固定構造物 に関する技術一覧

「固定構造物」に関する技術の関連情報です。 「固定構造物」 の関連技術、「建造物」「水工,基礎,土砂の移送」 など、その他「固定構造物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「固定構造物」の分野ページはこちら

固定構造物に所属する技術動向

固定構造物の分野に属する技術の状況としては、2016年に10,820件、2017年に12,008件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、固定構造物の分野においては特に近年このセクションの中で他に分類されない主題事項の分野における動向が活発であり、他にも戸,窓,シャッタまたはローラブラインド一般,はしごや 地中もしくは岩石の削孔,採鉱といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社LIXILやTOTO株式会社、日立建機株式会社が豊富な実績を残しており、 鹿島建設株式会社などは、 固定構造物や処理操作,運輸といった分野も含め、 大成建設株式会社や清水建設株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

固定構造物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】電波を用いた通信又はセンシング時において、周辺の道路付帯設備に起因して発生する不要電波を抑制する不要電波抑制方法及び不要電波の発生を抑制した道路付帯設備を提供する。【解決手段】電波を用いた通信又はセンシング時において、周辺の道路付帯設備21,22によって発生する不要な電波を抑制するために、前記道路付帯設備21,22に電波吸収体5を取り付け、又は道路付帯設備21...

    不要電波抑制方法及び道路付帯設備

  2. 【課題】消費電力を低減させた接触感応型のデータ伝送システムを提供する。【解決手段】本システムは、利用者に装着される第1の送受信器10とデータ処理装置50に接続される第2の送受信器30とからなる。第1の送受信器10は人体に接触する信号電極11と接地電極12とを備え、第2の送受信器30は信号経路としての利用者の体が接触する1つのタッチ電極31を有している。第1の送受信器1...

    信号伝送経路として人体を利用したデータ伝送システム

  3. 【課題】本発明は、保守センタと離れた位置にある機械式駐車場等のシーケンサにより制御される一又は複数の機械設備で故障が発生した際に、迅速な故障復旧を行なうことのできる遠隔故障診断システムを提供する事を目的とする。【解決手段】遠隔地における保守センタより通信網を介して保守担当部門及び機械設備結び、故障診断を行なう機械設備における遠隔故障診断システムにおいて、前記保守センタ...

    機械設備における遠隔故障診断システム

  4. 技術 建物

    【課題】建物全体の高さを抑えて建設コストを低減でき、居室および収納スペースを有効に配置できる建物を提供すること。【解決手段】少なくとも1つの特定フロアと、その上方に設けられる屋根4と、特定フロアと屋根4との間に形成される小屋裏空間5とを備える建物1において、特定フロアは、その一部に設けられた中間床40と、この中間床40の下側に形成された中間床下側空間41と、中間床40...

    建物

  5. 【課題】 径方向、軸方向が小さくなる軸流式の水車からなる発電手段を配設させることで、小型化を可能とした発電装置およびその発電装置付自動水栓装置を実現する。【解決手段】 給水源から吐水口にかけての水路6に設けられ、この水路6の流水により水車31を回転させて発電する発電手段30を備える発電装置において、発電手段30は、水車31と、水車31に固設された永久磁石34と、こ...

    発電装置およびその発電装置付自動水栓装置

新着の技術

固定構造物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 作業車両

    【課題・解決手段】車両本体(110)に対して回動可能に支持された可動ブラケット(71)、該可動ブラケット(71)に支持されて軸線o2回りに回転駆動するファン(80)、及び、該ファン(80)を外周側から覆う可動シュラウド(90)する送風ユニット(7)を備え、可動シュラウド(70)は、可動ブラケット(71)に対向して支持されてファン(80)を囲うシュラウド本体(90A)と...

    作業車両

  2. 【課題・解決手段】閉位置と開位置との間で車両本体(110)に回動可能に支持された送風ユニット(70)と、送風ユニット(70)が閉位置にある際に、送風ユニット(70)の上下方向位置を調整する位置調整部(200)と、を備え、位置調整部(200)は、車両本体(110)に設けられて、上下に貫通する第一貫通部(214)を有する第一プレート(210)と、送風ユニット(70)に設け...

    作業車両及び作業車両の可動部の位置調整方法

  3. 【課題・解決手段】一実施形態に係るエジェクタ(1)は、砂質土(M)と連続繊維(S)とが混ざり合った補強土(G)を施工面(N)に築造する連続繊維補強土工法に用いられるエジェクタ(1)であって、ノズル(4)と高圧水路(5)と第1のモータ(6)とを備える。ノズル(4)は、高圧水(W)を噴射し、連続繊維(S)を高圧水(W)の水流に乗せて繰り出す。高圧水路(5)は、ノズル(4)...

    エジェクタ

  4. 技術 作業車両

    【課題・解決手段】後部通路(R1)を含む通路を有する車両本体(110)と、後部通路(R1)の後縁に沿って車両本体(110)の幅方向に延びる通常位置と、車両本体(110)から後方に向かって延びる退避位置との間で、上下方向に延びる回動軸線(O2)回りに車両本体(110)に回動可能に支持された可動柵(240)と、を備える。

    作業車両

  5. 技術 作業車両

    【課題・解決手段】作業車両は、車両本体と、前記車両本体の一部を覆う外装板と、前記車両本体のうち前記外装板の周囲に配置された収容部と、前記収容部の内部空間を封じるための蓋部と、前記収容部と前記蓋部とを連結し、前記外装板側にあって前記蓋部を開閉させる開閉機構と、前記蓋部が開いた状態で、前記蓋部における前記外装板側の端部の上方、かつ、前記外装板の下方に形成される第1空間部とを備える。

    作業車両

固定構造物 ページ上部に戻る