ロープ,電気的なもの以外のケーブル に関する技術一覧

「ロープ,電気的なもの以外のケーブル」に関する技術の関連情報です。 「ロープ,電気的なもの以外のケーブル」 の関連技術、「ロープまたはケーブル一般」 など、その他「ロープ,電気的なもの以外のケーブル」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ロープ,電気的なもの以外のケーブル」の分野ページはこちら

ロープ,電気的なもの以外のケーブルに所属する技術動向

ロープ,電気的なもの以外のケーブルの分野に属する技術の状況としては、2017年に116件、2018年に110件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ロープ,電気的なもの以外のケーブルの分野においては特に近年ロープまたはケーブル一般の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社ブリヂストンやミシュランルシェルシュエテクニークソシエテアノニム、東京製綱株式会社が豊富な実績を残しており、 ミシュランルシェルシュエテクニークソシエテアノニムなどは、 運輸や有機高分子化合物,その製造または化学的加工,それに基づく組成物といった分野も含め、 コンパニーゼネラールデエタブリッスマンミシュランやソシエテドテクノロジーミシュランといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ロープ,電気的なもの以外のケーブル』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】シーブ径を減少させた場合に、ロープの寿命・強度の低下を抑制して、安全性と信頼性を確保したエレベーターを提供する。【解決手段】ワイヤロープを構成する複数の素線それぞれに、樹脂材料が被覆され、ワイヤロープ全体に樹脂材料が被覆された構造のロープを用い、シーブ巻き掛け時に生じる素線相互の滑りによる摩耗、および、シーブとの接触による摩耗を低減させる。【効果】エレベーター...

    ワイヤロープとそれを用いたエレベータ

  2. 【課題】高強度・高タフネスの優れた力学特性を有し、荷重下及び加熱下において優れた寸法安定性を具備するポリケトンコード及びその製造方法を提供する。【解決手段】繰り返し単位の97〜100質量%が1−オキソトリメチレンから構成されたポリケトンからなるポリケトン繊維を80質量%以上含有するコードであって、以下の(a)〜(e)を満足する特性を有することを特徴とするポリケトンコー...

  3. 技術 パッキン

    【課題】膨張黒鉛本来の高い圧縮復元性およびなじみを維持しつつ、編み糸の引張り強さおよび靭性を高くし、パッキンとして高い封止特性を確保するとともに、使用性および汎用性の向上が図れるようにする。【解決手段】基材となる膨張黒鉛41中に、それの幅方向に間隔をあけて長手方向に沿って配置した補強繊維糸40を膨張黒鉛41中に埋設して構成される編み糸4を複数本集束して中芯2を形成し、...

    パッキン

  4. 【課題】医療用器具の主体を構成する可撓性線状体の中空撚線コイル体の品質向上を図ると共に、その高品質中空撚線コイル体が低コスト・高能率に量産提供できる製造方法を提供する。【解決手段】多数本の素線を同一円周上に撚合構成した可撓性線状体にして、かつ、中心部分を中空にした中空撚線コイル体において、捻回抵抗負荷の基に捻回形成すると共に、加工による残留応力除去の加熱処理を施した高...

    中空撚線コイル体と、それを用いて成る医療用器具、ならびに、その製造方法

  5. 【課題】30℃以下の潤滑液を用いた場合においても、延性低下の原因となる伸線処理の際のブラスめっきスチールワイヤの温度上昇を抑制できるとともに、ブラスめっきスチールワイヤやダイスの表面の極圧皮膜生成反応の低下を抑制できて、伸線性及び延性に優れたブラスめっきスチールワイヤを製造できるブラスめっきスチールワイヤの伸線方法を提供する。【解決手段】油成分と極圧成分とを含んだ潤滑...

    ブラスめっきスチールワイヤの伸線方法

新着の技術

ロープ,電気的なもの以外のケーブル』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】必要とされる耐アルカリ性を安定して確保することが可能な無機系繊維の製造方法を提供する。【解決手段】被覆材によって覆われた無機系繊維の製造方法である。そして、無機系繊維を構成する複数の原糸(バサルト繊維BY)を1本ずつ引き出す工程と、複数の原糸を樹脂含浸槽3でエポキシ樹脂液31に含浸させながら撚って1本の繊維束BZに束ねる工程と、繊維束に付着した余分なエポキシ樹...

    無機系繊維の製造方法

  2. 【課題】機械的強度を損ねることなく,高強度繊維束に熱可塑性樹脂を十分に含浸させる。【解決手段】高強度繊維複合材ケーブル1は,炭素繊維2の束にマトリックス樹脂3を含浸させることによってつくられる。上記マトリックス樹脂3は,熱可塑性樹脂たとえばポリフェニレンサルファイドに,フェノール性水酸基を有する有機化合物とグリジシルエーテル基を有する有機化合物とを反応させて得られる重...

    高強度繊維複合材ケーブル

  3. 【課題・解決手段】基材繊維の表面および内部に被覆膜が付着してなる心線が、ゴム材料中に埋設されてなる補強ゴムを評価する方法であって、前記補強ゴムから、前記心線を構成する基材繊維の含有割合が60重量%以上となるように、前記心線を抜き出す第1工程と、抜き出した前記心線に対して、パルス法NMRを用いて、前記心線を構成する基材繊維の表面および内部に付着した被覆膜の測定を行う第2...

    補強ゴムの評価方法

  4. 【課題・解決手段】高グリース含有量を有したファイバ芯を、中心ストランドと内層ストランドとの間の空スペース、または中心ストランド間の空スペースに配置することにより、高弾性、低伸率の特性を維持しながら、柔軟性を向上させることができるエレベータ用ワイヤロープに係り、複数のワイヤが撚られて形成された中心ストランドと、ファイバ芯とからなるロープコア;複数のワイヤが撚られて形成さ...

    エレベータ用ワイヤロープ

  5. 【課題・解決手段】エレベータ用ロープは、芯体、及び芯体の外周に撚り合わせられている複数本の外層子縄を備えている。各外層子縄は、中心線と、中心線の外周に被覆されている樹脂製の中心線被覆体と、中心線被覆体の外周に撚り合わせられている複数本の鋼製の中間素線からなる中間素線層と、中間素線層の外周に撚り合わせられている複数本の鋼製の外層素線からなる外層素線層とを有している。

    エレベータ用ロープ及びエレベータ装置

ロープ,電気的なもの以外のケーブル ページ上部に戻る