上水,下水 に関する技術一覧

「上水,下水」に関する技術の関連情報です。 「上水,下水」 の関連技術、「取水,集水または配水の設備またはその方法」「上水または排水用の家庭用配管設備,流し」 など、その他「上水,下水」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「上水,下水」の分野ページはこちら

上水,下水に所属する技術動向

上水,下水の分野に属する技術の状況としては、2017年に1,334件、2018年に1,162件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、上水,下水の分野においては特に近年取水,集水または配水の設備またはその方法の分野における動向が活発であり、他にも下水,汚水だめや 水洗便所または洗浄装置を備えた小便所,そのための洗浄弁といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはTOTO株式会社や株式会社LIXIL、パナソニック株式会社が豊富な実績を残しており、 TOTO株式会社などは、 上水,下水や家具,家庭用品または家庭用設備,コーヒーひき,香辛料ひき,真空掃除機一般といった分野も含め、 TOTOウォシュレットテクノ株式会社やKIホールディングス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

上水,下水』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 径方向、軸方向が小さくなる軸流式の水車からなる発電手段を配設させることで、小型化を可能とした発電装置およびその発電装置付自動水栓装置を実現する。【解決手段】 給水源から吐水口にかけての水路6に設けられ、この水路6の流水により水車31を回転させて発電する発電手段30を備える発電装置において、発電手段30は、水車31と、水車31に固設された永久磁石34と、こ...

    発電装置およびその発電装置付自動水栓装置

  2. 【課題】配管は小口径・無勾配でよく、必要な床下空間は僅少ですみ、排水機器の設置位置が制限されず、ポンプの長寿命化が図れ、電気料金が節減可能な住居内の排水用配管構造を提供する。【解決手段】多階層よりなる住居の2階以上の階に設置された排水機器2からの排水管を、排水ポンプ32を内蔵した排水タンク31の一端に接続し、上記排水タンク31の他端には排水横枝管が接続され、この排水横...

    住居内の排水用配管構造

  3. 【課題】ユーザ宅と外部の医療機関との間で簡単且つ迅速に生体情報や診断結果をやりとりできる生体情報管理システムを提供する。【解決手段】ユーザ住居1のトイレブース11内に設置された尿検査装置19や血流検査装置21などから、トイレブース11内の中継器27へ、検査データを赤外線で送信する。中継器27は検査データを外部通信端末25へ電波で送信し、外部通信端末25は検査データを公...

    生体情報管理システム

  4. 【課題】 ヘアキャッチャー自体にオーバーフロー孔部を設けることで、ヘアキャッチャーを取り外して掃除する際に目皿部と同時にオーバーフロー孔部部分も簡単に掃除することができ、また、ヘアキャッチャーの着脱操作が容易に行える。【解決手段】 多数の排水孔1を有する目皿部2を肉厚0.5〜1mmの金属材料で形成すると共に、目皿部2の中央部に上方に向けて突出する突出部3を設ける。...

    ヘアキャッチャー

  5. 【課題】システム設定にかかる時間や労力の削減を実現する。【解決手段】マンホールポンプの設置現場P,Q,R毎に設置される監視装置1は、それぞれマンホールポンプの動作状態を常時監視しており、マンホールポンプの動作異常を検知すると、無線通信網6を介して管理用サーバー2に異常時通報データを送信する。管理用サーバー2には、マンホールポンプ毎に異常発生時の通報先やその通報動作を定...

    下水道管理システムおよびこのシステムに使用される管理装置、監視装置、ならびに管理システム

新着の技術

上水,下水』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】トイレ内の状態を示す情報を遠隔地から監視可能なシステムを提供する。【解決手段】本発明に係るトイレシステムは、トイレ内に設置されたセンサと接続され、当該センサが出力するセンシングデータを取得して記憶部に記憶させる情報収集手段と、ネットワークに接続され、当該ネットワークを介して、記憶部に記憶されたセンシングデータに基づく情報を所定のコンピュータに送信する通信手段とを有する。

    トイレシステム

  2. 【課題】接着剤の塗りムラを抑制できる樹脂製透明継手を提供する。【解決手段】ポリ塩化ビニル系樹脂を含有する樹脂製透明継手1において、2以上の受口部12を有し、全ての受口部12の全光線透過率が40%以上であり、かつ、全ての前記受口部の全光線透過率の差の最大値が10%以下であり、下記条件1及び下記条件2を満たす、樹脂製透明継手1。<条件1>・波長457nmにおける受口部12...

    樹脂製透明継手

  3. 【課題】配管材の熱膨張開始温度が高く、配管材を作製しやすいにもかかわらず、火災発生の際には管継手の変形を抑制でき、配管材膨張によって区画貫通部を確実に閉塞できる配管構造体を提供する。【解決手段】本発明の配管構造体1は、受口11aを備えた管継手10と、配管材20とを備え、床スラブ2又は壁の区画貫通部2a内で受口11aと配管材20とが接続されており、管継手10は、ポリ塩化...

    配管構造体

  4. 【課題】更生管の位置調整用スペーサーが落下したり、あるいは位置ずれを起こすことがないようにする。【解決手段】セグメントを周方向と管長方向に連結して既設管内に更生管を組み立て既設管を更生する。スペーサー保持部材60に保持された積み重ね可能なスペーサー50を、既設管と更生管の間に挿入して更生管の既設管に対する位置調整が行われる。スペーサー保持部材に、その内壁面間で周方向並...

    管更生工法

  5. 【課題】水路に落下しても水没せず、管路の天井面に沿って安定状態で走行するように飛行することができる天井走行型無人飛行体を提供することを目的とする。【解決手段】水平回転翼2を具備する飛行体本体部1と、先端部に前記天井面に沿って走行するための転動体4が設けられ前記飛行体本体部1に上方に向けて突設される複数の上側脚部3と、飛行体本体部1に水平回転翼2よりも下方に位置するよう...

    天井走行型無人飛行体

上水,下水 ページ上部に戻る