繊維製品の装飾 に関する技術一覧

「繊維製品の装飾」に関する技術の関連情報です。 「繊維製品の装飾」 の関連技術、「繊維製品の装飾」 など、その他「繊維製品の装飾」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「繊維製品の装飾」の分野ページはこちら

繊維製品の装飾に所属する技術動向

繊維製品の装飾の分野に属する技術の状況としては、2017年に10件、2018年に3件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、繊維製品の装飾の分野においては特に近年繊維製品の装飾の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしてはセーレン株式会社や株式会社クラレ、株式会社宝來社が豊富な実績を残しており、 株式会社中央技研工業などは、 布帛の仕上げ,化粧仕上げ,幅出しまたは伸張や繊維製品の装飾といった分野も含め、 株式会社川島織物セルコンといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

繊維製品の装飾』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】繊維布帛シートの抜蝕加工方法において、抜蝕加工を行う繊維素材を限定することなく、必須成分である変性ポリエステル繊維以外の繊維成分の強度低下を抑制し、十分な抜蝕効果を得る加工方法を提供することを目的とする。更に処理加工時における作業環境悪化防止を可能とした抜蝕加工方法を提供することを目的とする。【解決手段】常圧可染型変性ポリエステル繊維を必須成分として含む繊維布...

  2. 【課題】部分的な加圧融着部を有する不織布では、嵩高感とソフト感に劣り、使い捨ておむつの外装シートなどとしての使用に適さなかった。【解決手段】不織布に連続線の融着部H1、H2、…H5およびそれ以外の領域にドット状の融着部Hdを形成する。連続線の融着部H1、H2、…H5を形成することにより、繊維ウエッブWの表面に盛り上り感が生じ、不織布が嵩高でソフトな外観と触感を呈する。...

    不織布およびその製造方法

  3. 【課題】 衣料品のような物品であっても取り外しが困難な識別媒体機能を提供する。【解決手段】 偏光性発現物質を添加し、紡糸後に延伸したポリマーからなる偏光繊維を用いて適当な布地201に所定の方向に縫い目を揃えた刺繍202を形成する。この偏光繊維は、ポリマーの延伸方向(繊維の延在方向)に電界成分を有する直線偏光と、この直線偏光に直交する直線偏光とに対して、異なる光学特...

    識別媒体および識別媒体を備えた物品

  4. 【課題】別途携帯用の情報機器を所持することなく、種々の情報を取得し、発信することができる布や衣類などの繊維製品と、このような繊維製品に利用可能な電子繊維及び電子糸を提供する。【解決手段】合成繊維又は再生繊維からなる繊維の表面に、微細加工法により電子デバイス、電気配線12、電子回路のいずれか又はこれらの組み合わせを形成させたことを特徴とする電子繊維又は電子糸。及びこのよ...

    電子繊維又は電子糸及びこれを用いた繊維製品

  5. 【課題】簡単な操作により再帰反射性シートに耐氷結性、耐着雪性を付与することができ、さらに標識類等の再帰反射性シート利用製品の表面が、ペンキ、インキ等によって汚染された場合においても、人体や環境に悪影響を及ぼすような拭き取り用溶剤の使用なしに、空拭きや水洗のみにより容易に汚染を除去することができるように改良された再帰反射性シートであって、フィルム剥離等の問題が生じる惧れ...

    印刷層を有する再帰反射性シート

新着の技術

繊維製品の装飾』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】表面に多数の凸部を備える生地及びその製造方法を提供すること。【解決手段】表面にシリコーンを主成分とするシリコーン樹脂組成物で構成された凸部を備える生地である。また、シリコーンを主成分とする水性エマルジョンに増粘剤を添加して増粘する増粘工程と、増粘工程により得られた水性エマルジョンを生地の表面に転写する塗布工程と、水性エマルジョンが転写された生地を乾燥させる乾燥...

    生地及びその製造方法

  2. 【課題】意匠性に優れる装飾シート、及びアクセサリを提供する。【解決手段】装飾シート1Aは、複数の縦糸31と複数の横糸32とが格子に組まれたメッシュシート3と、メッシュシート3における格子のマス目を埋めるように取り付けられた複数の装飾部材4とを備える基材2と、縦糸31及び横糸32の少なくとも一方に絡む帯状材5とを備える。装飾シート1Aは、複数の装飾部材4を備える基材2に...

    装飾シート、及びアクセサリ

  3. 【課題】 柔軟な風合いを有すると共に、光沢性に富み、玩具分野、装飾分野等の各種分野に適用可能な可逆変色性布帛及びその製造方法を提供する。【解決手段】 布帛2上に接着性樹脂層3、可逆光変色性材料を含む可逆熱変色層6、厚みが0.5〜3μmの透明性樹脂層5を設けた可逆変色性布帛1、離型性を有する基材上に厚みが0.5〜3μmの透明性樹脂層、可逆光変色性材料を含む可逆変色層...

    可逆変色性布帛及びその製造方法

  4. 【課題】乗物内装品の意匠面を構成する表皮に、見栄えの良いステッチ部と孔部をより確実に形成することにある。【解決手段】乗物内装品の意匠面を構成する表皮(シートカバー6S)にステッチ部20と孔部30を形成する乗物用内装品の表皮の製造方法において、表皮(シートカバー6S)の表面にステッチ部20を線状に形成する第一工程と、ステッチ部20の形成された表皮(シートカバー6S)の表...

    乗物内装品の表皮の製造方法

  5. 【課題】生産性に優れ、布帛に鮮明な透かし模様等を形成できると共に柔らかい風合いを付与できるオパール加工布帛用糸の製造方法を提供する。【解決手段】酸に対する溶解速度又はアルカリに対する溶解速度が互いに異なる2種類の糸を互いに引き揃え状態で同時に仮撚りすることによって互いに引き揃え状態の2種類の捲縮糸を得る工程と、前記互いに引き揃え状態の2種類の捲縮糸に対して空気を噴射す...

繊維製品の装飾 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON