戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご に関する技術一覧

「戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご」に関する技術の関連情報です。 「戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご」 の関連技術、「建築物,乗り物,フエンスまたは類似の囲いにおける開口のための固定または可動閉鎖部材一般,例.戸,窓,ブラインド,門」「はしご」 など、その他「戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご」の分野ページはこちら

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしごに所属する技術動向

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしごの分野に属する技術の状況としては、2019年に1,003件、2020年に728件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしごの分野においては特に近年はしごの分野における動向が活発であり、他にもはしごといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては文化シヤッター株式会社やYKKAP株式会社、株式会社LIXILが豊富な実績を残しており、 株式会社LIXILなどは、 戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしごや建築物といった分野も含め、 三協立山株式会社やミサワホーム株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】エレベータホールの本来の大きさを確保できるようになるエレベータ用防災装置を提供すること。【解決手段】壁4の開口部6に設置されたエレベータ用扉7よりも手前側に、火災発生時に開口部6を閉鎖する防災用開閉手段となっているシャッターカーテン30が配置されているとともに、開口部6の内面に配設された開口部用外枠組み15の上部内面部材となっている上枠部材13の上方空間部Sに...

    エレベータ用防災装置

  2. 【課題】電動シャッターに於けるモーターの電流値或いは回転数を検出して障害物を検知する。【解決手段】障害物検知方法は、予めシャッター体1及び巻胴2の駆動系に障害物が存在しない状態で、シャッター体1を巻下限Sbから巻上限Saまで巻き上げる過程、シャッター体1を巻上限Saから巻下限Sbまで巻き下げる過程に於けるモーター4bの電流値又は回転数を測定し、この測定値に対応させて巻...

    電動シャッターに於ける障害物検知方法及び障害物検知装置

  3. 技術 開閉装置

    【課題】簡単な構成で、閉鎖シート体の側縁部の抜け出しを効果的に防止しつつ気密性を十分に確保できる開閉装置を提供する。【解決手段】耐火スクリーン装置1は被閉鎖部2の両側に位置するガイドレール3a,3bを備えこのガイドレール3a,3bは内部に長手方向に沿った収容部30およびこの収容部30と対向した係合部25を有する。耐火スクリーン装置1はガイドレール3a,3bに沿って移動...

    開閉装置

  4. 【課題】 芳香族ポリカーボネート樹脂よりなるシート状物と金属フレームが強固に結合しかつ耐湿熱性を有する窓構造体およびそのための窓部材を提供すること。【解決手段】 A:芳香族ポリカーボネート系樹脂よりなるシート状物(A)B:そのシート状物(A)の片面の周囲面に積層された枠部材(B)および、C:その枠部材(B)の表面に形成されたゴム質緩衝層(C)よりなるシート状窓部材...

    シート状窓部材および窓構造体

  5. 【課題】日除け部材の操作コードによる店頭等の事故を防止すること。【解決手段】ロールスクリーン、ブラインド、カーテン等の日除け部材を懸架する支持枠1を窓周面の壁面に配置し、支持枠1から垂下するこれらの日除け部材を左右または上下に開閉する垂れ下がっている操作コード5の伸長方向に急激な力が加わったときに分解する着脱可能な安全具6を操作コード5に配置してある構成で、この安全具...

    日除け部材の操作コード

新着の技術

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 サッシ

    【課題】障子の開閉動作に抵抗を与えることなく、冷熱の伝達された空気の室内空間への対流を抑制し、断熱性能を向上させる。【解決手段】 建物開口部に固定される枠体と、枠体に開閉自在に支持される障子とを備え、枠体は、金属材料により形成され建物開口部に取り付けられる上部材と、上部材に取り付けられる樹脂上部材を備え、上部材は、下方に延びる片を有し、樹脂上部材は、上部材の下方に延...

    サッシ

  2. 技術 サッシ

    【課題】竪材を挟んで複数の窓が配置される建具において、広い開口面積を備える建具を提供する。【解決手段】竪材と、竪材の両側に固定される竪枠を備え、竪材は、鋼材からなり中空形状を有する長尺部材により形成され、躯体開口部に固定されているとともに、屋外側に向けて延びる連結部材が固定されており、左右の竪枠は、竪材の屋外側位置において連結部材の見込面に連結されているとともに、屋内...

    サッシ

  3. 【課題】本体ガラス窓の安全性を確保しつつ、機能性フィルムシートの各種機能及び用途をも十分に発揮し、窓への設置の作業性も格段に向上させ経済効率も格段に向上させることの可能な、調光、遮熱、断熱、紫外線UV遮蔽や、発熱、太陽光発電などの機能性に加えて特殊用途を兼ねたビジュアルスクリーン機能等複合機能を有するフィルム内窓を提供すること。【解決手段】複合機能を付与されたフィルム...

    複合機能フィルム内窓システム

  4. 【課題】建具の意匠性を向上することができる建具構造および建具の施工方法を提供する。【解決手段】縦枠材28と横枠材27とを枠組みした枠部2と、枠部2の内部に設けられるガラスパネル3(パネル体)と、を有し、横枠材27は、ガラスパネル3の上端部31または下端部32を固定する溝部4(パネル固定部)を有し、縦枠材28の側面28aは、平坦面であり、ガラスパネル3の側端部33が対向...

    建具構造および建具の施工方法

  5. 【課題】パッキン以外からの空気の漏れを低減させることにより、気密性能の計測精度を向上させることのできる、扉構造及び気密試験方法を提供する。【解決手段】扉構造1は、開口部2aの周囲に環状のパッキン2pが設けられ、扉本体20の周縁部にパッキン2pの全周と当接する環状の当接部28が設けられ、パッキン2pと当接部28との間に、パッキン2pに沿って環状の気密室Chが形成され、気...

    扉構造及び気密試験方法

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご ページ上部に戻る

その他の分野

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。