建築物 に関する技術一覧

「建築物」に関する技術の関連情報です。 「建築物」 の関連技術、「建築構造一般,壁,例.間仕切り,屋根,床,天井,建築物の絶縁またはその他の保護」「構造要素,建築材料」 など、その他「建築物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「建築物」の分野ページはこちら

建築物に所属する技術動向

建築物の分野に属する技術の状況としては、2016年に4,132件、2017年に4,541件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、建築物の分野においては特に近年構造要素,建築材料の分野における動向が活発であり、他にも屋根ふき,天窓,とい,屋根工事用工具や 足場,型枠,せき板,建築用器具またはその他の建築用補助具,またはそれらの使用,現場における建築材料の取り扱い,現存する建築物の修復,解体またはその他の作業といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては積水化学工業株式会社や大成建設株式会社、清水建設株式会社が豊富な実績を残しており、 清水建設株式会社などは、 建築物や水工,基礎,土砂の移送といった分野も含め、 株式会社大林組や大成建設株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

建築物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明は、保守センタと離れた位置にある機械式駐車場等のシーケンサにより制御される一又は複数の機械設備で故障が発生した際に、迅速な故障復旧を行なうことのできる遠隔故障診断システムを提供する事を目的とする。【解決手段】遠隔地における保守センタより通信網を介して保守担当部門及び機械設備結び、故障診断を行なう機械設備における遠隔故障診断システムにおいて、前記保守センタ...

    機械設備における遠隔故障診断システム

  2. 技術 建物

    【課題】建物全体の高さを抑えて建設コストを低減でき、居室および収納スペースを有効に配置できる建物を提供すること。【解決手段】少なくとも1つの特定フロアと、その上方に設けられる屋根4と、特定フロアと屋根4との間に形成される小屋裏空間5とを備える建物1において、特定フロアは、その一部に設けられた中間床40と、この中間床40の下側に形成された中間床下側空間41と、中間床40...

    建物

  3. 【課題】夏期における都市部等のヒートアイランド現象の緩和に有効な土木建築用構造体を提供する。【解決手段】土木建築用構造体は、連続気孔11を有する多孔質層1の連続気孔11内に、吸水性樹脂12を、該多孔質層1表面に露出しないように存在せしめてなる。

    土木建築用構造体およびその製造方法

  4. 【課題】労務管理システムや防災管理システムなどの工事管理システムにおいて、インターネットを利用して、リアルタイムに複数の者が管理状況の確認が行えるようにすること。【解決手段】工事管理に必要な共有データを有し、インターネットに接続されたサーバ機能付きコンピュータ10と、工事管理者側に、前記サーバ機能付きコンピュータ10に通信接続可能にブラウザ機能付きコンピュータ20を設...

    工事管理システム

  5. 【課題】建物に関して地図情報や顧客情報等を管理することによって、顧客への効果的なプレゼンテーションを行える建築業界向けの営業支援システムを提供する。【解決手段】地図情報マスタデータベース,顧客情報マスタデータベース,パーツ情報マスタデータベースを統括して管理するホストコンピュータ3から、必要な地図情報や顧客情報等をローカルコンピュータ4で利用し、営業対象の顧客を特定し...

    建物のデータ管理システム

新着の技術

建築物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 台棒

    【課題・解決手段】台棒は、基部ユニットと、先端ユニットと、中間ユニットと、を備える。基部ユニットは、鉄塔の主柱材の内側に取り付けられる基部アタッチメント、及び基部アタッチメントを通る水平方向に沿う回転軸を中心に基部アタッチメントと共に回転することができる基部胴体を有する。先端ユニットには支持ワイヤが取り付けられる。中間ユニットは、基部ユニットと先端ユニットとを連結する...

    台棒

  2. 【課題・解決手段】台棒は、鉄塔の主柱材に取り付けられる基部ユニットと、支持ワイヤが取り付けられる先端ユニットと、基部ユニットと先端ユニットとを連結するための複数の中間ユニットと、を備える。基部ユニットと中間ユニットとを接合する第1ジョイント、先端ユニットと中間ユニットとを接合する第2ジョイント、及び隣接する中間ユニットを接合する第3ジョイントのうちの少なくとも1つは、...

    台棒及び台棒の組み立て方法

  3. 技術 台棒

    【課題・解決手段】台棒は、鉄塔の主柱材に取り付けられる基部アタッチメントと、基部アタッチメントを通る回転軸を中心に基部アタッチメントと共に回転することができる基部胴体と、を有する基部ユニットを備える。回転軸は、基部胴体の重心を通り且つ基部胴体の長手方向に沿う中心線に対して主柱材側に位置する。

    台棒

  4. 【課題】重機を使用した安全で工期の短いタービン施設の解体工法を提供する。【解決手段】発電機の外ケースが、複数の分割片に溶断されると共に、発電機とタービンが設置されるタービンぺデスタルの脚が溶断される先行火入れ工程と、重機が配置され、タービン建屋の側面が撤去され、発電機とタービンの周囲が、中抜きされるタービン建屋の第1次解体工程と、発電機のローターと、外ケース上部の分割...

    タービン施設の解体工法

  5. 技術 減震金物

    【課題】容易に製造することができ、且つ施工性を向上させることができる。【解決手段】減震金物10の下側プレート20は、基礎90の上面から突出するアンカーボルト91が挿通される中心孔21と、中心孔21を囲むとともに上方に向けて突出して形成されたリング突条22とを有している。上側プレート30は、アンカーボルト91が挿通される中心孔33と、中心孔33を含むとともに下側プレート...

    減震金物

建築物 ページ上部に戻る