制動装置をもつ開閉器,例.チェック,空気圧または液圧制動装置の構造 に関する技術一覧

「制動装置をもつ開閉器,例.チェック,空気圧または液圧制動装置の構造」に関する技術の関連情報です。 「制動装置をもつ開閉器,例.チェック,空気圧または液圧制動装置の構造」 の関連技術、「構成部品,部品間の取付け」「開閉器本体の枠体への取付け,取付け調整」 など、その他「制動装置をもつ開閉器,例.チェック,空気圧または液圧制動装置の構造」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「制動装置をもつ開閉器,例.チェック,空気圧または液圧制動装置の構造」の分野ページはこちら

制動装置をもつ開閉器,例.チェック,空気圧または液圧制動装置の構造に所属する技術動向

制動装置をもつ開閉器,例.チェック,空気圧または液圧制動装置の構造の分野に属する技術の状況としては、2019年に24件、2020年に39件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、制動装置をもつ開閉器,例.チェック,空気圧または液圧制動装置の構造の分野においては特に近年音響機器用,映像機器用のものの分野における動向が活発であり、他にも反動ばねをもつものや その他のものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社ニフコや株式会社ムラコシ精工、リョービMHIグラフィックテクノロジー株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社ソミック石川などは、 ばね,振動減衰装置,緩衝装置,または減衰媒体として流体またはその均等物を用いる同様に組み立てられた運動減衰装置やピボット,枢着といった分野も含め、 不二精器株式会社や不二ラテックス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

制動装置をもつ開閉器,例.チェック,空気圧または液圧制動装置の構造』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】家具の可動部分の閉動作および/または引き込みのための装置において、閉じる際の騒音を生じることなく、閉動作プロセスをソフトにして、その寿命を長くすること。【解決手段】この家具の可動部分の閉動作および/または引き込みのための装置4は、閉動作ダンパー装置と組み合わされており、そのダンパー装置は流体ダンパーにより形成されている。この流体ダンパーは、回転ダンパー20か線...

    家具の可動部分の閉動作および/または引き込みのための装置

  2. 【課題】特に車椅子等の出入りが容易で、自動的に閉扉でき、開閉に要するスペースを最小にすることができる安価で、取付け容易な折畳み式回転扉を提供する。【解決手段】折畳み式回転扉3が、幅の狭い子扉4と、幅の広い親扉5との組合せからなり、子扉4は、その一側の上下端部が、扉枠体2に回転自在に支持され、親扉5は、その上縁の幅方向中央よりやや子扉4に近い個所が、扉枠体2に設けられた...

    折畳み式回転扉

  3. 【課題】 食器棚,本棚,陳列棚等の種々の収納家具における引戸において、特に引戸の戸閉側端部付近に近接させることで、その引戸を戸閉側端部に強制的に引き寄せるとともに、その戸閉終了間際における引戸の速度が適正に減速され良好な戸閉動作とすることができ、且つ開閉開始時における引戸の動作を安定させること。【解決手段】 ガイドレールの端部箇所に装着されたケーシングA内において...

    引戸の戸閉装置。

  4. 【課題】 引きバネのバネ力をバネ力伝達機構によって引戸に閉じ方向のスライドアシスト力として伝える構成において、バネ力伝達機構を構成する引戸側部材と戸枠側部材の上下位置関係を常に一定に保ち、所期のバネ力伝達作用を確保する。【解決手段】 ガイドレール3に設けた受け部材26と、引戸2側のスライド部材25とによってバネ力伝達機構を構成する。スライド部材25は、エアダンパー...

    引戸のスライドアシスト装置

  5. 【課題】引戸をゆっくりと閉止させるとともに、閉止に伴う閉止音を無くし、さらに反動によって再び引戸が開いてしまうのを防止する。【解決手段】引込み装置10は、引戸2に設けられた係合ピン9の進入案内溝11Aが開閉方向に沿って形成されたケース11と、該ケース11内に引戸2の開閉方向に沿ってスライド可能に設けられるとともに、ラックギア12dが形成されたスライダー12と、前記スラ...

    引戸又は引出しの引込み装置

新着の技術

制動装置をもつ開閉器,例.チェック,空気圧または液圧制動装置の構造』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術

    【課題】窓の障子に対して必要な開閉補助部品の固定を可能にしながら、窓の開口面積を比較的大きく保つ。【解決手段】横框と竪框を四周に組んでなる障子について、横框と竪框の一方が本体部の室内側内周及び室外側内周に中空形状のガラス間口壁が一体形成されており、他方が本体部の室内側内周及び室外側内周に押縁が係合されることでガラス間口が形成されており、室内側のガラス間口壁に障子の開閉...

    窓

  2. 【課題】 ドアパネルを引き下げる際にドアパネルの床面への衝撃による損傷や衝撃音を抑制するとともに、ドラムやシャフトの慣性力によるワイヤのたるみを防止することができるオーバーヘッドドアのための衝撃緩和機構を提供する。【解決手段】 衝撃緩和装置50は、ドアパネルとそれを移動可能に支持するガイドレールと前記ドアパネルを引き上げるワイヤ3と、ワイヤ3を巻き上げるワイヤドラ...

    オーバーヘッドドアに取り付けられる衝撃緩和装置及びそれを備えたオーバーヘッドドア

  3. 【課題】ドアの開閉位置を固定することができるドア開閉制御システムを提供する。【解決手段】ドア開閉制御システム10は、ドア80の開閉に関する信号を取得する取得部31と、ドア80とドア枠82とを連結する連結部材を制動することにより、ドア80の開閉位置を固定する制動部と、取得部31によって取得された信号に基づいて、制動部を制御する制御部32とを備える。

    ドア開閉制御システム

  4. 【課題・解決手段】減衰ヒンジアセンブリは、雄リーフおよび雌リーフを有する。雌リーフは、それらの間の雄リーフの中央バレルに対して同軸回転する離隔した第1および第2の端部バレルを有する。軸方向シャフトは、軸方向シャフトの近位端で雌リーフの第2の端部バレルに固定される。軸方向シャフトは、らせん状にねじ切りされた遠位スピンドルを有する。スピンドルのらせん状ねじ山と一致するらせ...

    減衰ヒンジアセンブリ

  5. 【課題・解決手段】家具等に扉(A)を取り付けるためのヒンジ(10)であって、ヒンジは、ヒンジアーム(11)と、複数の可動の接続レバー(16、18、20、23)及び7つの関節軸(17、19、21、22、24、25、26)を含む関節システム(15)によってヒンジアームに接続されたボックス(14)と、ヒンジの閉止方向に作用するばね手段(27)と、長手方向軸(l)に従って直線...

    家具用の減衰ヒンジ

制動装置をもつ開閉器,例.チェック,空気圧または液圧制動装置の構造 ページ上部に戻る