セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置 に関する技術一覧

「セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置」に関する技術の関連情報です。 「セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置」 の関連技術、「蒸解前の細割り材料の予備処理」「パルプ化薬液の再生」 など、その他「セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置」の分野ページはこちら

セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置に所属する技術動向

セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置の分野に属する技術の状況としては、2017年に70件、2018年に45件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置の分野においては特に近年蒸解前の細割り材料の予備処理の分野における動向が活発であり、他にも蒸解器や セルロース含有材料のパルプ化といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては日本製紙株式会社や王子マテリア株式会社、デュプロ精工株式会社が豊富な実績を残しており、 日本製紙株式会社などは、 パルプ組成物,サブクラスD21C,D21Dに包含されないその製造,紙の含浸またはコーティング,クラスB31またはサブクラスD21Gに包含されない完成紙の処理,他に分類されない紙や印刷,複製,マーキングまたは複写方法,カラー印刷といった分野も含め、 川崎重工業株式会社や株式会社東芝といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ホットメルトやCD等の熱溶融性かつアルカリ溶融性の材料を含む古紙を選別せずにそのまま利用することができる、経済的な古紙パルプの製造方法とする。【解決手段】少なくとも熱溶融性かつアルカリ溶融性の材料を含む古紙を、離解して繊維懸濁液とし、この繊維懸濁液から前記溶融性材料を除去して古紙パルプを得る方法であって、少なくとも前記溶融性材料の除去が完了するまでの間、前記繊...

    古紙パルプの製造方法

  2. 【課題】紙・パルプ製造工程中で生じて配管や装置等の製造設備に付着・堆積するスケールを短時間で効率よく除去することができる洗浄剤および洗浄方法を提供することである。【解決手段】数平均分子量が500〜50000の水溶性アニオン性重合体またはそのアルカリ塩、またはこれとカルシウムおよび/またはバリウムに対してキレート力を有するアミノカルボン酸またはそのアルカリ塩とからなる紙...

  3. 【課題】小規模店舗等の室内に設置可能で、環境に優しくかつランニングコストも低く、高い機密性を保持できる古紙再生装置を提供する。【解決手段】什器サイズの装置ケース5内に、古紙を離解し叩解して古紙パルプUPPを製造するパルプ製造部2と、パルプ製造部2で製造された古紙パルプUPPを抄紙して再生紙RPを製造する抄紙部3と、パルプ製造部2および抄紙部3を駆動制御する制御部4とを...

    古紙再生装置ならびにその構成装置

  4. 【課題・解決手段】湿潤安定で大きな空隙容積を有し、使用した繊維の臨界密度より密度が小さい繊維状吸収構造を開示する。1つの実施の形態において、繊維状吸収体は連続セルフォーム技術を用いて繊維構造を発泡させ結合させる。他の実施の形態において、得られる繊維構造は連続セルポリマーフォームに類似し、繊維は結合材料により安定化され、支柱の役割を果たす。他の実施の形態において、得られ...

    繊維状吸収材料およびその製造方法

  5. 【課題】グラビア印刷適性と耐罫線割れ適性に優れた低密度塗工板紙を提供する。【解決手段】2層以上の紙料を抄紙し、抄合せた基紙の表層に顔料塗料を塗工し、乾燥及びカレンダー処理を行った塗工板紙において、該塗工板紙の密度が0.50〜0.79g/cm3、プリントサーフラフネス(ISO 8791)が0.6〜1.1μmで、かつ透気度(J.TAPPI No.5)が500〜1000...

新着の技術

セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】脱墨温度によらず優れた発泡性能と脱墨性能を発揮し、低温時でも固化しない高濃度の液体脱墨剤を提供する。【解決手段】下記一般式(1)で表される化合物を含有する、液体脱墨剤。R1−O−(PO)p−[(EO)q/(PO)r]−(PO)s−H (1)〔式中、R1は炭素数12以上22以下のアルキル基又はアルケニル基、EOはエチレンオキシ基、POはプロピレンオキシ基、...

  2. 【課題】適度な発泡と優れた脱墨性を有する脱墨方法を提供する。【解決手段】成分Aである下記式(1)に示す化合物及び成分Bである下記式(2)に示す化合物を、成分Cである水と混合し、フローテーション工程の前の工程に添加する、脱墨方法。R1−O−[(PO)m(EO)n]−H (1)[式(1)において、R1は、炭素数12以上22以下のアルキル基又はアルケニル基、POはプロ...

  3. 【課題】廃石膏ボードを焼成せずに、付着する石膏量を極少乃至ゼロにすると共に残存しても分離・飛散を抑制できる紙材の製造方法を提供する。【解決手段】廃石膏ボードから分離した紙片を原料にした紙材の製造方法は、廃石膏ボードを所定の形状乃至サイズに破砕する破砕工程と、破砕物から紙片を分離・回収する紙片回収工程と、分離した紙片を水中に投入して揉み解して植物組織を水中に分散・懸濁さ...

    廃石膏ボードから分離した紙片を原料にした紙材の製造方法及び製造装置並びに動物用敷料

  4. 【課題】本発明は、使用済み紙おむつに含まれるパルプを回収して、段ボール原料とすることができて、段ボールの製造コストの高騰を抑制することができる段ボール原料の製造方法を提供する。【解決手段】本発明の段ボール原料37の製造方法は、収集された使用済み紙おむつを水と分解剤と共に攪拌して、紙おむつを構成する複数種の素材に分解し、使用済み紙おむつから分解されて分離したパルプを含む...

    段ボール原料の製造方法

  5. 【課題】古紙パルプ製造工程における白水改質方法及び古紙パルプ製造方法を提供する。【解決手段】主原料である古紙から古紙パルプを製造する工程における白水改質方法であって、古紙パルプ製造工程の少なくとも一箇所でモノクロラミン及び/又はモノブロラミンを白水に連続添加することを特徴とする白水改質方法。

    白水改質方法及び古紙パルプ製造方法

セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置の詳細カテゴリ一覧

セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

セルロース含有材料から非セルロース物質を除去することによるセルロースの製造,パルプ化薬液の再生,そのための装置 ページ上部に戻る