ウイング特にドアまたは窓用のボルトまたは固定装置 に関する技術一覧

「ウイング特にドアまたは窓用のボルトまたは固定装置」に関する技術の関連情報です。 「ウイング特にドアまたは窓用のボルトまたは固定装置」 の関連技術、「建材の有機的要素に特徴のあるもの」「建材の無機的要素に特徴のあるもの」 など、その他「ウイング特にドアまたは窓用のボルトまたは固定装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ウイング特にドアまたは窓用のボルトまたは固定装置」の分野ページはこちら

ウイング特にドアまたは窓用のボルトまたは固定装置に所属する技術動向

ウイング特にドアまたは窓用のボルトまたは固定装置の分野に属する技術の状況としては、2017年に199件、2018年に214件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ウイング特にドアまたは窓用のボルトまたは固定装置の分野においては特に近年建材の有機的要素に特徴のあるものの分野における動向が活発であり、他にも建材の無機的要素に特徴のあるものや 建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはYKKAP株式会社や株式会社ニフコ、株式会社LIXILが豊富な実績を残しており、 株式会社LIXILなどは、 建築物,乗り物,フエンスまたは類似の囲いにおける開口のための固定または可動閉鎖部材一般,例.戸,窓,ブラインド,門や他に分類されない衛生設備,化粧室付属品といった分野も含め、 中西金属工業株式会社や株式会社ユーシンといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ウイング特にドアまたは窓用のボルトまたは固定装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ドアの開放を規制すると同時にドアを開放状態に保持でき、ドアの閉塞方向に強い外力が加わったときでも、簡単な操作によりドアの閉塞を阻止できるドアストッパを提供する。【解決手段】ドア1に磁石25を備えた係止部10を設け、床に床面とほぼ同一面をなす回転板34から成る可動部30を設け、ドア1をほぼ全開したときに、磁石25により回転板34を吸引して係止部10の係止体19に...

    ドアストッパ

  2. 【課題】平常時に手動で開閉することができるとともに電気的制御を利用して繁雑な解錠操作を省略することのできる地震対応ドア開放装置を提供する。【解決手段】地震感知器12と、室内側に設けられ解錠信号を出力するタッチスイッチ14と、ドア4を施錠または解錠する施錠機構5と、ドア4を開き方向に押し出す押出し機構10と、地震感知器12及びタッチスイッチ14から出力される信号に基づい...

    自動解錠機能を備えたドア開放装置及びドア開放システム

  3. 【課題】不用意なプッシュ解除動作発生の虞を簡易で、汎用性に優れた構成により防ぐことにある。【解決手段】移動体とハウジングとの一方に設けられたハート形カム溝22付のカム部20と、他方に設けられて前記カム溝22を移動するトレースピン35を有する旋回体30とからなり、移動体を付勢手段の付勢力に抗したプッシュ操作によってハウジングの定位置に係止し、該係止を次のプッシュ操作によ...

    安全機能付ロック装置及び乗物用収納装置

  4. 【課題】 インストルメントパネルの意匠性を高めつつ、蓋体への開口操作に対して常に適正な動作を行わせることが容易なグローブボックスを提供する。【解決手段】 グローブボックス11は、蓋体13と、蓋体13を閉鎖状態でロックするロック手段30と、蓋体13の閉鎖状態を解除するロック解除手段40と、蓋体13の周縁と開口部12aの周縁との隙間Dを調節するべく蓋体13の周縁部を係...

    グローブボックス

  5. 【課題】中間ストッパ機構と自動開閉装置とを、スライドドア本体が不適切な作動をしないように組み合わせたスライドドアを実現する。【解決手段】スイッチ操作により、スライドドア開閉モータを駆動し、スライドドア本体を少なくとも全開させることができ、この全開動作中にスライドドア開閉モータの過負荷状態を検出すると、スライドドア開閉モータを逆転させ、スライドドア本体を全閉位置に復帰さ...

    スライドドア

新着の技術

ウイング特にドアまたは窓用のボルトまたは固定装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】衝撃等が起きた場合に第1の物体に対して第2の物体が予期せずに開くのを防止することが可能な動作制御装置を提供すること。【解決手段】動作制御装置は第1の物体と、該第1の物体に対して可動な第2の物体に適用可能である。第1の物体及び前記第2の物体のうちの一方は第1のブロック部材及び第2のブロック部を備え、第1の物体及び第2の物体のうちの他方は可動なブロック部材を備える...

    パーツ組立体のための動作制御装置

  2. 技術 鎌錠

    【課題】 施解錠時に生じる衝撃音を緩和して静音させるとともに長期間の使用においても静音効果が持続可能な鎌錠を提供する。【解決手段】 引戸1の木口端面11に埋設される鎌錠本体2と、枠体3に埋設される受座4とからなり、前記鎌錠本体2は基部221と首部223を介して先端に位置される鎌状の掛止部222とからなる鎌部材22を有し、施錠時に前記掛止部222をケース体5の前板5...

    鎌錠

  3. 【課題】ロック装置のロック時に発生する音を低減できる車両用内装装置の提供。【解決手段】ロック装置40のロックフック41がノブ51に回動可能に支持されている。そのため、フック付勢スプリング43の付勢力を、ノブ付勢スプリング55の付勢力と無関係に設定できる。よって、フック付勢スプリング43の付勢力をノブ付勢スプリング55の付勢力よりも弱くできる。この結果、ロック装置40の...

    車両用内装装置

  4. 【課題】キャビネット本体の開口を可及的に広く開放することができるトイレ用キャビネットを提供する。【解決手段】トイレ用キャビネット13は、内部に収容空間を有しかつ前面が開口したキャビネット本体30と、キャビネット本体30の開口を閉鎖する左右2枚の第1扉31及び第2扉32と、第1扉31を、第2扉32から離れる方向へ左右方向にスライド移動可能にキャビネット本体30に連結する...

    トイレ用キャビネット

  5. 【課題・解決手段】車両ドアチェッカー。ドアチェッカーは、第1及び第2の対向するフランジが延びるベースを有する筐体を含む。第1及び第2のガイドピンが、互いに間隔を空けて配置され且つ第1及び第2のフランジと相互接続される。チェックアームは、ベースを通して延び、第1及び第2のガイドピンの間に配置される。チェックアームは、筐体に対して移動するように構成され、可変ドア保持力に対...

    車両ドアチェッカー

ウイング特にドアまたは窓用のボルトまたは固定装置 ページ上部に戻る