このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器 に関する技術一覧

「このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器」に関する技術の関連情報です。 「このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器」 の関連技術、「磁石によるもの」「その他のもの」 など、その他「このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器」の分野ページはこちら

このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器に所属する技術動向

このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器の分野に属する技術の状況としては、2019年に57件、2020年に50件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器の分野においては特に近年磁石によるものの分野における動向が活発であり、他にもその他のものや 重力操作のものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社ニフコやユリウスブルムゲーエムベーハー、スガツネ工業株式会社が豊富な実績を残しており、 アトムリビンテック株式会社などは、 ウィング用の支持装置や制動装置,例.チェック,停止具,緩衝器といった分野も含め、 磯川産業株式会社や株式会社小林製作所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】家具の可動部分の閉動作および/または引き込みのための装置において、閉じる際の騒音を生じることなく、閉動作プロセスをソフトにして、その寿命を長くすること。【解決手段】この家具の可動部分の閉動作および/または引き込みのための装置4は、閉動作ダンパー装置と組み合わされており、そのダンパー装置は流体ダンパーにより形成されている。この流体ダンパーは、回転ダンパー20か線...

    家具の可動部分の閉動作および/または引き込みのための装置

  2. 【課題】特に開き戸や折戸に適し、目立たなく設置したい場合にも対応可能な戸体移動装置の提供。【解決手段】戸体11に、アーム21、付勢手段、緩衝手段を備えた装置本体2aが設けられ、戸枠12に、アーム21の固定部21bを不動とでき、半開状態から、閉鎖状態あるいは全開状態に至る戸体11の移動方向を基準とした前方側に位置する第1当接部251と、同後方側に位置する第2当接部252...

    戸体移動装置

  3. 【課題】 携帯製品等に備えられる開閉機構について、その組立性やさらには操作性を向上したものを提供するとともに、このような組立性等が向上した開閉機構を備えた携帯製品を提供する。【解決手段】 機能部材4、5を収納する収納部14を有した機器本体2の、収納部14の開口側を開閉可能に覆う開閉カバー3を備えた開閉機構である。開閉カバー3には軸受部25が設けられ、軸受部25には...

    開閉機構および携帯製品

  4. 【課題】特に車椅子等の出入りが容易で、自動的に閉扉でき、開閉に要するスペースを最小にすることができる安価で、取付け容易な折畳み式回転扉を提供する。【解決手段】折畳み式回転扉3が、幅の狭い子扉4と、幅の広い親扉5との組合せからなり、子扉4は、その一側の上下端部が、扉枠体2に回転自在に支持され、親扉5は、その上縁の幅方向中央よりやや子扉4に近い個所が、扉枠体2に設けられた...

    折畳み式回転扉

  5. 【課題】 食器棚,本棚,陳列棚等の種々の収納家具における引戸において、特に引戸の戸閉側端部付近に近接させることで、その引戸を戸閉側端部に強制的に引き寄せるとともに、その戸閉終了間際における引戸の速度が適正に減速され良好な戸閉動作とすることができ、且つ開閉開始時における引戸の動作を安定させること。【解決手段】 ガイドレールの端部箇所に装着されたケーシングA内において...

    引戸の戸閉装置。

新着の技術

このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】手動で開放する手動引戸の動作確認を自動で行うことを可能とする。【解決手段】手動開放される扉体(第1スライド扉1、第2スライド扉2)と、予め決められたタイミングで始動して、手動開放された扉体を自動で閉鎖させる自動閉鎖機構(自閉装置6、ワイヤW1)と、点検時に扉体を電動開放させる引戸開放装置9を備え、電動開放された扉体は、前記自動閉鎖機構によって自動閉鎖され、全閉...

    手動引戸の自動点検装置

  2. 【課題】手動で開放する手動引戸の動作確認を自動で行うことを可能とする。【解決手段】遠隔操作により作動可能な扉開放用モータが搭載されており、点検時に前記モータを作動させて扉体(第1スライド扉1、第2スライド扉2)を電動開放させる引戸開放装置9を備え、点検時に電動開放された扉体は、自動閉鎖機構(自閉装置6、ワイヤW1)によって自動閉鎖されるようになっており、扉体の電動開放...

    手動引戸の自動点検装置

  3. 【課題】厚み方向に接触したバネ本体同士が別個に不規則に振動して互いに干渉することを抑制し、バネ本体の損傷を抑えて、従来よりも定荷重バネユニットの耐久性を向上させたマルチバネシステムを提供する。【解決手段】本発明のマルチバネシステムは、第1部材に取り付けられるブラケットと、前記ブラケットに保持される複数の定荷重バネユニットとを備える。前記定荷重バネユニットのそれぞれは、...

    マルチバネシステム

  4. 【課題】バネによる引込力によってダンパによる制動力が阻害されにくい、引き戸の制動装置を提供する。【解決手段】引き戸の制動装置2は、;戸枠10は、バネトリガ32及びダンパトリガ31を備え;戸板11は、係止溝40bが設けられたケーシング40と、ケーシングの長手方向に沿ってそれぞれ移動する一対のバネスライダ51、52と、一対のバネスライダ51、52間に架け渡されたバネ53と...

    引き戸の制動装置

  5. 【課題】 ドアパネルを引き下げる際にドアパネルの床面への衝撃による損傷や衝撃音を抑制するとともに、ドラムやシャフトの慣性力によるワイヤのたるみを防止することができるオーバーヘッドドアのための衝撃緩和機構を提供する。【解決手段】 衝撃緩和装置50は、ドアパネルとそれを移動可能に支持するガイドレールと前記ドアパネルを引き上げるワイヤ3と、ワイヤ3を巻き上げるワイヤドラ...

    オーバーヘッドドアに取り付けられる衝撃緩和装置及びそれを備えたオーバーヘッドドア

このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器の詳細カテゴリ一覧

このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

このサブクラスの中で他に分類されないウィング用開閉器 ページ上部に戻る