ウィング用動力操作機構 に関する技術一覧

「ウィング用動力操作機構」に関する技術の関連情報です。 「ウィング用動力操作機構」 の関連技術、「圧力媒体をもつもの」「回転電動機をもつもの」 など、その他「ウィング用動力操作機構」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ウィング用動力操作機構」の分野ページはこちら

ウィング用動力操作機構に所属する技術動向

ウィング用動力操作機構の分野に属する技術の状況としては、2014年に36件、2015年に28件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ウィング用動力操作機構の分野においては特に近年その他の電動手段をもつもの,例.ソレノイドの分野における動向が活発であり、他にも圧力媒体をもつものや 自動操作手段により制御されるもの,例.光電管,電波,サーモスタット,雨,火炎によるものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはアイシン精機株式会社や文化シヤッター株式会社、株式会社ミツバが豊富な実績を残しており、 日産自動車株式会社などは、 回転運動を伝達するための変速あるいは逆転伝動装置の制御機能「5」や電極といった分野も含め、 三井金属アクト株式会社や株式会社城南製作所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ウィング用動力操作機構』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】車両のドアを開ける際にドアの外にある障害物にドアが接触しないようにドアの開放操作を支援する。【解決手段】車両の前後の左右側面に設置した距離センサ21を用いて自車両の左右にある隣接車両や壁などの障害物までの距離や傾きなどを計測する。ドアの長さと隣接車両までの距離などからドアを開放することのできる開放可能角度を計算する。そして、ドアセンサ22によって、現在のドアの...

    車両ドア開放支援装置

  2. 【課題】フォルダーの位置を制御して駆動装置の不安定と負荷に伴う位相差を補正して常に安定した位置でフォルダーを開閉させる。【解決手段】フォルダー開閉型携帯電話機でフォルダーに設けられて駆動力を発生する駆動手段を具備した回動部と、本体に連結されて、回動部の両側で回転可能に支持する固定部と、駆動手段と固定部とに各々一端が連結する一対の部材で互いに対向する方向で選択的に結合さ...

    携帯電話機のフォルダー駆動装置及びそのフォルダー駆動方法

  3. 【課題】従来のこの種の挟み込み防止装置は挟み込み時のモータ電流変化が小さいため挟み込みの検出精度が悪かったり、雨や洗車等により導電体がぬれてしまうと誤検知してしまったり、経年変化により感圧スイッチの接点が劣化して接触不良になったりするといった課題があった。【解決手段】窓や扉といった開閉部の枠部6周縁に圧電センサ8を装着し、前記圧電センサ8から出力される信号に基づき前記...

    挟み込み防止装置

  4. 【課題】 小型化を図り易い構造を有する開閉体の駆動装置を提供すること。【解決手段】 ハウジング5と、ハウジング5に回転シャフトSを介して回転自在に支持され、スライドドア1に駆動力を伝達するケーブル31が外周面8aに係止される略円筒状の出力ドラム8と、駆動源からの駆動力が減速機構6を介して入力されると共に、駆動力が出力ドラム8に伝達される接続状態と駆動力が出力ドラム8に...

    開閉体の駆動装置

  5. 【課題】開閉体の動作に関する信頼性を向上する開閉体の制御装置を提供する。【解決手段】開閉体につき、開放方向または閉鎖方向のうち少なくとも一方向の動作を制御して所定の制御動作を実行する開閉体の制御装置において、前記開閉体の特性に応じて変化する正常な負荷の変動許容範囲につき、その上限または下限の少なくとも一方を学習する変動許容範囲学習手段と、実際の負荷が当該変動許容範囲を...

    開閉体の制御装置

新着の技術

ウィング用動力操作機構』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】異物の挟み込みを抑えつつ巻き込まれた異物の解放を行うことができる車両窓開閉装置を提供する。【解決手段】制御回路は、巻き込み検出後において、ウインドガラスの開口量が制限閾値N未満の場合にはウインドガラスの開口量が制限閾値N以上の場合と比較してウインドガラスの閉作動における作動量を制限する寸動モードで作動させる。

    車両窓開閉装置

  2. 【課題】製造コストの増大を抑制しつつ、操作性を向上させることができる車両用ドアガラス開閉装置を提供する。【解決手段】車両用ドアガラス開閉装置100は、ドアサッシ11に対してドアガラス10を昇降(開閉)動作させる昇降機構としてのウィンドレギュレータ2と、ドアガラス10の上端面10aに配置され、ドアガラス10の上端面10aの長手方向(車両前後方向)に沿って延在する接触セン...

    車両用ドアガラス開閉装置

  3. 【課題】安全柵として懸架されたロープの張力の変化を検出して当該張力を適正値に自動的に調整するようにしたロープ式ホーム安全柵を提供する。【解決手段】このロープ式ホーム安全柵は、駅ホーム12のホーム縁に沿って架け渡された少なくとも1本のロープ13の張力を自動的に調整する張力調整装置を備える。張力調整装置は、張力センサ31とロープ巻取機構32とアクチュエータ33と制御部34...

    ロープ式ホーム安全柵

  4. 技術 ホーム柵

    【課題】遮断部を上下させて開閉する昇降式のホーム柵において、簡易な構造とすること。また、遮断部の間に人の手や荷物が挟まることのない低コストで安全性に優れ、且つ支柱部の高さを抑制できる昇降式ホーム柵を提供すること。【解決手段】右支柱部17は基部172内で上下移動自在な内挿部176を備えた伸縮式である。内挿部176の内部空間には、昇降機構部20として、一端側が駆動プーリ2...

    ホーム柵

  5. 技術 ホーム柵

    【課題】3つ以上の遮断部を上下させて開閉する昇降式のホーム柵において、簡易な構造とすること。また、遮断部の間に人の手や荷物が挟まることのない低コストで安全性に優れた昇降式ホーム柵を提供すること。【解決手段】第1遮断棒11は、上下移動自在な第1直動機構30を介して主移動プーリ26(動滑車)に接続される。第3遮断棒13は、上下方向に折り返し配置された主ベルト21のうち、主...

    ホーム柵

ウィング用動力操作機構の詳細カテゴリ一覧

ウィング用動力操作機構の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

ウィング用動力操作機構 ページ上部に戻る