上水,下水 に関する技術一覧

「上水,下水」に関する技術の関連情報です。 「上水,下水」 の関連技術、「取水,集水または配水の設備またはその方法」「上水または排水用の家庭用配管設備,流し」 など、その他「上水,下水」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「上水,下水」の分野ページはこちら

上水,下水に所属する技術動向

上水,下水の分野に属する技術の状況としては、2016年に1,179件、2017年に1,331件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、上水,下水の分野においては特に近年取水,集水または配水の設備またはその方法の分野における動向が活発であり、他にも下水,汚水だめや 水洗便所または洗浄装置を備えた小便所,そのための洗浄弁といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはTOTO株式会社や株式会社LIXIL、パナソニック株式会社が豊富な実績を残しており、 TOTO株式会社などは、 上水,下水や家具,家庭用品または家庭用設備,コーヒーひき,香辛料ひき,真空掃除機一般といった分野も含め、 TOTOウォシュレットテクノ株式会社やKIホールディングス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

上水,下水』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 径方向、軸方向が小さくなる軸流式の水車からなる発電手段を配設させることで、小型化を可能とした発電装置およびその発電装置付自動水栓装置を実現する。【解決手段】 給水源から吐水口にかけての水路6に設けられ、この水路6の流水により水車31を回転させて発電する発電手段30を備える発電装置において、発電手段30は、水車31と、水車31に固設された永久磁石34と、こ...

    発電装置およびその発電装置付自動水栓装置

  2. 【課題】配管は小口径・無勾配でよく、必要な床下空間は僅少ですみ、排水機器の設置位置が制限されず、ポンプの長寿命化が図れ、電気料金が節減可能な住居内の排水用配管構造を提供する。【解決手段】多階層よりなる住居の2階以上の階に設置された排水機器2からの排水管を、排水ポンプ32を内蔵した排水タンク31の一端に接続し、上記排水タンク31の他端には排水横枝管が接続され、この排水横...

    住居内の排水用配管構造

  3. 【課題】ユーザ宅と外部の医療機関との間で簡単且つ迅速に生体情報や診断結果をやりとりできる生体情報管理システムを提供する。【解決手段】ユーザ住居1のトイレブース11内に設置された尿検査装置19や血流検査装置21などから、トイレブース11内の中継器27へ、検査データを赤外線で送信する。中継器27は検査データを外部通信端末25へ電波で送信し、外部通信端末25は検査データを公...

    生体情報管理システム

  4. 【課題】 ヘアキャッチャー自体にオーバーフロー孔部を設けることで、ヘアキャッチャーを取り外して掃除する際に目皿部と同時にオーバーフロー孔部部分も簡単に掃除することができ、また、ヘアキャッチャーの着脱操作が容易に行える。【解決手段】 多数の排水孔1を有する目皿部2を肉厚0.5〜1mmの金属材料で形成すると共に、目皿部2の中央部に上方に向けて突出する突出部3を設ける。...

    ヘアキャッチャー

  5. 【課題】システム設定にかかる時間や労力の削減を実現する。【解決手段】マンホールポンプの設置現場P,Q,R毎に設置される監視装置1は、それぞれマンホールポンプの動作状態を常時監視しており、マンホールポンプの動作異常を検知すると、無線通信網6を介して管理用サーバー2に異常時通報データを送信する。管理用サーバー2には、マンホールポンプ毎に異常発生時の通報先やその通報動作を定...

    下水道管理システムおよびこのシステムに使用される管理装置、監視装置、ならびに管理システム

新着の技術

上水,下水』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】機械的にシンプルな構造にすることで電力消費量を抑え、設備費用のコストダウンを図り、故障のリスクを低減し、かつ、快適性を向上させた移動式水洗トイレシステムを提供する。【解決手段】便器から排出された汚物は、気泡を含んだ状態で洗浄水と共に圧送され、汚水ホース96を介して汚水容器に貯留される。貯留されている貯留汚物は曝気等の特段の対策をすることなく、微生物によって順調...

    移動式水洗トイレシステム

  2. 【課題・解決手段】本願は、冷水と温水とを切り替え可能な電子式トイレ及びその制御方法を開示する。電子式トイレは、コントローラと、水噴霧洗浄器と、冷水を供給する冷水管と、温水を供給する温水管と、前記コントローラの制御により、前記冷水管から冷水を受容及び放出する、又は、前記温水管から温水を受容及び放出する水選択弁であって、前記温水管に接続された温水入口、前記冷水管に接続され...

    冷水と温水とを切り替え可能な電子式トイレ及びその制御方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、冷水と温水とを切り替え可能な電子式トイレ及びその制御方法を開示する。電子式トイレは、コントローラと、水噴霧洗浄器と、冷水出口管と前記冷水出口管に配置された冷水電磁弁とを有する水冷却装置と、温水出口管と前記温水出口管に配置された温水電磁弁とを有する水加熱装置と、ブースタ水ポンプであって、冷水電磁弁の水出口管を通る水冷却装置と温水電磁弁の水出口...

    冷水と温水とを切り替え可能な電子式トイレ及びその制御方法

  4. 【課題】尿成分分析等の排尿の解析および当該解析結果に基づく疾病の推測にあたって、使い勝手が十分でなかった。【解決手段】便器ごとの形状情報および溜水の水量情報を記憶する記憶部と、便器の使用者の排尿または便器の使用者の排尿が流れ込んだ溜水が放射する電磁波を非接触に検知する検知部と、検知した電磁波に基づいて、排尿または排尿が流れ込んだ溜水の温度を測定する温度測定部と、測定し...

    健康モニタリングシステム、健康モニタリング方法および健康モニタリングプログラム

  5. 【課題】多数の使用者が存在するなかで各使用者毎に疾病を推測する健康モニタリングシステムを提供する。【解決手段】便器から所定範囲内に使用者が進入したことを検知する検知部と、便器から所定範囲内に存在する使用者が保持する通信機器と無線通信を行って、使用者を識別するための使用者情報を定期的に取得する取得部と、使用者情報に基づいて使用者を特定する特定部と、便器の使用者の排尿また...

    健康モニタリングシステム、健康モニタリング方法および健康モニタリングプログラム

上水,下水 ページ上部に戻る