旋回または回転するボルトをもつ固定装置 に関する技術一覧

「旋回または回転するボルトをもつ固定装置」に関する技術の関連情報です。 「旋回または回転するボルトをもつ固定装置」 の関連技術、「ボルトが戸の外部へ突出しないもの」「戸を閉める動作によりボルトが作動するもの」 など、その他「旋回または回転するボルトをもつ固定装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「旋回または回転するボルトをもつ固定装置」の分野ページはこちら

旋回または回転するボルトをもつ固定装置に所属する技術動向

旋回または回転するボルトをもつ固定装置の分野に属する技術の状況としては、2018年に22件、2019年に29件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、旋回または回転するボルトをもつ固定装置の分野においては特に近年ボルトが戸の外部へ突出しないものの分野における動向が活発であり、他にもその他や 戸を閉める動作によりボルトが作動するものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはYKKAP株式会社や株式会社LIXIL、タキゲン製造株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社LIXILなどは、 手洗所用の衛生器具またはその他の付属品や壁,床,または天井内の開口の縁構造,このような開口にしっかりとすえつけられる枠といった分野も含め、 株式会社明工や株式会社アルファといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

旋回または回転するボルトをもつ固定装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】クレセント錠等のロック装置が取り付けられ、外部電源を用いることなく開閉体の不正な開閉状態を通信により外部へと知らしめることが可能な建物の窓や扉等の開閉体を提供する。【解決手段】建物の窓や扉等の開閉体を開閉自在にロック自在なロック装置を備え、該ロック装置は、自己発電可能で、かつ、送信機能を備えたモジュールを有し、該モジュールの発電部は、上記ロック装置のロック用回...

    建物の開閉体

  2. 【課題】 ストライカー等の取付位置精度を大幅に緩和でき、それにより取付操作性を向上したり作動不良を生じないようにして、品質向上と用途拡大を図る。【解決手段】第1部材8側のラッチ本体1に対応して第2部材9に取り付けられ、前記ラッチ本体1の前挿入口43より差し込まれて該ラッチ本体内で解除可能に係止されるストライカー20を有したラッチ装置において、前記ストライカー20を第...

    ラッチ装置

  3. 技術 扉装置

    【課題】防犯性に優れた扉装置11を提供する。【解決手段】扉枠12には、開口部20に臨む幅方向一側および他側に、開口部20の内方へ向けて開口する戸尻嵌込み凹部23および戸先嵌込み凹部24を設ける。扉体13は、扉枠12の開口部20の幅方向寸法より広い幅に形成し、扉体13の戸尻13aをヒンジ27で扉枠12の一側に対して回動可能に支持する。扉体13の閉鎖時には、扉体13の戸先...

    扉装置

  4. 【課題】障子を全開した状態で開口をロック機構付き格子障子で閉鎖することにより、障子の全開状態の通風を確保できるとともに、防犯も可能な防犯障子付き引違い窓の提供。【解決手段】防犯障子付き引違い窓は、外側障子2と内側障子3の間に格子障子4を配するとともに、該格子障子を施錠するロック機構5を設けた。ロック機構5としては、外側障子2と格子障子4とを固定するクレセント53と、格...

    防犯障子付き引違い窓

  5. 【課題】ラッチ装置を備えた引出しの開放操作の際に、把手がクランク軸からの操作反力を受けても円滑に操作ができるようした引出しのラッチ装置を提供すること。【解決手段】引出し4の前面板6に枢設された左右方向を向くクランク軸14を回動させることでラッチ20の係脱を行なうようにする引出し4のラッチ装置において、前面板6の前方に突設した把手3は、この前面板6に前後方向に摺動支持さ...

    引出しのラッチ装置

新着の技術

旋回または回転するボルトをもつ固定装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】製造コストを低廉化しつつ、可動体の保持性能の低下を抑制できるロック装置及び支持装置を提供する。【解決手段】ラッチ10が中立位置にある状態では、可動体が第1方向に変位するときにストライカ4が第1凹部11に進入可能、かつ、可動体が第2方向に変位するときにストライカ4が第2凹部12に進入可能である。第1凹部11に進入したストライカ4によってラッチ10が中立位置から第...

    ロック装置及び支持装置

  2. 技術 保管庫

    【課題】低コストで設置及び運用し得、対象物を安全に保管して取り出し得る保管庫を提供する。【解決手段】保管庫本体Aの開口部A1を開閉する扉体Bに有する錠装置Cは、扉体B外部から操作し得る直接回動部C1及びその径方向内方の鍵用回動部と、掛止部を設けた掛止用回動体を有し、それらは同一軸線まわりに回動する。閉扉解錠で直接回動部C1を正回転させると、掛止用回動体及び掛止部を正回...

    保管庫

  3. 【課題】複数の扉の施錠を一つの扉において行う施錠装置における施錠のための作業性を向上させること。【解決手段】施錠装置は、キャビネットが備える第一扉に設置され前記キャビネットの本体部に設置された第一被挿入部に挿入された場合に前記第一扉を開かなくする第一挿入部と、前記本体部に設置され前記キャビネットの第二扉に設置された第二被挿入部に挿入された場合に前記第二扉を開かなくする...

    施錠装置及び施錠可能キャビネット

  4. 【課題・解決手段】本発明は、嵌合部品にロックすることができるロックエレメントを有する閉鎖装置であって、好適には、特に壁または天井のための、好適には乾式壁構造における開口のシールハッチ、特に点検ハッチを閉鎖するための閉鎖装置に関する。本発明による閉鎖装置は、ロックエレメントが、好適にはばねの作用下で、嵌合部品に関する第1の位置では、ロック位置にあり、またはロック位置内へ...

    閉鎖装置、好適には開口のシールハッチを閉鎖するための閉鎖装置

旋回または回転するボルトをもつ固定装置 ページ上部に戻る