繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色 に関する技術一覧

「繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色」に関する技術の関連情報です。 「繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色」 の関連技術、「処理される材料に対するもの」「使用する染料,顔料あるいは助剤により分類された繊維製品の染色またはなっ染の一般的方法または皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質における染色の一般的方法」 など、その他「繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色」の分野ページはこちら

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色に所属する技術動向

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色の分野に属する技術の状況としては、2017年に100件、2018年に120件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色の分野においては特に近年処理される材料に対するものの分野における動向が活発であり、他にも機械的処理と組み合わされた染色またはなっ染方法や 使用する染料,顔料あるいは助剤により分類された繊維製品の染色またはなっ染の一般的方法または皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質における染色の一般的方法といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはセイコーエプソン株式会社やロレアル、日本化薬株式会社が豊富な実績を残しており、 トリニティ・インベストメント株式会社などは、 人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛,リボンまたは炭素フィラメントの製造において化学的な特徴をもつもの,炭素フィラメントの製造に特に適合した装置や理美容またはひげそり器具,マニキュアまたは他の化粧といった分野も含め、 カネボウ繊維株式会社やカネボウ合繊株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【解決手段】直接染料(1)又は(2)を含有する毛髪用染色剤組成物。【化1】〔R1、R2及びR3は、同一又は異なって、炭素数1〜3のアルキル基を示し、ベンゼン環A及びBは、非解離性置換基を有してもよい。〕【効果】毛髪の染色力が極めて高く、経日による色落ちが少なく、かつ保存した場合でも剤の色調変化が少ない。

    毛髪用染色剤組成物

  2. 【解決手段】直接染料(1)を含有する染毛剤組成物。【化1】〔環Aは置換基等を有してもよいベンゼン環。Bはアリール基又はヘテロ環式基。DはN又はCR4(R4はH又はアルキル基)。EはNR5、CR6R7、CR6=CR7(R5はアルキル基等、R6及びR7はH又はアルキル基)、O又はS。R1はアルキル基等。nは0又は1の数。ここでn=0のときはR2とR5が共同してN-C-C-...

    染毛剤組成物

  3. 【課題】使用時における臭いが良好で、染色性及び染色堅牢性にも優れ、毛髪損傷が極めて少なく、毛髪のコンディショニング効果に優れた染毛剤組成物を提供する。【解決手段】下記成分(A)、(B)及び(C)を含有することを特徴とする染毛剤組成物。(A)不揮発性アミン類(B)無機酸系アンモニウム塩(C)中性アミノ酸又はその塩類。

  4. 【課題】従来得られなかった、黒色の深色性に優れるためブラックフォーマル、学衣、和服用途に特に好適なポリエステル繊維構造物を創出すること。【解決手段】ポリマーの屈折率が1.30〜1.50であり、分散染料によって染色された脂肪族ポリエステル繊維を少なくとも一部に用いた繊維構造物であって、明度L*値が18以下、彩度C*値が10以下であることを特徴とする脂肪族ポリエステル繊維構造物。

  5. 【課題】塗料、印刷インキ、プラスチックなどの着色剤、液晶ディスプレイなどのカラーフィルター用、インクジェット記録用インキ用、カラートナー用などの着色剤としても使用可能である微細化顔料およびこの微細化顔料を着色剤として含む着色用組成物を提供すること。【解決手段】一次粒子の集合体からなる顔料において、粒径0.1μm以下の一次粒子の個数割合が全粒子数の95%以上で、粒径0....

新着の技術

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】超臨界流体の無水染色用万能試作機は、試作機ケースと、試作機ケースの内部に垂直に設けられ、同軸心上に前後に配置された回転フレームと、断熱盤と、前記回転フレームと同軸心に固定接続された回転駆動軸とを含み、前記回転フレームと前記断熱盤との間には、前記回転フレームと前記断熱盤と同軸心の円周面に径方向に沿って配置された複数の赤外線加熱管が設けられ、前記断熱盤に...

    超臨界流体の無水染色用万能試作機

  2. 【課題・解決手段】本開示は、テキスタイルを染色するのに使用するための染料化合物を提供する。

    修飾インジゴ化合物及び修飾インジゴ化合物を使用して基材を染色する方法

  3. 【課題】 所望の色に染色された機能付き染色樹脂体を容易に製造する。【解決手段】 樹脂体に対して特定の波長域の光の透過率を低減する機能付き染色樹脂体の製造方法であって、昇華性染料を基体に塗布することで、染色用基体を取得する第1工程と、染色用基体を樹脂体と対向させ、染色用基体を加熱することによって、染色用基体に塗布された昇華性染料を昇華させ、樹脂体に付着させる第2...

    機能付き染色樹脂体の製造方法

  4. 【課題】 良好な多機能樹脂体を容易に製造する。【解決手段】 複数の波長域の光の透過率を低減する多機能樹脂体の製造方法であって、第1の波長域の光の吸収を行う第1機能性染料であって、昇華性を有する第1機能性染料を、基体に塗布することで、第1機能付加用基体を取得する第1工程と、第1機能付加用基体と、第1の波長域とは異なる波長域である第2の波長域の光の透過率を低減する...

    多機能樹脂体の製造方法

  5. 【課題】架橋アクリレート系繊維は、吸湿発熱等の機能性の点から注目されている。該機能を生かすため、保温性に優れたアクリロニトリル系繊維との混合綿が検討されているが、同色での染色が難しく、染色が必要な分野へ展開できなかった。本発明の目的は、アクリロニトリル/架橋アクリレート系含有繊維構造体を同色で染色でき、良好な染色外観を得ることのできる染色方法を提供することにある。【解...

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色の詳細カテゴリ一覧

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

繊維製品の染色またはなっ染色,皮革,毛皮または種々の形態の固体状高分子物質の染色 ページ上部に戻る