同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置 に関する技術一覧

「同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置」に関する技術の関連情報です。 「同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置」 の関連技術、「ウイング間を関連づけたもの,例.あるウイングを動かすことにより,他のウイングを動かすもの」「コ−ド,鎖,ケ−ブル等によるもの」 など、その他「同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置」の分野ページはこちら

同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置に所属する技術動向

同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置の分野に属する技術の状況としては、2019年に7件、2020年に16件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置の分野においては特に近年その他のものの分野における動向が活発であり、他にも棒体によるものや コ−ド,鎖,ケ−ブル等によるものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては文化シヤッター株式会社や株式会社ベスト、アトムリビンテック株式会社が豊富な実績を残しており、 アトムリビンテック株式会社などは、 ウィング用の支持装置や制動装置,例.チェック,停止具,緩衝器といった分野も含め、 株式会社小林製作所や磯川産業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】複数枚の防水扉10、10…を組み合わせ、軽快な起倒動作を実現する。【解決手段】複数枚の防水扉10、10…を並設し、左右に隣接する防水扉10、10間の隙間Sをシールするシール機構を矢印d、dの位置に設ける。通路幅が大きくても、各防水扉10を順に個別に起倒することにより、起倒操作を容易にすることができる。

    防水扉のシール機構と、それを使用する防水扉装置

  2. 技術 建具

    【課題】 連動機構の構造が簡単化でき、部品点数が削減できて低コスト化を促進させることが可能で、連動動作を安定させることができ、操作性にも優れた建具を提供すること。【解決手段】障子10Bにおける縦框(召合せ框)13の摺動部材18にローラー18Dが設けられ、このローラー18Dが障子10Aの少なくとも上框11と上枠3の上レール3Bとに当接して転動することで、2枚の障子...

    建具

  3. 【課題】開口幅を大きくとることができる上に開閉操作を簡単とする。【解決手段】平行並列に配される3枚の戸1a,1b,1cと、これらの戸が配されるとともに少なくとも隣接する2枚の戸をスライド自在に支持する開口枠2とからなる。3枚の戸のうちの中央の戸1bは両側端部にプーリ31,31を備えるとともに該プーリに架け渡された無端材32を備える。無端材に固定された2つの連結部4,4...

    三連式引戸

  4. 【課題】前後の扉の走行を安定させるとともに、その取付け作業を容易とする他、前方の前扉を後方の後扉内に収納可能に構成した2重の引戸装置扉を提供すること。【解決手段】前方の前扉2aを後方の後扉2b内に収納可能に構成した2重の引戸装置扉1において、一方の扉は上面又は下面に受け入れ用切り欠き部mを、他方の扉には両側面上部又は両側面下部に進入用切り欠き部nを設ける。

    引戸装置及びその組立方法

  5. 【課題】 建築物のアルミサッシにおいて、ガラス窓破りの盗難を防ぐため、あるいは換気のために、アルミサッシを少し開いたまま鍵を掛けることが出来る鍵機能付アルミサッシを提供する。【解決手段】クレセント錠付引き違いガラス窓のアルミサッシの下枠に窓が開かない位置、あるいは換気をしながら鍵を掛けられる位置に長方体の凹部を並列に少し離して2個設け、凹部の下辺にちょうつがいを介し...

    鍵機能付きアルミサッシ

新着の技術

同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 自動ドア

    【課題】 安全性を向上することができる自動ドアを提供する。【解決手段】 自動ドア10は、開口部10aが最大限に大きくなった場合の開口部10aに相当する範囲である最大開口範囲10b内において最も長い距離を移動するドア11と、ドア11と同一の方向に移動させられて、ドア11とともに開口部10aを形成するとともに、最大開口範囲10b内においてドア11の戸尻11aを挟むドア...

    自動ドア

  2. 【課題】扉が全閉位置と全開位置との間に位置するときに扉の開閉動作の異常を判定可能としたドア装置、判定装置、判定方法、及び判定プログラムを提供する。【解決手段】ホームドア装置10は、駆動装置22によって開閉駆動される親扉30と子扉40とを含む多重扉11の子扉40の所定部が全開位置と全閉位置との間の第1位置を通過することを検知する子扉検知部27と、所定部が第1位置と、多重...

    ドア装置、判定装置、判定方法、及び判定プログラム

  3. 【課題】一方の扉に取り付けた固定具に対して、他方の扉に取り付けた被固定具を当該扉の移動方向に平行であればどちらの方向からであっても結合させることのできる扉用の固定構造およびこれを含む扉装置を提供する。【解決手段】嵌入突部が突設された被固定具に結合される固定具に、前記被固定具の前記嵌入突部が嵌入する嵌入凹所と、前記第1の扉の移動方向に沿って前記嵌入凹所を中心として両側に...

    扉用の固定構造、およびこれを含む扉装置

  4. 【課題】指が挟まれることを防止できる多連式引戸を提供すること。【解決手段】多連式引戸1Aは、見付方向に移動可能な第1戸体5と、少なくとも一部が第1戸体5の見込方向の一方側に重なって配置され第1戸体5の移動に連動して見付方向に移動可能な第2戸体4と、を有し、第2戸体4は、見付方向の一端側に配置される第2戸体一端側連動部材45であって見込方向に見た場合に第1戸体5と第2戸...

    多連式引戸

  5. 【課題】吊り戸10の連動が円滑であるとともに、その戸枠11を細くする。【解決手段】壁W面の開口上部に並列した各レール20に吊り戸10を吊り下げ、並列方向で隣接する各吊り戸の間に移動可能に設けた連走金具30を介して両吊り戸が連動して移動する複連式吊り戸である。連走金具は、隣接する両吊り戸の下部に位置する平板片31、32と、両平板片を連結する平板状連結片33と、両平板片か...

    複連式吊り戸における吊り戸の連結構造

同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置の詳細カテゴリ一覧

同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

同時に操作される多数のウイングを移動させるための特殊装置 ページ上部に戻る