メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせ に関する技術一覧

「メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせ」に関する技術の関連情報です。 「メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせ」 の関連技術、「自動車のグロ−ブボツクス,コンソ−ルボツクス用」「折りたたみ戸用」 など、その他「メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせ」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせ」の分野ページはこちら

メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせに所属する技術動向

メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせの分野に属する技術の状況としては、2018年に16件、2019年に17件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせの分野においては特に近年折りたたみ戸用の分野における動向が活発であり、他にもその他や 引戸用といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社パイオラックスや株式会社ニフコ、豊田合成株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 燃料電池,その製造や燃焼機関の電気的制御といった分野も含め、 豊田合成株式会社や小島プレス工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせ』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 インストルメントパネルの意匠性を高めつつ、蓋体への開口操作に対して常に適正な動作を行わせることが容易なグローブボックスを提供する。【解決手段】 グローブボックス11は、蓋体13と、蓋体13を閉鎖状態でロックするロック手段30と、蓋体13の閉鎖状態を解除するロック解除手段40と、蓋体13の周縁と開口部12aの周縁との隙間Dを調節するべく蓋体13の周縁部を係...

    グローブボックス

  2. 【課題】グローブボックスのドアまたはゴミ箱を開閉するために自動車内で使用されるプッシュラッチにおいて、品質と機能を保ちながら部品の数を少なくし、金属製のピンやバネの使用を排除し、組立が簡易で且つ製造コストも削減したプッシュラッチ機構の提供。【解決手段】プッシュラッチ10はハウジング12とロック14とボタン16を有する。ロック14は可撓性のあるバネアーム46とボタン16...

    プッシュラッチ

  3. 【課題】簡略化を図りながら、例えば引戸の閉時及び開時において共に引き込み作動を付与できようにする。【解決手段】移動体を本体側の第1位置から第2位置又は第2位置から第1位置に切り換える操作を助ける摺動補助機構において、本体側に取り付けられるケース1と、ケース1にそれぞれ摺動自在に配置される第1動部材及び第2動部材(スライダー2A,2B)と、前記各動部材にそれぞれ枢支され...

    摺動補助機構及び引込ユニット

  4. 【課題】食器棚,本棚,陳列棚等の種々の収納家具における引戸において、特に引戸が戸締側端部に近接することで引戸が移動し、引戸の戸締側端部における閉状態が確実に行われる引戸の戸締装置を提供すること。【解決手段】平坦状案内面1aの端部からほぼ直角となる固定用案内面1bが形成された固定案内部A1 と係止部5と押圧部6とが形成された可動案内部A2 とからなる戸締具Aと、引戸...

    引戸の戸締装置

  5. 【課題】 自在性に富んだサイドロック装置の提供。【解決手段】 支持体に開閉体を開閉可能に取り付け、開閉体側に左右一対のラッチを移動可能に保持すると共に、該左右の各ラッチを付勢ばね手段のばね圧で支持体側に形成されたロック孔方向に付勢して、操作ハンドルの操作で、上記左右の各ラッチの先端部を支持体側のロック孔から付勢ばね手段に抗して後退させるサイドロック装置において、上...

    サイドロック装置

新着の技術

メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせ』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 避難扉

    【課題】車道トンネル内の風圧力が扉に作用している場合であっても、良好に扉の開放を可能とすると共に、特に車両用扉の急開放のリスクを無くす避難扉を提供する。【解決手段】避難連絡坑と車道トンネルを連通する開口部を開閉する第1扉(第1扉体3)と、第1扉に形成された人道用開口部を開閉する第2扉(第1スライド扉6)と、を備えた避難扉において、第1扉体の全閉姿勢を維持するロック手段...

    避難扉

  2. 【課題】本発明は大きさを変えられる自動車用収納装置を開示した。【解決手段】装置主体及び前記装置主体の外でスライドできるように設置されているキャリッジ枠体を含み、前記装置主体の中には上方に開口した貯蔵チャンバが設置されており、前記貯蔵チャンバの底壁の中には上方に開口した切換チャンバが設置されており、前記切換チャンバの左側頂壁の中にはスプラインスリーブが回転できるように設...

    大きさを変えられる自動車用収納装置

  3. 【課題】本発明はロック装置を持つパッケージを開示した。【解決手段】本体を含み、前記本体の中には収納チャンバが設置され、前記収納チャンバの両側には上方に開口した昇降溝が対称的に設置され、前記昇降溝の片側には昇降スライド溝が連通し設置され、前記スライド溝の中にはロックブロックがスライドできるように設置され、前記スライド溝の下側には伝動装置が設置され、前記伝動装置と前記ロッ...

    ロック装置を持つパッケージ

  4. 【課題】簡素な構成で、第一当接部と第二当接部との当接時に生じる音を低減できるコンソールボックスを提供する。【解決手段】コンソールボックス10は、ボックス本体12と、ボックス本体12の少なくとも一部を開閉する蓋体13とを備える。蓋体13は、ボックス本体12に対し可動的な蓋体本体21と、蓋体本体21に対し可動的であり、蓋体13をボックス本体12に係止保持する係止部22とを...

    開閉体装置及び収納装置

  5. 【課題】ロッドの押し込み操作によるロック状態からロック解除状態への切り替えにおいて、この押し込みのフィーリングを向上させることができるロック機構を提供すること。【解決手段】ロック機構30は、第1ばね70に付勢され、傾斜面55を有するロッド50と、第2ばね80に付勢され、円弧面63aを有するピン63を備えたストライカ60とを備えている。ロッド50における傾斜面55の先端...

    ロック機構

メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせの詳細カテゴリ一覧

メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

メイングループ1/00から19/00のいずれにも分類されないウィングの固定,係止または保持装置の配置またはその組み合わせ ページ上部に戻る