建造物 に関する技術一覧

「建造物」に関する技術の関連情報です。 「建造物」 の関連技術、「軌道,軌道用の工具,あらゆる種類の鉄道建設用機械」「道路,競技場あるいは類似のものの建設またはその表面の作成,建設または修復用の機械または補助工具」 など、その他「建造物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「建造物」の分野ページはこちら

建造物に所属する技術動向

建造物の分野に属する技術の状況としては、2015年に1,025件、2016年に1,064件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、建造物の分野においては特に近年軌道,軌道用の工具,あらゆる種類の鉄道建設用機械の分野における動向が活発であり、他にも街路の清掃,軌道の清掃,海岸の清掃,地面の清掃,霧の消散一般や 橋といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては積水樹脂株式会社や公益財団法人鉄道総合技術研究所、東日本旅客鉄道株式会社が豊富な実績を残しており、 公益財団法人鉄道総合技術研究所などは、 鉄道や運輸といった分野も含め、 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構や株式会社大林組といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

建造物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電波を用いた通信又はセンシング時において、周辺の道路付帯設備に起因して発生する不要電波を抑制する不要電波抑制方法及び不要電波の発生を抑制した道路付帯設備を提供する。【解決手段】電波を用いた通信又はセンシング時において、周辺の道路付帯設備21,22によって発生する不要な電波を抑制するために、前記道路付帯設備21,22に電波吸収体5を取り付け、又は道路付帯設備21...

    不要電波抑制方法及び道路付帯設備

  2. 【課題】夏期における都市部等のヒートアイランド現象の緩和に有効な土木建築用構造体を提供する。【解決手段】土木建築用構造体は、連続気孔11を有する多孔質層1の連続気孔11内に、吸水性樹脂12を、該多孔質層1表面に露出しないように存在せしめてなる。

    土木建築用構造体およびその製造方法

  3. 【課題】既存の直管型またはサークライン型蛍光灯の規格に対応でき、既存の直管型またはサークライン型蛍光灯取付器具および筐体を改造することなく、蛍光灯型から発光ダイオード灯型へ容易に兌換切り換えることができる。【解決手段】例えば棒状またはリング状に形成した透明もしくは不透明パイプからなる合成樹脂外管体と、この棒状合成樹脂外管体の開口両端部に調整可能に取り付けた口金と、この...

    蛍光灯兌換型発光ダイオード灯

  4. 【課題】仰角の小さい配光特性を有し、発光面積を大きくした光照射装置を提供する。【解決手段】導光板1はアクリル樹脂やエポキシ樹脂等の透光性部材により断面形状が略直角三角形であり且つ平面視略矩形の平板状に形成されている。導光板1内の光が表面F側の界面へ入射する入射角をγ、導光板1の臨界角をθとしたとき、導光板1の裏面Rと表面Fとのなす角(傾き角)αを不等式(α<(θ+γ)...

    光照射装置

  5. 【課題】鋼製床版とコンクリート層とを複合化した複合鋼床版では、コンクリート層の付着強度や引張強度が低く、クラックが発生しやすく、耐久性・防水・防錆性能を高めにくく、合成された複合鋼床版として評価し難い。【解決手段】このゴムラテックスモルタル複合鋼床版2においては、車道部ではデッキプレート12の上にゴムラテックスモルタル層7(例えば厚さ20〜30mm)と、アスファルト層...

    ゴムラテックスモルタル複合鋼床版

新着の技術

建造物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、昇降整正装置の前方で整正すべき軌道位置を測定するための制御測定装置と、この昇降整正装置の後方で前記整正された軌道位置を測定するための検査用測定装置と、前記測定値を表示するために付設された出力装置とを有する軌道を走行可能な保線用機械によって、鉄道軌道の軌道形状を測定して表示するための方法に関する。前記昇降整正装置が、予め設定されている目標軌道...

    鉄道軌道の軌道形状を測定して表示するための方法

  2. 【課題】 筒状のローラを用いたレール仮置き台において、その使い勝手を向上させる。【解決手段】 共通のベース部3に第1ローラ部5及び第2ローラ部7を設ける。レール交換作業は、通常、左右のレールR交換を同時に行う。このため、新しいレールRは、通常、2本1組として、既存レールRの近傍に仮置きされる。そして、本発明では、1つのレールR仮置き台1にて2本のレールRを仮置きす...

    レール仮置き台

  3. 【課題】 上面がL形街渠の自由勾配門形側溝において6%エプロン傾斜と2%車道部横断勾配の変化を無くし、アスファルト舗装自転車走行帯を形成する。【解決手段】 渠底近くが上面舗装止めとなる縁石付落し蓋を用い、エプロン面も含めて2%勾配のアスファルト上面舗装とし、自転車走行に適した路側帯を設ける。

    エプロンにアスファルト舗装するプレキャストコンクリート街渠用自由勾配門形側溝

  4. 【課題】柱および梁を有する鉄筋コンクリート構造物において、柱を長スパン化したり、梁断面高さを縮小したりしても、柱と梁との接合部の耐力を所定以上に保てるようにする。【解決手段】接合部1aにおいて、柱2と梁3のうち一方の部材2の先端部が、他方の部材3の何処かの部位と接合しており、一方の部材2を構成する複数の主鉄筋21は、接合部1aを貫通するとともに、接合部1aの、一方の部...

    柱梁接合構造および鉄筋コンクリート構造物

  5. 【課題】縦線材と折曲線材の絡み付きを防止し、全体を見栄えよく容易に施工できるフェンスおよび道路防護柵を提供する。【解決手段】道路防護柵に用いられるフェンス2は、横方向に延びる上下の主枠11,12と、主枠11,12の間を縦方向に延びる縦線材13と、縦線材13に沿ってジグザグ形に折り曲げられた折曲線材14とを備える。フェンス外枠15の内側領域に、動物の通り抜けを禁止するネ...

    傾斜地に好適なフェンスおよび道路防護柵

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • MEMS・マイクロマシン・組込システム

    MEMS (Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)…

  • 高性能コンピュータ

    2015年4月、理化学研究所は新規のスーパーコンピュータシステム「HOKUSAI GreatWave…

  • 人工知能

    米国Google社が2015年6月23日に発表した“A Neural Conversational …

ページトップへ

建造物 ページ上部に戻る