建築物 に関する技術一覧

「建築物」に関する技術の関連情報です。 「建築物」 の関連技術、「建築構造一般,壁,例.間仕切り,屋根,床,天井,建築物の絶縁またはその他の保護」「構造要素,建築材料」 など、その他「建築物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「建築物」の分野ページはこちら

建築物に所属する技術動向

建築物の分野に属する技術の状況としては、2017年に4,549件、2018年に4,115件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、建築物の分野においては特に近年構造要素,建築材料の分野における動向が活発であり、他にも屋根ふき,天窓,とい,屋根工事用工具や 足場,型枠,せき板,建築用器具またはその他の建築用補助具,またはそれらの使用,現場における建築材料の取り扱い,現存する建築物の修復,解体またはその他の作業といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては積水化学工業株式会社や大成建設株式会社、株式会社竹中工務店が豊富な実績を残しており、 清水建設株式会社などは、 建築物や水工,基礎,土砂の移送といった分野も含め、 株式会社大林組や大成建設株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

建築物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明は、保守センタと離れた位置にある機械式駐車場等のシーケンサにより制御される一又は複数の機械設備で故障が発生した際に、迅速な故障復旧を行なうことのできる遠隔故障診断システムを提供する事を目的とする。【解決手段】遠隔地における保守センタより通信網を介して保守担当部門及び機械設備結び、故障診断を行なう機械設備における遠隔故障診断システムにおいて、前記保守センタ...

    機械設備における遠隔故障診断システム

  2. 技術 建物

    【課題】建物全体の高さを抑えて建設コストを低減でき、居室および収納スペースを有効に配置できる建物を提供すること。【解決手段】少なくとも1つの特定フロアと、その上方に設けられる屋根4と、特定フロアと屋根4との間に形成される小屋裏空間5とを備える建物1において、特定フロアは、その一部に設けられた中間床40と、この中間床40の下側に形成された中間床下側空間41と、中間床40...

    建物

  3. 【課題】夏期における都市部等のヒートアイランド現象の緩和に有効な土木建築用構造体を提供する。【解決手段】土木建築用構造体は、連続気孔11を有する多孔質層1の連続気孔11内に、吸水性樹脂12を、該多孔質層1表面に露出しないように存在せしめてなる。

    土木建築用構造体およびその製造方法

  4. 【課題】労務管理システムや防災管理システムなどの工事管理システムにおいて、インターネットを利用して、リアルタイムに複数の者が管理状況の確認が行えるようにすること。【解決手段】工事管理に必要な共有データを有し、インターネットに接続されたサーバ機能付きコンピュータ10と、工事管理者側に、前記サーバ機能付きコンピュータ10に通信接続可能にブラウザ機能付きコンピュータ20を設...

    工事管理システム

  5. 【課題】建物に関して地図情報や顧客情報等を管理することによって、顧客への効果的なプレゼンテーションを行える建築業界向けの営業支援システムを提供する。【解決手段】地図情報マスタデータベース,顧客情報マスタデータベース,パーツ情報マスタデータベースを統括して管理するホストコンピュータ3から、必要な地図情報や顧客情報等をローカルコンピュータ4で利用し、営業対象の顧客を特定し...

    建物のデータ管理システム

新着の技術

建築物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】安全性の高い環境下で使用することができ、かつ、光沢度や耐久性にも優れた床用コーティング剤を提供すること。第1成分として、シランカップリング剤およびアルコキシシランのいずれか一方または双方と、第2成分として、シリカおよび金属酸化物のいずれか一方または双方と、第3成分として、レベリング剤と、第4成分として、硬化触媒と、第5成分として、水と、を含有し、前記...

  2. 【課題】住宅等の建築物の既設階段を互い違い形式の階段に変更し、その蹴上げ高さを低くする。【解決手段】1段目蹴込み板取り付け用桟木12を取り付ける第1−A工程と、1段目蹴込み板11を取り付ける第1−B工程と、1段目踏み板14取り付け用の桟木及び奥付16を取り付ける第1−C工程と、1段目踏み板14を取り付ける第1−D工程と、2段目蹴込み板21取り付け用の桟木22を取り付け...

    既設階段を互い違い形式に改装する施工方法

  3. 【課題】簡単な構成で耐震補強スペースを最小限として耐震性能を向上させることが可能なH型鋼柱、H形鋼梁及びその交差部の耐震補強構造を提供することを目的とする。【解決手段】H型鋼柱とH形鋼梁のフランジ間に嵌入する中央部の両端にフランジ端部と係合する係合部を形成し、ウェブに形成したタイロッド挿通孔と対応する位置にタイロッド挿通孔を形成し、縦方向、横方向に連設される型枠部材と...

    H形鋼柱とH形鋼梁からなる構造物の耐震補強構造

  4. 【課題】溝ピット及び蓋板の周辺に段差と隙間を設けないようにするとともに、設置後のメンテナンスのときに容易に蓋板を着脱することができるようにする。【解決手段】下地床面12より低く構成される溝ピット20と、前記溝ピット20の開口部21に設けられる受枠22と、前記受枠22に嵌められる蓋板30と、前記下地床面12に貼設される第1表層材32と、前記蓋板30の上面31に貼設される...

    溝ピット蓋構造及び溝ピットのメンテナンス方法

  5. 技術 建物

    【課題】 キッチン廻りの家事を効率良く行うことができる建物を提供することを目的とする。【解決手段】建物1は、玄関土間22へ通じる土間収納室23と、キッチン32へ通じるパントリー31と、が隣接して設けられる建物であって、土間収納室22とパントリー31は、両室間を出入り可能とする第1出入口8aによって連通し、玄関土間22と土間収納室23は、両室間を出入り可能とする第2出...

    建物

建築物 ページ上部に戻る