特に二個のウィングに適用される固定装置 に関する技術一覧

「特に二個のウィングに適用される固定装置」に関する技術の関連情報です。 「特に二個のウィングに適用される固定装置」 の関連技術、「閉じたとき一方が他の後に来るウィング用」「閉じたとき互いに接するウィング用」 など、その他「特に二個のウィングに適用される固定装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「特に二個のウィングに適用される固定装置」の分野ページはこちら

特に二個のウィングに適用される固定装置に所属する技術動向

特に二個のウィングに適用される固定装置の分野に属する技術の状況としては、2018年に3件、2019年に2件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、特に二個のウィングに適用される固定装置の分野においては特に近年閉じたとき一方が他の後に来るウィング用の分野における動向が活発であり、他にも閉じたとき一方が他の後に来るウィング用といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社豊田自動織機やYKKAP株式会社、NECプラットフォームズ株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社LIXILなどは、 手洗所用の衛生器具またはその他の付属品や壁,床,または天井内の開口の縁構造,このような開口にしっかりとすえつけられる枠といった分野も含め、 株式会社アルファや株式会社ユーシンといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

特に二個のウィングに適用される固定装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】上下分割した2枚扉で防犯性を低下させることなく、かつ防犯性を考慮し、上下搭載物の操作を行う場合に2枚の扉を開く必要がなく、操作性を向上させる。【解決手段】現金自動取引装置のような後面機筐体で、制御部等を搭載する上部筐体1と、現金部を搭載する下部筐体2からなり、上扉1の開閉操作では上扉1しか開閉施錠できず、下扉2の開閉操作で上扉1のロック機構を上に押し上げて上部...

    上下分割扉構造

  2. 【課題】引き違い戸に簡単に取り付けることができ、かつ窓ガラスを破って侵入する窃盗犯に対しても有効な引き違い戸用ロック装置を提供する。【解決手段】取り付け手段13により引き違い戸1の召し合わせ部近傍に取り付け自在なロック装置本体7及びロック部材8と、ロック装置本体7に設けられ、かつ駆動手段9によりロック部材8側へ出没されて、ロック部材8との間で引き違い戸1を施錠及び解錠...

    引き違い戸用ロック装置

  3. 【課題】屋外からの侵入者等が窓部の引き違い戸を開けようとするときに、警報音を発して侵入者等を知らせることができると共に、引き違い戸をそれ以上開けることを阻止し、侵入者等の侵入を防止することができるという機能を同時に達成できる引き違い戸を提供する。【解決手段】取付板1aに規制片1bを起立自在に重合させてなる補助錠1を、一方の引き違い戸3に固着するとともに、この補助錠1の...

    引き違い戸防犯システム

  4. 【課題】副扉には開閉軸、リンク機構を設けず、構成を簡単にして安価にし、副扉のロック操作忘れを防止し、防爆性能を維持する。【解決手段】開閉軸4及びロック機構を設けた主扉2に対し、副扉3に、上・下副ロック棒13にそれぞれ固着され、副扉3のロック状態から回転した後の上下動により、両副ロック棒13を上下動して両副係止孔16から両副ロック棒13を離脱し副扉3をロック状態からロッ...

    扉開閉装置

  5. 【課題】 扉開放防止という本来の目的を確実に達成できる扉開放防止具を得る。また、該の目的に加えて操作性にも優れる扉開放防止具を得る。【解決手段】 両開き戸の一方の扉に装着される第1ホルダ1と、両開き戸の他方の扉に装着される第2ホルダ101とを備え、第1ホルダ1に設けられた第1係止手段3を第2ホルダ側に挿入して第2ホルダ101に設けられた第2係止手段103に係止する...

    扉開放防止具

新着の技術

特に二個のウィングに適用される固定装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】複数の扉の施錠を一つの扉において行う施錠装置における施錠のための作業性を向上させること。【解決手段】施錠装置は、キャビネットが備える第一扉に設置され前記キャビネットの本体部に設置された第一被挿入部に挿入された場合に前記第一扉を開かなくする第一挿入部と、前記本体部に設置され前記キャビネットの第二扉に設置された第二被挿入部に挿入された場合に前記第二扉を開かなくする...

    施錠装置及び施錠可能キャビネット

  2. 【課題】ラッチ機構を提供する。【解決手段】ラッチ機構は、第一ラッチ本体及び第二ラッチ本体を備える。第一ラッチ本体及び第二ラッチ本体は第一ベース部及び第二ベース部と、第一ラッチ部及び第二ラッチ部と、第一作用部及び第二作用部と、をそれぞれ有し、第一ラッチ部は第一ベース部と第一作用部との間に位置される。第一ラッチ本体は第二ベース部に貫設される。第二作用部は第二ベース部に枢設...

    ラッチ機構

  3. 【課題】簡単にスイッチ装置を開閉体に取付けることができること。【解決手段】建具の枠体に対して開閉可能に設けられる開閉体に取付けられる建具の開閉体用スイッチ装置に於いて、スイッチ装置は、開閉体の自由端部に設けられ取付け台座と、この取付け台座に設けられた操作部材と、取付け台座に内設されかつ操作部材の操作力によって該取付け台座の長手方向に直線運動をするスライド部材と、このス...

    建具の開閉体用スイッチ装置及びサッシ

  4. 【課題】簡単な機構と合理的な手段により、操作部材の操作によりロック部と受け部との係合又は係合が外れたかを検知することができる建具の開閉体用スイッチ装置を提供する。【解決手段】固定側の受け部8と、この受け部8に対して係脱する可動側のロック部14を有するロック装置7と、このロック装置用の取付け台座と、ロック装置7のロック位置又は非ロック位置のいずれかを検知するスイッチを備...

    建具の開閉体用スイッチ装置及びサッシ

  5. 技術 建具

    【課題】 バール等によるこじ開けに対しても、障子の開放の規制状態を維持することができる障子を提供する。【解決手段】 躯体開口部に固定される枠体と、枠体に対してスライド開閉自在に配置される障子と、障子の框の室内側面に配置されて障子の開放を規制するサブロックを有し、框は、サブロックが配置される室内側面が樹脂材料により形成されサブロックが配置される室内側面にサブロックを...

    建具

特に二個のウィングに適用される固定装置 ページ上部に戻る