街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般 に関する技術一覧

「街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般」に関する技術の関連情報です。 「街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般」 の関連技術、「建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するもの」「道路またはその類似物の表面をしめらせるかしめらせないで行なう表面からの無用物の除去」 など、その他「街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般」の分野ページはこちら

街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般に所属する技術動向

街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般の分野に属する技術の状況としては、2017年に114件、2018年に70件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般の分野においては特に近年建設の設計・施工・管理等の支援システムに関するものの分野における動向が活発であり、他にも無用物または類似物の除去用要素と,雪または氷の除去用要素との双方を備えているかまたは備える用意のある装置や 他に分類されない,好ましくないもの,例.廃物,の地面からの除去といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては本田技研工業株式会社や豊和工業株式会社、宇部興産株式会社が豊富な実績を残しており、 東日本旅客鉄道株式会社などは、 鉄道交通の案内,鉄道交通の保安や軌道,軌道用の工具,あらゆる種類の鉄道建設用機械といった分野も含め、 ナブテスコ株式会社や三菱電機株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】複雑な制御回路を用いた電源を用いること無く、優れた速熱性が得られる面発熱体と、その発熱方法を提供する。【解決手段】第1電極対21と第2電極対22を、平面方向で重複しない様に、電熱層10の表面、裏面、或いは表裏両面に形成する。各電極対は各々独立に開閉できる別個の開閉器を通じて電源に接続する。また、電熱層の電極対形成面上に更に電熱層を積層したり、電熱層の最表面や最...

    面発熱体及び発熱方法

  2. 技術 融雪装置

    【課題】融雪装置に必要となる電気を燃料電池システムの発電により賄い、発電に伴い発生する熱を回収し、回収した熱と発電から得られる電気を利用し融雪することのできる融雪装置を提供する。【解決手段】燃料電池システム1にはプロパンボンベ22が燃料供給配管5で連結されており、燃料電池システム1と貯湯タンク21をつなぐ冷却水配管2には循環ポンプ3が配設され、循環ポンプ3の電源線4は...

    融雪装置

  3. 技術 作業車両

    【課題】作業機を備える作業車両において、直進性および旋回性の双方における走行操作性の確保しようとすると、作業車両の製造コストのアップを招いてしまう。【解決手段】内燃式エンジン31と、電動モータ62L・62Rと、除雪部2と、左右一対のクローラ式走行装置4L・4Rと、を備える除雪機1は、左右一対の遊星ギア式差動装置70L・70Rを備え、左右の各側で、エンジン31の出力と電...

    作業車両

  4. 【課題】 経年変化により、境界ブロックと舗装材との境目に垂直方向の隙間が発生し、隙間に飛来した雑草の種子が雨水の流れて発芽すると、光合成により成長する性質から、芽が屈光性により隙間を通じて上方へ延び(背地性)、根は屈地性により逆に下方へ伸びて(向地性)成長し、繁殖する。【解決手段】 接合される一方の構造物1に、その壁面において開口する防草用凹部2を設け、該防草用凹...

    • 公開日:2004/06/17
    • 出願人: 石川繁
    • 発明者: 石川繁
    • 公開番号:2004-169544号

    防草等を意図した構造物の構造と構造物と構造物の防草等の工法

  5. 【課題】道路や建物に積雪した雪を簡易、かつ低コストに融雪することができるフェライト磁性体を使用した融雪方法を提供する。【解決手段】フェライト磁性材料に対して出力手段から所定の周波数及び出力の電磁波を照射して透過する電磁波を熱エネルギーに変換して融雪可能にする。

    フェライト磁性体を使用した融雪方法

新着の技術

街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】微粒子が揚水兼還元井に堆積するのを防ぐ。【解決手段】揚水兼還元井において、滞水層に配置された、側面に複数の孔を有する透水管と、透水管の先端に取り付けられた先端補強桝と、一端が先端補強桝内に配置された排水管と、排水管の上部に配置された給水管と、を有する。給水管の一端は先端補強桝内に配置されていることが望ましい。また、先端補強桝の少なくとも一部は滞水層下の下層にあ...

    融雪装置、融雪槽、井戸、及び井戸の構築方法

  2. 【課題】作業車両が上り車線と下り車線のいずれにおいて作業をしているのかを判別できること。【解決手段】作業状況表示制御装置は、作業車両の現在位置を示す位置情報を取得する位置情報取得部と、位置情報と、道路の起点からの距離を示す距離標の距離表示と距離標の地図上の位置とが対応づけられた情報である距離標情報とに基づいて、複数の距離標のうち位置情報が示す作業車両の現在位置の近傍の...

    作業状況表示制御装置、作業状況表示制御システム、及びプログラム

  3. 【課題】本発明は、各種道路の路肩、法面或は農耕地の外周面の雑草地に、道路標識、電柱、広告或は野獣防護柵等の各種支柱が設置されているが、それら支柱の外表面に接して成長しこれらを手刈り或は刈払機で除去等行っている。この際手刈りは人的疲労が大きく又作業時間を要している。他方刈払機の場合では支柱表面の近くを刈払う為注意が必要で精神的疲労と、支柱の折損、刈刃の欠損等復旧、修復に...

    雑草地に設置される支柱廻りの防草鍔

  4. 【課題】ラッチを有するホッパの排出ドアの開閉に係る構造を簡略化でき、低コストとなる路面清掃車を提供する。【解決手段】路面清掃車において、排出ドア10による排出口の閉状態で、動作端が第2の係止位置にあり、ラッチ26,26がロック位置にある状態から油圧シリンダ15を収縮動作させると、動作端が第1の係止位置に移動することで、ラッチ26,26は連係機構25を介してロック解除位...

    路面清掃車

  5. 技術 除雪装置

    【課題】 オーガとブロアとを独立して回転駆動できるようにして、構造を単純化するとともに、雪の負荷による影響を極力低減できるようにして、機能性の向上を図る。【解決手段】 トラクタTに接続される除雪部10と除雪部10を駆動する駆動部40とを備え、除雪部10を、オーガケース12に保持されたオーガ11とオーガ11によって集約された雪を回転させられて排出するブロア13とを備...

    除雪装置

街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON