固定具を共に操作するものも含む,ウィング操作のための手動機構 に関する技術一覧

「固定具を共に操作するものも含む,ウィング操作のための手動機構」に関する技術の関連情報です。 「固定具を共に操作するものも含む,ウィング操作のための手動機構」 の関連技術、「ウィング用一般,例.明り取り窓」「壁を貫通するように特別に設計されたもの」 など、その他「固定具を共に操作するものも含む,ウィング操作のための手動機構」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「固定具を共に操作するものも含む,ウィング操作のための手動機構」の分野ページはこちら

固定具を共に操作するものも含む,ウィング操作のための手動機構に所属する技術動向

固定具を共に操作するものも含む,ウィング操作のための手動機構の分野に属する技術の状況としては、2018年に50件、2019年に70件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、固定具を共に操作するものも含む,ウィング操作のための手動機構の分野においては特に近年壁を貫通するように特別に設計されたものの分野における動向が活発であり、他にもすべり窓用のもの,例.水平に開閉する車両窓用のものや ドア用のものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはシロキ工業株式会社やアイシン精機株式会社、株式会社ハイレックスコーポレーションが豊富な実績を残しており、 日産自動車株式会社などは、 回転運動を伝達するための変速あるいは逆転伝動装置の制御機能「5」や電極といった分野も含め、 三井金属アクト株式会社や株式会社城南製作所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

固定具を共に操作するものも含む,ウィング操作のための手動機構』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】バックドア開閉時の使い勝手を向上させる。【解決手段】車体とバックドアとの間にワイヤWが架け渡される。車体側にはワイヤWを巻き取るための巻き取りドラム10が設けられ、さらにこの巻き取りドラム10にはワイヤWを巻き取る方向へ付勢するスパイラルスプリング40が組み付けられている。巻き取りドラム10とこのドラムを回転駆動させるための電動モータ12との間には電磁クラッチ...

    車両用バックドアの開閉装置

  2. 【課題】特に開き戸や折戸に適し、目立たなく設置したい場合にも対応可能な戸体移動装置の提供。【解決手段】戸体11に、アーム21、付勢手段、緩衝手段を備えた装置本体2aが設けられ、戸枠12に、アーム21の固定部21bを不動とでき、半開状態から、閉鎖状態あるいは全開状態に至る戸体11の移動方向を基準とした前方側に位置する第1当接部251と、同後方側に位置する第2当接部252...

    戸体移動装置

  3. 【課題】部品点数が少なく、製造工数を低減した車両用開閉体の開閉装置を提供する。【解決手段】車体1に設けられた開口の縁部に一端を枢支されてなる開閉体3を駆動ユニットUで揺動開閉させる車両用開閉体の開閉装置8において、駆動ユニットUは、正逆回転するモータと、該モータの回転を減速しピニオン13の回転として出力する減速機構11と、歯部14aによりピニオン13に噛み合い移動可能...

    車両用開閉体の開閉装置

  4. 【目的】駆動ワイヤと窓ガラス側との組立作業性に優れたワイヤ式ウィンドレギュレータを得る。【構成】窓ガラスを昇降させる駆動ワイヤの上下方向部分にワイヤエンドを設け、このワイヤエンドを、中心部の固定穴を有する環状部と、内部に駆動ワイヤを有しこの環状部を中心に上下に延びるワイヤ繰出保持部とを有する、上下のワイヤ繰出保持部に関し前後左右対称な形状に形成し、この固定穴を介して、...

    ワイヤ式ウィンドレギュレータ

  5. 【課題】扉をガタツキなく良好な閉鎖状態とすると共に、良好に開閉動作させることができる上下スライド式のアーム式ヒンジを提供する。【解決手段】収納部1に対し扉2を上下に平行移動させて開閉・支持するアーム式ヒンジである。収納部1に固定ベース3が固定され、扉2に扉ベース3が固定され、第一アーム5の両端と第二アーム6の両端が略平行な状態で、固定ベース3の上部と下部及び扉ベース4...

    アーム式ヒンジ

新着の技術

固定具を共に操作するものも含む,ウィング操作のための手動機構』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】パワースライドウィンドウにおいて、組付精度に関わらず、閉状態におけるスライドパネルとウィンドウガラスとの段差を小さくする。スライダ20に形成されて少なくとも1つのピン16に係合する少なくとも1つのピン駆動溝30は、ウィンドウガラス2のパネル面2bに交差し且つピンガイド溝26の溝主部26aの延在方向に傾斜する方向に延在する。スライダ20の閉位置側への移...

    パワースライドウィンドウ

  2. 【課題・解決手段】パワースライドウィンドウにおいて、ガイドレールのパネル面からの突出寸法を小さくする。ガイドレール4は、パネル面2bに沿って延在する溝主部26aと、スライドパネル3を閉位置の近傍に達した時にピン16を介してウィンドウガラス2に近接する向きに駆動する少なくとも1つの溝延出部26bとを有するピンガイド溝26を画定する。開閉方向にスライド駆動されるスライダ2...

    パワースライドウィンドウ

  3. 技術 移動装置

    【課題】容易にケーブルをキャリアプレートに取り付け可能な移動装置を提供すること【解決手段】移動装置10のキャリアプレート20では、第1ケーブルエンド収納部23と第2ケーブルエンド収納部24は、各々においてケーブルエンド41a、42aが厚み方向Zに位置調節可能な収納空間23a、24aを形成する。第1ケーブル41と第2ケーブル42とは、キャリアプレート20からそれぞれ反対...

    移動装置

  4. 【課題・解決手段】窓開口を形成するドアサッシュのうちウインドガラスの前後縁の一方に沿うサッシュ部材に沿って、駆動源の駆動力によってウインドガラスを昇降動作させる車両ドアのガラス昇降装置であって、サッシュ部材に設けたガイドレールと、ウインドガラスに固定されるガラス支持部とガイドレールに対して昇降方向に移動可能に案内される摺動部とを有するスライダと、駆動源の駆動力を伝達す...

    車両ドアのガラス昇降装置、ドアフレームアッセンブリ、車両ドアの開閉体駆動装置及び車両ドアの開閉体駆動装置の組立方法

  5. 【課題】コーナー部及びその付近においてもシール部材の封止性能を維持することが可能となる車両の開閉構造を提供する。【解決手段】車両の開閉構造100は、車両に設けられた開口2aを挟んで延在するように配置された一対のガイドレールと、開口2aをガイドレールに沿って開閉するバックドア7と、開口2aの周囲に全周にわたって車体2に取り付けられるシール部材10と、を備える。シール部材...

    車両の開閉構造

固定具を共に操作するものも含む,ウィング操作のための手動機構 ページ上部に戻る