基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物 に関する技術一覧

「基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物」に関する技術の関連情報です。 「基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物」 の関連技術、「建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するもの」「基礎地盤の現場での調査」 など、その他「基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物」の分野ページはこちら

基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物に所属する技術動向

基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物の分野に属する技術の状況としては、2016年に1,081件、2017年に1,241件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物の分野においては特に近年建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するものの分野における動向が活発であり、他にもケーソンまたは沈設された構造物の水中での結合や 損傷した基礎または基礎構造物の修復といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては新日鐵住金株式会社や株式会社大林組、大成建設株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 金属の鋳造,同じ方法または装置による他の物質の鋳造や石灰,マグネシア,スラグ,セメント,その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料,人造石,セラミックス,耐火物,天然石の処理といった分野も含め、 新日鉄住金エンジニアリング株式会社や株式会社クボタといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】削孔間隔を広くとって削孔数を少なくすることができる注入材の地盤注入方法および装置の提供。【解決手段】袋体4の内部に開口する吐出口5から袋体4中に硬化性懸濁液を填充し、袋パッカ3を形成するとともに、袋体4、4間に開口する吐出口5から注入材を注入して地盤6を固結する地盤注入工法および装置Xにおいて、袋体4が硬化性懸濁液の一部を透過する透水性袋体であり、かつ、削孔7...

    地盤注入工法および注入管装置

  2. 【課題】充分に軽量化されかつ水が浸透しても土壌保持力に優れている人工土壌成形体を提供する。【解決手段】バーミキュライトなどの膨積性粒子を含む粒子状人工土壌資材と、耐水性ポリビニルアルコールとを必須成分とし、前記粒子を膨積させて成型した多孔質成形体からなり、前記膨積した際に人工土壌資材内に形成された空隙を耐水性ポリビニルアルコールの硬化物で保形した建築物の緑化用人工土壌...

    建築物の緑化用人工土壌成形体及び壁面緑化用パネル

  3. 【課題】ストレーナー位置まで水位が下がった場合でも、高い集水性能を有する地下水位低下装置及びこの地下水位低下装置を利用した地盤改良方法、ストレーナ装置を提供する。【解決手段】地盤に埋設されたケーシング管(2)の内側に流入した地下水を揚水手段7(例えば、水中ポンプ)により強制的に地上に排出することにより地下水位を低下させる地下水位低下装置(1)であって、前記ケーシング管...

    地下水位低下装置、地盤改良方法およびストレ—ナ装置

  4. 【課題】地盤状況が各層毎に異なる地盤に対して、これら各層毎に最適な注入を同時にあるいは選択的に達成し得るのみならず、地盤中の縦方向、横方向への立体的な注入をも可能とし、かつ、複数の注入管からの注入を任意に制御し得るとともに、複数の注入管を通して同時に注入し得、このため、微細土層への浸透注入の信頼性が向上し、かつ急速施工によって注入工期も短縮される多点地盤注入工法および...

    多点地盤注入工法および装置

  5. 【課題】毒性の強い六価クロムを含有するセメント系固化剤の代りに、酸化マグネシウムを主成分とし、処理土のPH値が5〜9好ましくは5.8〜8.6になるように酸性固化助剤を混合した中性固化剤を添加混合し、固化強度を著増し、アルカリ及び重金属汚染の恐れのない安全な改良土とした。【解決手段】酸化マグネシウム100重量部に、10〜100重量%の酸性固化助剤を混合した土壌中性固化剤...

    土壌中性固化剤及び地盤等の改良工法並びに重金属溶出防止手段

新着の技術

基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】パイルフレームは、移動可能なシャーシ(1)、本体(2)、コラム(3)、斜めブレース(4)と人字型フレーム(5)を含む。斜めブレース(4)に、張り出しコネクタ(4e)と可動接続ベース(4g)が設置され、人字型フレーム(5)に、移動接続ベース甲(5c)と移動接続ベース乙(5d)が設置され、本体(2)の伸縮可能な後方支持レッグ(2d)に、固定接続ベース(2...

    パイルフレームとその使用及び取り付け方法

  2. 【課題】 回転軸に対して半径方向に異なる複数の位置にある試料を一度に採取できる試料採取装置を提供する。【解決手段】 本装置は、未硬化の改良体に挿入されて回転する回転軸23と、基端部が、回転軸23の下端部に一体的に固定され、長手方向が外周側に突出するホルダ29、30と、筒状をなし、軸方向がホルダ29、30の長手方向に直交するように保持されるモールド31と、ホルダ29...

    試料採取装置

  3. 【課題】形状が可変であり、蒸散性と断熱性を有し、建設後に残置することが可能な型枠用に使用される独自の動的モジュール式構成システムを、土台の補強構造、支柱、独立基礎、耐震性の隔壁構造物に簡単かつ即時的に応用する目的で提供する。【解決手段】蒸散性と断熱性を有し、形状が可変である型枠用の、全ての形状の土台補強、支柱、独立基礎、および耐震性の隔壁構造物を補強するために使用され...

    土台、支柱、独立型基礎および耐震性の隔壁構造物を補強するための形状可変で断熱性を有する型枠用のモジュール式構成システム

  4. 【課題】杭頭部の周方向で定着筋の間隔が不均一であっても、杭頭部の発生曲げモーメントを定着筋の取付間隔を考慮に入れた杭頭接合部の許容曲げモーメント以下にする杭頭接合部の設計方法等を提供する。【解決手段】杭頭接合部の許容曲げモーメントに対応する許容曲げモーメントデータを用意する許容曲げモーメントデータ用意工程と、杭頭部に発生する発生曲げモーメントMoを算定する発生曲げモー...

    杭頭接合部の設計方法、施工方法、設計図、杭頭用定着筋の仕様書、及び、杭頭用定着筋の取付位置確認用装置

  5. 【課題】杭頭部の周方向にて定着筋の間隔が不均一であっても、杭頭部の発生曲げモーメントを定着筋の取付間隔を考慮に入れた杭頭接合部の許容曲げモーメント以下にすることができる杭頭接合部の設計方法等を提供する。【解決手段】杭頭部と、複数の定着筋と、杭頭部及び複数の定着筋を囲むコンクリートによって構成された基礎コンクリート部とを備える杭頭接合部の設計方法において、杭頭接合部の許...

    杭頭接合部の設計方法、施工方法、設計図及び杭頭用定着筋の仕様書

基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

基礎,根切り,築堤,地下または水中の構造物』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。