このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品 に関する技術一覧

「このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品」に関する技術の関連情報です。 「このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品」 の関連技術、「安全装置」「開閉表示,開閉検知,発音,発光,発香装置」 など、その他「このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品」の分野ページはこちら

このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品に所属する技術動向

このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品の分野に属する技術の状況としては、2019年に11件、2020年に13件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品の分野においては特に近年縦方向と横方向の滑り棒,ロッドまたはケーブル間の運動を伝える手段の分野における動向が活発であり、他にも回転前にウィングをもち上げるためのものや 蝶番軸から離れた位置におかれ,ウィングの重みを軽減する装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはYKKAP株式会社や株式会社LIXIL、文化シヤッター株式会社が豊富な実績を残しており、 ホーチキ株式会社などは、 火災警報,爆発に応答する警報や警報状態の所在を中央局に通報する警報システム,例.火災または警察通信システムといった分野も含め、 株式会社サーキットデザインといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電池交換を不要にし、使用個数の低減を可能とし、施工を容易とする。【解決手段】開口の開口面に対して平行移動をすることによりその開口を開閉する引き戸が、開口を開閉する方向に平行移動をしたとき、引き戸の運動エネルギーを電気エネルギーに変換して発電をする発電部2と、この発電部2の発電による電力で充電されて蓄電する蓄電部3と、この蓄電部3に蓄電された電力による電圧レベル...

    開閉検知センサ

  2. 技術 遊技機

    【課題】 前扉を一旦開いたら、所定の操作を行わない限り扉が閉まらなくすることにより、店側に隠れて扉を開いての不正行為を行い難くして、不正行為の発生を抑制するとともに、業務の妨げにならない遊技機を提供すること。【解決手段】 筐体1の正面側又は前扉3の裏面側のいずれかに設けられた凹部を有する凹部部材と、前記前扉3の裏面側又は前記筐体1の正面側のいずれかに設けられ、前記...

    遊技機

  3. 【課題】安全性を向上したプラットホームドア装置を提供する。【解決手段】戸袋5内に設けたガイドレール9に懸架され、プラットホーム15の乗降位置に配設したドア3と、このドア3の戸袋5外にある側の側縁部に設けた接触式センサ20を含む挟み込み検知手段7,20と、戸袋5内に設けられてドア3を開閉する駆動手段11,13と、戸袋5内に設けられてドア3を閉扉状態にロックする手段10と...

    プラットホームドア装置

  4. 技術 開閉装置

    【課題】挟み込み時に物体に印加される荷重を低減できる開閉装置を提供すること。【解決手段】圧電センサ9と荷重の印加により変形し挟み込みによる衝撃荷重を吸収する荷重吸収手段10とをスライドドア2に設けたことにより、物体Mの挟み込み検出後にスライドドア2の重量による慣性力により暫時、スライドドア2が閉止方向に移動しても、荷重吸収手段10が変形して物体に印加される挟み込みの荷...

    開閉装置

  5. 【課題】この発明は、扉の開閉動作における回転エネルギーを電力として取り出して有効活用できる扉開閉装置を得る。【解決手段】一端を駆動軸4に固着された第1取付金具5が扉1に締着固定され、一端を駆動軸4に遊嵌状態に取り付けられた第2取付金具6が扉枠2に締着固定されて、扉1が扉枠2に扉蝶番3を介して開閉自在に取り付けられている。また、第1歯車7が駆動軸4に同軸に固着され、第2...

    扉開閉装置

新着の技術

このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】手動で開放する手動引戸の動作確認を自動で行うことを可能とする。【解決手段】手動開放される扉体(第1スライド扉1、第2スライド扉2)と、予め決められたタイミングで始動して、手動開放された扉体を自動で閉鎖させる自動閉鎖機構(自閉装置6、ワイヤW1)と、点検時に扉体を電動開放させる引戸開放装置9を備え、電動開放された扉体は、前記自動閉鎖機構によって自動閉鎖され、全閉...

    手動引戸の自動点検装置

  2. 【課題】手動で開放する手動引戸の動作確認を自動で行うことを可能とする。【解決手段】遠隔操作により作動可能な扉開放用モータが搭載されており、点検時に前記モータを作動させて扉体(第1スライド扉1、第2スライド扉2)を電動開放させる引戸開放装置9を備え、点検時に電動開放された扉体は、自動閉鎖機構(自閉装置6、ワイヤW1)によって自動閉鎖されるようになっており、扉体の電動開放...

    手動引戸の自動点検装置

  3. 【課題】居住者が外に閉め出されてしまうことを防止できる電動シャッターを提供すること。【解決手段】電動シャッターは、建付けられた掃き出し窓の前面部を遮蔽する電動シャッター部1と、掃き出し窓3が開いた状態かどうかを検出する検出部4と、電動シャッター部1を開閉させる命令を出力する操作部10と、検出部により掃き出し窓が開いた状態であることが検出された場合、操作部10から受け付...

    電動シャッター

  4. 【課題】ドアの開閉位置を固定することができるドア開閉制御システムを提供する。【解決手段】ドア開閉制御システム10は、ドア80の開閉に関する信号を取得する取得部31と、ドア80とドア枠82とを連結する連結部材を制動することにより、ドア80の開閉位置を固定する制動部と、取得部31によって取得された信号に基づいて、制動部を制御する制御部32とを備える。

    ドア開閉制御システム

  5. 【課題】他の安全スイッチにより検出される異常の有無を加味した異常の有無の表示精度を向上できる安全スイッチを提供する。【解決手段】安全スイッチ200は、異常の有無(例えばドアの開状態の検出)を検出する検出部212,280と、異常の有無の検出結果を示す異常検出信号を出力する出力部219と、表示制御信号を入力する入力部219と、前記表示制御信号に基づいて表示する表示部213...

    安全スイッチ及びスイッチシステム

このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品の詳細カテゴリ一覧

このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

このサブクラスの他のグループに分類されないウィング用の付属品 ページ上部に戻る