橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列 に関する技術一覧

「橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列」に関する技術の関連情報です。 「橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列」 の関連技術、「木材」「コンクリート,石材または石状材料」 など、その他「橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列」の分野ページはこちら

橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列に所属する技術動向

橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列の分野に属する技術の状況としては、2016年に1件、2017年に3件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列の分野においては特に近年木材の分野における動向が活発であり、他にも金属や 合成樹脂といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては鹿島建設株式会社や大成建設株式会社、新日鉄住金マテリアルズ株式会社が豊富な実績を残しており、 岡部株式会社などは、 壁,床,天井または屋根に対する型枠,堰板または仮設作業や橋の架設または組立てに特に適した方法または装置といった分野も含め、 岡部テクノシステム株式会社や岡部テクノシステム株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】充填が容易で、取り扱いが容易で、所望の圧縮強度が得られ、且つPC鋼材を腐食させる物質の侵入を防ぐことができるグラウト、及び容易に製造することができ、且つ耐久性に優れるPC構造物を提供する。【解決手段】(1)ビーライトを40重量%以上含有する高ビーライト系ポルトランドセメント;(2)ポリカルボン酸系高性能減水剤;(3)無機混和材;及び(4)水を含有するグラウト:...

    グラウト及びPC構造物

  2. 【課題】軽量、高強度で、衝撃にも強く、吸音性能にも優れた、孔明き板を配置した吸音材およびその吸音構造体を提供する。【解決手段】開口率が30%以下の、例えば、アルミニウム、ステンレス、鉄等の金属板に孔明け加工した孔明き板1の背後に、表裏に連通する多数の細孔を有し、単位面積当たりの空気の流れ抵抗が100N・S/m3以上の多孔質材2、例えば、アルミニウム、アルミニウム合金、...

    吸音材および吸音構造体

  3. 【課題】緊張に際しての糸切れの問題を解決し、又、施工に際してのボイドの発生をも回避して被補強面に対して充分な接着力を得ることのできる、特に、緊張接着工法に基づくコンクリート構造物の補強などを極めて作業性良く実施することのできる繊維強化シートを提供する。【解決手段】繊維強化シート1にて、強化繊維fにマトリクス樹脂が含浸され、硬化された連続した繊維強化プラスチック線材2を...

    繊維強化シート

  4. 【課題】上部構造物に作用する水平荷重を全方向に亘って、せん断変形によって応答することができ、したがって全方向水平力分散支承として機能させることができる機能分離型橋梁支承装置を提供する。【解決手段】上部構造物4が水平方向に移動自在なように、その鉛直荷重を支持する滑り支承と、上部構造物の鉛直荷重を支持することなく、水平方向全方向にせん断変形して、上部構造の水平荷重を支持す...

    機能分離型橋梁支承装置

  5. 【課題】構造物の層間の開口部分を塞ぐことがなく、空間の有効利用が図れ、しかも構造物の曲げ変形に対しても適切な制震効果を発揮できる制震ダンパーと制震橋を提供する。【解決手段】制震ダンパー40は、複数の細長状鋼板31、31’、31”と矩形状鋼板32、32’、32”とが互いに向かい合い、各鋼板の間にそれぞれ粘弾性体33の層が挟み込まれており、構造物の柱35に沿わせた状態で細...

    制震ダンパー及び制震橋

新着の技術

橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】異なる2つのコンクリート部材の接合部のひび割れ抵抗性能および耐腐食性能を向上させる。【解決手段】高架橋梁は,床版1と,床版1上に立設されるプレキャスト壁高欄3とを備えている。両端部に大径の解燃型定着構造2aを備え,緊張された連続繊維補強材2の一端部が,上記定着構造2aを含めて床版1に埋設されており,上記連続繊維補強材2の他端部が,上記定着構造2aを含めてプレキ...

    連続繊維補強材を適用したコンクリート構造物およびコンクリート部材の接合方法

  2. 【課題】少ない労力でかつ短時間に鉄筋コンクリート躯体の表面からコンクリートを除去して鉄筋を露出させる。【解決手段】鉄筋コンクリート躯体1の表面側鉄筋2aの背部に爆薬5を配置して起爆することにより、表面側鉄筋2aが露出するように表面側コンクリート部分3aを破砕できる。爆薬5を配置するために設けられる装薬孔7は、填塞材8を付着させるための長さを確保するため、除去すべき表面...

    鉄筋コンクリート躯体の表面からコンクリートを除去する方法

  3. 【課題】本願発明の課題は、従来技術が抱える問題を解決することであり、すなわち、既設ナットを締め込むことができない鋼棒アンカーや、緊張余長が確保されていない鋼棒アンカーに対しても再緊張することができる鋼棒アンカーの再緊張方法を提供することである。【解決手段】本願発明の鋼棒アンカーの再緊張方法は、ナット破断工程と、ナット設置工程、再緊張工程、再定着工程を備えた方法である。...

    鋼棒アンカーの再緊張方法

  4. 【課題】鉄筋籠の変形を抑制する鉄筋籠移設装置を提供する。【解決手段】トロリー装置151は、各々のメインフレーム131に設けられ平面視においてウェブ105bに沿って延在する一対のトロリーレール153と、トロリーレール153に案内されて移動するトロリー155と、鉄筋籠150の一対の側壁鉄筋部13の各々の上方に配置され、各々の側壁鉄筋部13に連結されると共に吊材を介してトロ...

    鉄筋籠移設装置

  5. 【課題】桁の軸線方向にプレストレスが導入されたコンクリート床版を狭い範囲に限定して補修し、補修後の部分にもプレストレスを導入する。【解決手段】床版のコンクリート2aを斫り、該床版のコンクリート内で桁の軸線方向に配置された既設緊張材31の中間部分の二か所を露出させて中間定着具32A,32Bを固着し、既設緊張材31を床版のコンクリート2c,2dに定着する。固着された二つの...

    床版の補修方法及び中間定着具

橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列の詳細カテゴリ一覧

橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

橋の材料構成に関し,グループ1/00〜22/00と関連するインデキシング系列 ページ上部に戻る