水工,基礎,土砂の移送 に関する技術一覧

「水工,基礎,土砂の移送」に関する技術の関連情報です。 「水工,基礎,土砂の移送」 の関連技術、「水工」「船のリフト装置または機構」 など、その他「水工,基礎,土砂の移送」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「水工,基礎,土砂の移送」の分野ページはこちら

水工,基礎,土砂の移送に所属する技術動向

水工,基礎,土砂の移送の分野に属する技術の状況としては、2016年に2,187件、2017年に2,721件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、水工,基礎,土砂の移送の分野においては特に近年船のリフト装置または機構の分野における動向が活発であり、他にも水工や 掘削,土砂の移送といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日立建機株式会社や株式会社小松製作所、コベルコ建機株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 冶金や成形といった分野も含め、 新日鉄住金エンジニアリング株式会社や株式会社クボタといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

水工,基礎,土砂の移送』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】削孔間隔を広くとって削孔数を少なくすることができる注入材の地盤注入方法および装置の提供。【解決手段】袋体4の内部に開口する吐出口5から袋体4中に硬化性懸濁液を填充し、袋パッカ3を形成するとともに、袋体4、4間に開口する吐出口5から注入材を注入して地盤6を固結する地盤注入工法および装置Xにおいて、袋体4が硬化性懸濁液の一部を透過する透水性袋体であり、かつ、削孔7...

    地盤注入工法および注入管装置

  2. 【課題】充分に軽量化されかつ水が浸透しても土壌保持力に優れている人工土壌成形体を提供する。【解決手段】バーミキュライトなどの膨積性粒子を含む粒子状人工土壌資材と、耐水性ポリビニルアルコールとを必須成分とし、前記粒子を膨積させて成型した多孔質成形体からなり、前記膨積した際に人工土壌資材内に形成された空隙を耐水性ポリビニルアルコールの硬化物で保形した建築物の緑化用人工土壌...

    建築物の緑化用人工土壌成形体及び壁面緑化用パネル

  3. 【課題】バッテリの残量を常時一定レベル以上に保持し、負荷増大時には、エンジン出力を確実にアシストする。【解決手段】バッテリ10の目標残量Epと現在の残量Eとの残量偏差ΔEGが演算され、エンジン出力LDが、演算したアクチュエータ側要求出力(Le+LR)に、演算残量偏差相当分の出力ΔEGを加えた値となるように、エンジン2が制御される(LD=Le+LR+ΔEG)。

    エンジンの制御装置

  4. 【課題】劣化したバッテリのままで作業機械が作業し続けることを未然に防止する。【解決手段】キャパシタユニット300と、該キャパシタユニット300の電力を利用して作動する電動モータと、前記キャパシタユニット300の内部抵抗値を算出するための内部抵抗値算出手段(SOHモニタ400に含まれる)と、該内部抵抗値算出手段により算出された内部抵抗値を利用して、前記蓄電池の劣化状態を...

    作業機械及び作業機械の運転開始方法

  5. 【課題】オペレータに作業続行の意思がないときにのみエンジンを自動停止させる。【解決手段】リモコン弁8の操作が無くなった後、予め設定された猶予時間が経過し、かつ、オペレータの乗降口に設けられたゲートレバー13が開いた(オペレータが降車した)ときに、コントローラ7のエンジン制御部9からエンジン1のガバナ制御部24に停止信号を送ってエンジン1を自動停止させる。また、、エンジ...

    建設機械及びそのエンジン制御方法

新着の技術

水工,基礎,土砂の移送』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 作業車両

    【課題・解決手段】車両本体(110)に対して回動可能に支持された可動ブラケット(71)、該可動ブラケット(71)に支持されて軸線o2回りに回転駆動するファン(80)、及び、該ファン(80)を外周側から覆う可動シュラウド(90)する送風ユニット(7)を備え、可動シュラウド(70)は、可動ブラケット(71)に対向して支持されてファン(80)を囲うシュラウド本体(90A)と...

    作業車両

  2. 【課題・解決手段】閉位置と開位置との間で車両本体(110)に回動可能に支持された送風ユニット(70)と、送風ユニット(70)が閉位置にある際に、送風ユニット(70)の上下方向位置を調整する位置調整部(200)と、を備え、位置調整部(200)は、車両本体(110)に設けられて、上下に貫通する第一貫通部(214)を有する第一プレート(210)と、送風ユニット(70)に設け...

    作業車両及び作業車両の可動部の位置調整方法

  3. 【課題・解決手段】一実施形態に係るエジェクタ(1)は、砂質土(M)と連続繊維(S)とが混ざり合った補強土(G)を施工面(N)に築造する連続繊維補強土工法に用いられるエジェクタ(1)であって、ノズル(4)と高圧水路(5)と第1のモータ(6)とを備える。ノズル(4)は、高圧水(W)を噴射し、連続繊維(S)を高圧水(W)の水流に乗せて繰り出す。高圧水路(5)は、ノズル(4)...

    エジェクタ

  4. 技術 作業車両

    【課題・解決手段】後部通路(R1)を含む通路を有する車両本体(110)と、後部通路(R1)の後縁に沿って車両本体(110)の幅方向に延びる通常位置と、車両本体(110)から後方に向かって延びる退避位置との間で、上下方向に延びる回動軸線(O2)回りに車両本体(110)に回動可能に支持された可動柵(240)と、を備える。

    作業車両

  5. 技術 作業車両

    【課題・解決手段】作業車両は、車両本体と、前記車両本体の一部を覆う外装板と、前記車両本体のうち前記外装板の周囲に配置された収容部と、前記収容部の内部空間を封じるための蓋部と、前記収容部と前記蓋部とを連結し、前記外装板側にあって前記蓋部を開閉させる開閉機構と、前記蓋部が開いた状態で、前記蓋部における前記外装板側の端部の上方、かつ、前記外装板の下方に形成される第1空間部とを備える。

    作業車両

水工,基礎,土砂の移送 ページ上部に戻る