固定構造物 に関する技術一覧

「固定構造物」に関する技術の関連情報です。 「固定構造物」 の関連技術、「建造物」「水工,基礎,土砂の移送」 など、その他「固定構造物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「固定構造物」の分野ページはこちら

固定構造物に所属する技術動向

固定構造物の分野に属する技術の状況としては、2017年に12,015件、2018年に10,303件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、固定構造物の分野においては特に近年このセクションの中で他に分類されない主題事項の分野における動向が活発であり、他にも戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしごや 地中もしくは岩石の削孔,採鉱といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社LIXILやTOTO株式会社、日立建機株式会社が豊富な実績を残しており、 鹿島建設株式会社などは、 固定構造物や処理操作,運輸といった分野も含め、 大成建設株式会社や清水建設株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

固定構造物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電波を用いた通信又はセンシング時において、周辺の道路付帯設備に起因して発生する不要電波を抑制する不要電波抑制方法及び不要電波の発生を抑制した道路付帯設備を提供する。【解決手段】電波を用いた通信又はセンシング時において、周辺の道路付帯設備21,22によって発生する不要な電波を抑制するために、前記道路付帯設備21,22に電波吸収体5を取り付け、又は道路付帯設備21...

    不要電波抑制方法及び道路付帯設備

  2. 【課題】消費電力を低減させた接触感応型のデータ伝送システムを提供する。【解決手段】本システムは、利用者に装着される第1の送受信器10とデータ処理装置50に接続される第2の送受信器30とからなる。第1の送受信器10は人体に接触する信号電極11と接地電極12とを備え、第2の送受信器30は信号経路としての利用者の体が接触する1つのタッチ電極31を有している。第1の送受信器1...

    信号伝送経路として人体を利用したデータ伝送システム

  3. 【課題】本発明は、保守センタと離れた位置にある機械式駐車場等のシーケンサにより制御される一又は複数の機械設備で故障が発生した際に、迅速な故障復旧を行なうことのできる遠隔故障診断システムを提供する事を目的とする。【解決手段】遠隔地における保守センタより通信網を介して保守担当部門及び機械設備結び、故障診断を行なう機械設備における遠隔故障診断システムにおいて、前記保守センタ...

    機械設備における遠隔故障診断システム

  4. 技術 建物

    【課題】建物全体の高さを抑えて建設コストを低減でき、居室および収納スペースを有効に配置できる建物を提供すること。【解決手段】少なくとも1つの特定フロアと、その上方に設けられる屋根4と、特定フロアと屋根4との間に形成される小屋裏空間5とを備える建物1において、特定フロアは、その一部に設けられた中間床40と、この中間床40の下側に形成された中間床下側空間41と、中間床40...

    建物

  5. 【課題】 径方向、軸方向が小さくなる軸流式の水車からなる発電手段を配設させることで、小型化を可能とした発電装置およびその発電装置付自動水栓装置を実現する。【解決手段】 給水源から吐水口にかけての水路6に設けられ、この水路6の流水により水車31を回転させて発電する発電手段30を備える発電装置において、発電手段30は、水車31と、水車31に固設された永久磁石34と、こ...

    発電装置およびその発電装置付自動水栓装置

新着の技術

固定構造物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】この梁接合構造は、互いに対をなす第一支持部材及び第二支持部材と、前記第一支持部材と前記第二支持部材との間に掛け渡された梁と、前記第一支持部材から前記第二支持部材に向かう方向に突出するように配置される補強部材と、を備え、前記梁の材軸方向に垂直であるとともに第一接合部を含む仮想平面からの、前記補強部材の突出長さxが第一距離以上、第二距離以下であり、前記第...

    梁接合構造、梁接合構造の設計方法、及び梁接合構造の製造方法

  2. 【課題】 火傷する恐れを減らし、作業者の負担を軽減する。【解決手段】 前部に滑車20を懸吊する簡易クレーン10が設置されたビティ式仮設足場201の内、簡易クレーン10の下に荷降ろし補助具30を着脱自在に装着する。荷降ろし補助具30は基部部材31とブレーキ部34を備え、ブレーキ部34は荷降ろしロープ3が巻き掛けられる胴部35と胴部35に巻き掛けられた荷降ろしロープ3...

    簡易クレーン用の荷降ろし補助具、荷降ろし装置、簡易クレーン

  3. 【課題】手袋の頻繁な交換や火傷する恐れを減らし、作業性を改善する。【解決手段】ビティ仮設足場1の最上ステージに立てられた建枠部材2の前面側縦枠8の上端部に荷降ろし補助具40の基部支柱をクランプで締結し、この際、基部支柱の上端部に固着されたフックを横枠に嵌合する。基部支柱の上端部から斜め上向きの前方に延設されたアーム部45の前端部に装着された滑車取り付け部46に滑車90...

    荷降ろし補助具、ブレーキ用補助具

  4. 【課題・解決手段】支持できる箇所が限られる構造物を荷重がかかる方向に免震することは難しかった。構造物70または地面71に接続する振動側接続部19と、振動を伝えない対象である免震対象に接続され免震する方向に振動側接続部19に対して移動可能な免震対象接続部26と振動側接続部19の間に設けられて、免震対象接続部26を固定するか移動可能にするかを切り替えるロック部13と、間隔...

    免震装置、昇降装置および免震ユニット

  5. 【課題】十分な復元性と耐久性が得られる踏切用フランジウェイの間詰構造を提供する。【解決手段】軌間内ブロック12と軌条11との間に設置された中空状の弾性防護部材22と、弾性防護部材22の上部で、軌間内ブロック12の上辺端縁部から軌条11に向かって配置されフランジウェイ14を覆う複合シール板23と、を備え、複合シール板23は、硬質で折れ曲がり自在な可撓性の防護材24と、表...

    踏切用フランジウェイの間詰構造

固定構造物 ページ上部に戻る