4. 【課題】簡略な構造で、かつ高い止水性能を備えたトンネル躯体を提供する。【解決手段】トンネルの構築予定領域を囲繞するよう並列に配置した複数の外殻トンネルの内空と、隣り合う該外殻トンネルの対向するセグメントを一部を撤去して切り開くとともに地山を掘削して構築した連通空間と、によりなる領域に構築されるトンネル躯体であって、長さ方向および幅方向に複数を接続することで筒状体をなす...

    トンネル躯体

  5. 【課題】高い止水性能を確保しつつ作業効率のよい、トンネルの覆工体となるトンネル躯体の構築方法を提供する。【解決手段】トンネルの構築予定領域を、並列に配置した複数の外殻トンネルで囲繞し、外殻トンネルの内空を利用してトンネル躯体を構築するトンネル躯体の構築方法であって、外殻トンネルの内空に、外殻トンネルの軸線方向に間隔を設けて複数の支保工を設置し、隣り合う外殻トンネル各々...

    トンネル躯体の構築方法

地中もしくは岩石の削孔,採鉱 ページ上部に戻る