戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご に関する技術一覧

「戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご」に関する技術の関連情報です。 「戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご」 の関連技術、「建築物,乗り物,フエンスまたは類似の囲いにおける開口のための固定または可動閉鎖部材一般,例.戸,窓,ブラインド,門」「はしご」 など、その他「戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご」の分野ページはこちら

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしごに所属する技術動向

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしごの分野に属する技術の状況としては、2017年に1,233件、2018年に1,046件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしごの分野においては特に近年はしごの分野における動向が活発であり、他にもはしごといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては文化シヤッター株式会社やYKKAP株式会社、株式会社LIXILが豊富な実績を残しており、 株式会社LIXILなどは、 戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしごや建築物といった分野も含め、 三協立山株式会社やミサワホーム株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】エレベータホールの本来の大きさを確保できるようになるエレベータ用防災装置を提供すること。【解決手段】壁4の開口部6に設置されたエレベータ用扉7よりも手前側に、火災発生時に開口部6を閉鎖する防災用開閉手段となっているシャッターカーテン30が配置されているとともに、開口部6の内面に配設された開口部用外枠組み15の上部内面部材となっている上枠部材13の上方空間部Sに...

    エレベータ用防災装置

  2. 【課題】電動シャッターに於けるモーターの電流値或いは回転数を検出して障害物を検知する。【解決手段】障害物検知方法は、予めシャッター体1及び巻胴2の駆動系に障害物が存在しない状態で、シャッター体1を巻下限Sbから巻上限Saまで巻き上げる過程、シャッター体1を巻上限Saから巻下限Sbまで巻き下げる過程に於けるモーター4bの電流値又は回転数を測定し、この測定値に対応させて巻...

    電動シャッターに於ける障害物検知方法及び障害物検知装置

  3. 技術 開閉装置

    【課題】簡単な構成で、閉鎖シート体の側縁部の抜け出しを効果的に防止しつつ気密性を十分に確保できる開閉装置を提供する。【解決手段】耐火スクリーン装置1は被閉鎖部2の両側に位置するガイドレール3a,3bを備えこのガイドレール3a,3bは内部に長手方向に沿った収容部30およびこの収容部30と対向した係合部25を有する。耐火スクリーン装置1はガイドレール3a,3bに沿って移動...

    開閉装置

  4. 【課題】 芳香族ポリカーボネート樹脂よりなるシート状物と金属フレームが強固に結合しかつ耐湿熱性を有する窓構造体およびそのための窓部材を提供すること。【解決手段】 A:芳香族ポリカーボネート系樹脂よりなるシート状物(A)B:そのシート状物(A)の片面の周囲面に積層された枠部材(B)および、C:その枠部材(B)の表面に形成されたゴム質緩衝層(C)よりなるシート状窓部材...

    シート状窓部材および窓構造体

  5. 【課題】日除け部材の操作コードによる店頭等の事故を防止すること。【解決手段】ロールスクリーン、ブラインド、カーテン等の日除け部材を懸架する支持枠1を窓周面の壁面に配置し、支持枠1から垂下するこれらの日除け部材を左右または上下に開閉する垂れ下がっている操作コード5の伸長方向に急激な力が加わったときに分解する着脱可能な安全具6を操作コード5に配置してある構成で、この安全具...

    日除け部材の操作コード

新着の技術

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】予め下レール内に配置しておき、意匠性の高いサッシレスの戸材を着脱可能に載置することで、当該戸材をスライド移動させるための可動式セッティングブロックを提供する。【解決手段】本発明は、戸車がないサッシレスの戸材300を上下レールに嵌め込んだときに、前記戸材300を載せて前記上下レールに沿ってスライド移動させるための可動式セッティングブロック500であって、前記戸材...

    可動式セッティングブロック及びそれを用いたスライド式ドア

  2. 技術 開閉装置

    【課題】可動座板側からの押圧力により発電部が破損するのを防ぐ開閉装置を提供する。【解決手段】受信部により受信された信号に応じて開閉体本体11の動作を制御するようにした開閉装置において、発電送信ユニット50は、発電操作体52aが開閉体開放方向へ押し動かされることで発電を行う発電部52と、発電部52の発電電力により作動する無線送信回路と、開閉体開放方向へ移動した際の可動座...

    開閉装置

  3. 技術 建具

    【課題】戸を閉じる際には安全に閉じることができ、且つ確実に閉じ切ることができる建具を提供する。【解決手段】本発明にかかる建具1は、枠3と回転自在な戸5と気密材15と閉じ方向補助具7と閉じ切り補助具9とを備え、気密材15、閉じ方向補助具7及び閉じ切り補助具9は、枠3と戸5の間に配置してあり、気密材15は、戸5を閉じたときに気密を保持するものであり、閉じ方向補助具7は、戸...

    建具

  4. 【課題】建具枠の寸法基準と建物の寸法基準とが異なっている場合において、建物の外観品質を確保しつつ、建具枠と外壁材との間の水密性並びに気密性を確保することができる建具枠と外壁材とのシール構造を得る。【解決手段】建具枠60の縦壁部72Aと外壁材24の先細り部24Aとの間に双方から離間して縦壁部72A及び先細り部24Aに沿って延びる目地部88が配置されている。このため、縦壁...

    建具枠と外壁材とのシール構造

  5. 【課題】眺望を妨げる部材を極力少なくし、かつ、室内景観に優れたエアフロー構造を提案する。【解決手段】建物の外側に面する外側ガラス面体2と、外側ガラス面体2の室内側に形成された内側ガラス面体3と、外側ガラス面体2と内側ガラス面体3との隙間であるキャビティ空間4とを備えるエアフロー構造1である。内側ガラス面体3は、複数のガラス板31,35を板面同士が面一になるように並設す...

    エアフロー構造

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご ページ上部に戻る

その他の分野

戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしご』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。