水工,基礎,土砂の移送 に関する技術一覧

「水工,基礎,土砂の移送」に関する技術の関連情報です。 「水工,基礎,土砂の移送」 の関連技術、「水工」「船のリフト装置または機構」 など、その他「水工,基礎,土砂の移送」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「水工,基礎,土砂の移送」の分野ページはこちら

水工,基礎,土砂の移送に所属する技術動向

水工,基礎,土砂の移送の分野に属する技術の状況としては、2019年に2,029件、2020年に1,986件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、水工,基礎,土砂の移送の分野においては特に近年船のリフト装置または機構の分野における動向が活発であり、他にも水工や 掘削,土砂の移送といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日立建機株式会社や株式会社小松製作所、コベルコ建機株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 成形や冶金といった分野も含め、 新日鉄住金エンジニアリング株式会社や清水建設株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

水工,基礎,土砂の移送』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】削孔間隔を広くとって削孔数を少なくすることができる注入材の地盤注入方法および装置の提供。【解決手段】袋体4の内部に開口する吐出口5から袋体4中に硬化性懸濁液を填充し、袋パッカ3を形成するとともに、袋体4、4間に開口する吐出口5から注入材を注入して地盤6を固結する地盤注入工法および装置Xにおいて、袋体4が硬化性懸濁液の一部を透過する透水性袋体であり、かつ、削孔7...

    地盤注入工法および注入管装置

  2. 【課題】充分に軽量化されかつ水が浸透しても土壌保持力に優れている人工土壌成形体を提供する。【解決手段】バーミキュライトなどの膨積性粒子を含む粒子状人工土壌資材と、耐水性ポリビニルアルコールとを必須成分とし、前記粒子を膨積させて成型した多孔質成形体からなり、前記膨積した際に人工土壌資材内に形成された空隙を耐水性ポリビニルアルコールの硬化物で保形した建築物の緑化用人工土壌...

    建築物の緑化用人工土壌成形体及び壁面緑化用パネル

  3. 【課題】バッテリの残量を常時一定レベル以上に保持し、負荷増大時には、エンジン出力を確実にアシストする。【解決手段】バッテリ10の目標残量Epと現在の残量Eとの残量偏差ΔEGが演算され、エンジン出力LDが、演算したアクチュエータ側要求出力(Le+LR)に、演算残量偏差相当分の出力ΔEGを加えた値となるように、エンジン2が制御される(LD=Le+LR+ΔEG)。

    エンジンの制御装置

  4. 【課題】劣化したバッテリのままで作業機械が作業し続けることを未然に防止する。【解決手段】キャパシタユニット300と、該キャパシタユニット300の電力を利用して作動する電動モータと、前記キャパシタユニット300の内部抵抗値を算出するための内部抵抗値算出手段(SOHモニタ400に含まれる)と、該内部抵抗値算出手段により算出された内部抵抗値を利用して、前記蓄電池の劣化状態を...

    作業機械及び作業機械の運転開始方法

  5. 【課題】オペレータに作業続行の意思がないときにのみエンジンを自動停止させる。【解決手段】リモコン弁8の操作が無くなった後、予め設定された猶予時間が経過し、かつ、オペレータの乗降口に設けられたゲートレバー13が開いた(オペレータが降車した)ときに、コントローラ7のエンジン制御部9からエンジン1のガバナ制御部24に停止信号を送ってエンジン1を自動停止させる。また、、エンジ...

    建設機械及びそのエンジン制御方法

新着の技術

水工,基礎,土砂の移送』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】降雨時に多く発生する法面崩壊を防止するための法面補強工事に用いて好適なアンカーパイプと、このアンカーパイプを用いて行う法面補強工法を提供する。【解決手段】アンカーパイプ1は、両端が開口したパイプ2と、該パイプ2の先端側領域6に形成される分岐片5と、パイプ2の後端開口部16からパイプ2の先端側領域6内へと圧入されることにより分岐片5を地盤G内で拡開させる詰め込み...

    アンカーパイプ及び法面補強工法

  2. 【課題】船舶のパラレルラインの長さに応じて防舷材の設置個数を簡単に増減することが可能な岸壁構造体及び防舷材の運用方法を提供する。【解決手段】岸壁構造体Kは、岸壁Gの起立面Sに固定される複数の固定防舷材10と、起立面Sにおいて固定防舷材10の側方に設置される複数の防舷材保持具30と、各防舷材保持具30に対し着脱可能に装着される複数の着脱式防舷材20とを備える。固定防舷材...

    岸壁構造体及び防舷材の運用方法

  3. 【課題】使用済みの紙おむつ、失禁用パッドなどの尿吸収製品をリサイクルした処理物を用いた土木資材を提供することを目的とする。【解決手段】 肌に触れる表面材と肌に非接触の裏面材と表面材と裏面材との間に設けられ尿を吸収する吸収部材とを備えた使用済みの尿吸収製品を細分化して熱処理を施した処理物を用いた土木資材1であって、処理物で構成された複数の吸水性のペレット10と、複数の...

    土木資材とその使用方法

  4. 【課題】作業現場に応じた3Dデータの外部からの受け取りや前もっての記憶を要することなく、作業者が施工面を容易に認識することを可能とする作業機械の作業補助装置および作業現場における施工面認識方法を提供する。【解決手段】施工面設定装置1は、本体座標検出部53と、本体角度検出部54と、排土板角度検出部55と、排土板座標演算部502と、入力部52と、施工面演算部503と、記憶...

    作業機械の作業補助装置および作業現場における施工面認識方法

  5. 【課題】油圧シリンダを用いて連結ピンを伸縮させて二部材を連結するピン連結装置において、ガタつきに伴う連結ピンの回転が油圧シリンダのシリンダヘッドに作用しない技術の提供。【解決手段】ピン連結装置6は、シリンダロッド71及びシリンダヘッド73を含む油圧シリンダ7と、シリンダヘッド73の胴部を内側に挿通可能な円筒状のパイプ8と、円筒状の連結ピン9と、押さえプレート81とを備...

    ピン連結装置及び建設機械

水工,基礎,土砂の移送 ページ上部に戻る