繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色 に関する技術一覧

「繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色」に関する技術の関連情報です。 「繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色」 の関連技術、「処理される材料に対するもの」「使用する染料,顔料あるいは助剤により分類された繊維製品の染色またはなっ染の一般的方法または皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質における染色の一般的方法」 など、その他「繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色」の分野ページはこちら

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色に所属する技術動向

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色の分野に属する技術の状況としては、2017年に163件、2018年に142件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色の分野においては特に近年処理される材料に対するものの分野における動向が活発であり、他にも機械的処理と組み合わされた染色またはなっ染方法や 使用する染料,顔料あるいは助剤により分類された繊維製品の染色またはなっ染の一般的方法または皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質における染色の一般的方法といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはセイコーエプソン株式会社やロレアル、日本化薬株式会社が豊富な実績を残しており、 トリニティ・インベストメント株式会社などは、 医薬用,歯科用又は化粧用製剤や化粧品または類似化粧品製剤の使用といった分野も含め、 カネボウ繊維株式会社やカネボウ合繊株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【解決手段】直接染料(1)又は(2)を含有する毛髪用染色剤組成物。【化1】〔R1、R2及びR3は、同一又は異なって、炭素数1〜3のアルキル基を示し、ベンゼン環A及びBは、非解離性置換基を有してもよい。〕【効果】毛髪の染色力が極めて高く、経日による色落ちが少なく、かつ保存した場合でも剤の色調変化が少ない。

    毛髪用染色剤組成物

  2. 【解決手段】直接染料(1)を含有する染毛剤組成物。【化1】〔環Aは置換基等を有してもよいベンゼン環。Bはアリール基又はヘテロ環式基。DはN又はCR4(R4はH又はアルキル基)。EはNR5、CR6R7、CR6=CR7(R5はアルキル基等、R6及びR7はH又はアルキル基)、O又はS。R1はアルキル基等。nは0又は1の数。ここでn=0のときはR2とR5が共同してN-C-C-...

    染毛剤組成物

  3. 【課題】使用時における臭いが良好で、染色性及び染色堅牢性にも優れ、毛髪損傷が極めて少なく、毛髪のコンディショニング効果に優れた染毛剤組成物を提供する。【解決手段】下記成分(A)、(B)及び(C)を含有することを特徴とする染毛剤組成物。(A)不揮発性アミン類(B)無機酸系アンモニウム塩(C)中性アミノ酸又はその塩類。

  4. 【課題】従来得られなかった、黒色の深色性に優れるためブラックフォーマル、学衣、和服用途に特に好適なポリエステル繊維構造物を創出すること。【解決手段】ポリマーの屈折率が1.30〜1.50であり、分散染料によって染色された脂肪族ポリエステル繊維を少なくとも一部に用いた繊維構造物であって、明度L*値が18以下、彩度C*値が10以下であることを特徴とする脂肪族ポリエステル繊維構造物。

  5. 【課題】塗料、印刷インキ、プラスチックなどの着色剤、液晶ディスプレイなどのカラーフィルター用、インクジェット記録用インキ用、カラートナー用などの着色剤としても使用可能である微細化顔料およびこの微細化顔料を着色剤として含む着色用組成物を提供すること。【解決手段】一次粒子の集合体からなる顔料において、粒径0.1μm以下の一次粒子の個数割合が全粒子数の95%以上で、粒径0....

新着の技術

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 気相転写染色方法によって染色が困難である樹脂体に対しても容易に良好に染色をする。【解決手段】 昇華性染料を含有する染色用インクとともに基体に塗布される固体の昇華性キャリア剤を含有するキャリア剤インクであって、染色用インクとキャリア剤インクとが塗布された染色用基体を加熱することによって、染色用基体に塗布された昇華性染料及び昇華性キャリア剤を昇華させ、昇...

    キャリア剤インク

  2. 技術 記録方法

    【課題】複数色の混色によることなく、260°以上310°以下の範囲の色相角∠h°の色を、捺染物において発色性良く表現でき、かつ、耐光性の良好な記録を行うことのできる記録方法を提供すること。【解決手段】ヒドロトロピー剤が付着した布帛に対して行われるインクジェット記録方法であって、金属錯塩染料を含み、捺染後の捺染物上でのCIELAB色空間で定義される色相角∠h°が260°...

    記録方法

  3. 【課題・解決手段】天然藍あるいはこれと合成インジゴとを用いて所望の染め濃度、色合いあるいは色彩を簡便な手順で得ることが可能な藍染め方法の提供。(1)天然藍を含む染料、ハイドロサルファイト及び苛性ソーダを温湯に溶解し、酸化還元電位−1,000〜−800mV、pH13.0〜14.5の濃厚染色液を調製する手順、(2)前記濃厚染色液、ハイドロサルファイト及び苛性ソーダを含み、...

    藍染め方法及び藍染め製品の製造方法

  4. 【課題】染料により染色可能なポリプロピレン樹脂組成物、ポリプロピレン樹脂成形体およびポリプロピレン樹脂成形体の製造方法を提供する。【解決手段】無変性のポリプロピレンと、無変性のポリプロピレンと相溶する無水マレイン酸変性ポリプロピレンとを含み、無水マレイン酸変性ポリプロピレンにおける無水マレイン酸のグラフト変性率が1.50〜2.50質量%であることを特徴とする、ポリプロ...

    ポリプロピレン樹脂組成物、ポリプロピレン樹脂成形体およびポリプロピレン樹脂成形体の製造方法

  5. 【課題】 服等の布地の両面への昇華印刷を複雑な作業を行うことなく比較的簡単な作業で行うことができる布地への両面昇華印刷方法の提供。【解決手段】 布地供給ローラから布地2を移動させつつ表面および裏面に印刷時のインクの滲みを防止するための前処理液を塗布し、前処理液が塗布された布地の表面に第1のプリントヘッドの昇華性インクによる所定の印刷パターンを形成し、表面に印刷パタ...

    布地への両面昇華印刷方法

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色の詳細カテゴリ一覧

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色 ページ上部に戻る