ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの に関する技術一覧

「ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの」に関する技術の関連情報です。 「ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの」 の関連技術、「建材の有機的要素に特徴のあるもの」「建材の無機的要素に特徴のあるもの」 など、その他「ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの」の分野ページはこちら

ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するものに所属する技術動向

ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するものの分野に属する技術の状況としては、2018年に197件、2019年に194件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するものの分野においては特に近年建材の有機的要素に特徴のあるものの分野における動向が活発であり、他にも建材の無機的要素に特徴のあるものや 建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはアイシン精機株式会社や文化シヤッター株式会社、シロキ工業株式会社が豊富な実績を残しており、 日産自動車株式会社などは、 伝動装置や他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品といった分野も含め、 三井金属アクト株式会社や株式会社ニフコといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】車両のドアを開ける際にドアの外にある障害物にドアが接触しないようにドアの開放操作を支援する。【解決手段】車両の前後の左右側面に設置した距離センサ21を用いて自車両の左右にある隣接車両や壁などの障害物までの距離や傾きなどを計測する。ドアの長さと隣接車両までの距離などからドアを開放することのできる開放可能角度を計算する。そして、ドアセンサ22によって、現在のドアの...

    車両ドア開放支援装置

  2. 【課題】フォルダーの位置を制御して駆動装置の不安定と負荷に伴う位相差を補正して常に安定した位置でフォルダーを開閉させる。【解決手段】フォルダー開閉型携帯電話機でフォルダーに設けられて駆動力を発生する駆動手段を具備した回動部と、本体に連結されて、回動部の両側で回転可能に支持する固定部と、駆動手段と固定部とに各々一端が連結する一対の部材で互いに対向する方向で選択的に結合さ...

    携帯電話機のフォルダー駆動装置及びそのフォルダー駆動方法

  3. 【課題】電池交換を不要にし、使用個数の低減を可能とし、施工を容易とする。【解決手段】開口の開口面に対して平行移動をすることによりその開口を開閉する引き戸が、開口を開閉する方向に平行移動をしたとき、引き戸の運動エネルギーを電気エネルギーに変換して発電をする発電部2と、この発電部2の発電による電力で充電されて蓄電する蓄電部3と、この蓄電部3に蓄電された電力による電圧レベル...

    開閉検知センサ

  4. 【課題】従来のこの種の挟み込み防止装置は挟み込み時のモータ電流変化が小さいため挟み込みの検出精度が悪かったり、雨や洗車等により導電体がぬれてしまうと誤検知してしまったり、経年変化により感圧スイッチの接点が劣化して接触不良になったりするといった課題があった。【解決手段】窓や扉といった開閉部の枠部6周縁に圧電センサ8を装着し、前記圧電センサ8から出力される信号に基づき前記...

    挟み込み防止装置

  5. 【課題】 小型化を図り易い構造を有する開閉体の駆動装置を提供すること。【解決手段】 ハウジング5と、ハウジング5に回転シャフトSを介して回転自在に支持され、スライドドア1に駆動力を伝達するケーブル31が外周面8aに係止される略円筒状の出力ドラム8と、駆動源からの駆動力が減速機構6を介して入力されると共に、駆動力が出力ドラム8に伝達される接続状態と駆動力が出力ドラム8に...

    開閉体の駆動装置

新着の技術

ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】課題は如何にしてドアを開くときに重たく感じられないようにして、部屋からの出入りを快適するかであり、如何にしてドアクローザを小型化し目に見えないところに収容して安全快適な住環境を獲得するかである。【解決手段】付勢バネに付勢されて閉止方向に回転するドアの所定の開度で、摩擦抵抗による減速装置が働いてドアを減速し、ドアが停止した後に摩擦抵抗を取り除いてドアが再び動き出...

    減速装置とそれを解除する解除装置を備えるドアクローザ。

  2. 【課題】車両用開閉装置において防水性及び防塵性を向上させる。【解決手段】スライドドアに設けられた駆動装置17と、駆動装置17に設けられ、かつスライドドアを移動させるケーブルが巻き掛けられたドラム17bと、駆動装置17を支持し、かつスライドドアに固定されるブラケット32と、ブラケット32と嵌合し、かつ上記ケーブルが内部に挿通されたケーブルカバー31と、を有する。上記スラ...

    車両用開閉装置

  3. 【課題】扉を閉める際に手指が押圧され難いアウトセットタイプの扉ユニットを提供する。【解決手段】幅方向における一端側の部位がピボットヒンジにより回動自在に支持されており、壁に設けられた開口を見込み方向における一方側から覆うことが可能な扉と、前記ピボットヒンジが取り付けられ、前記開口の縁部にて躯体に固定される縦枠と、を有し、前記ピボットヒンジの回動軸は、前記縦枠と見込み方...

    扉ユニット

  4. 【課題】開口部に配置した3連戸が、全開口にわたって開閉する場合には効率的に開閉動作し、小開度に開口させる場合に少ない開閉扉力で開閉動作できる片引き三連吊戸システムを提供する。【解決手段】開口部1を閉じる位置と戸袋4に収まる位置とにわたって開閉移動する片引き三連吊戸3と、建具の見込み方向において隣合う戸先側の第1戸31と中間の第2戸32とを連動し、第1戸31の移動に伴っ...

    片引き三連吊戸システム

  5. 【課題・解決手段】本発明の保護対象は、前記開放要素の内側に設けられるモジュール(510)を含む、ドアまたは窓(21,22)のような開放要素のための開放検知装置において、モジュールは、前記開放要素の動きを検知する手段(511,520,521)と、開放要素の第1の側で開放要素を開放する機構(23,24)を操作者が操作する操作距離を包含するいわゆる確信境界を規定する円錐ビー...

    正当入居者と侵入者とを区別する警報装置

ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するものの詳細カテゴリ一覧

ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するものの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの ページ上部に戻る

その他の分野

ウィングを開閉位置へ動かす手段,ウィング用チェック,他類に属さないウィング部品であってウィングの機能に関するもの』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。