布帛または衣類のひだ付け に関する技術一覧

「布帛または衣類のひだ付け」に関する技術の関連情報です。 「布帛または衣類のひだ付け」 の関連技術、「布帛または衣類のひだ付け」 など、その他「布帛または衣類のひだ付け」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「布帛または衣類のひだ付け」の分野ページはこちら

布帛または衣類のひだ付けに所属する技術動向

布帛または衣類のひだ付けの分野に属する技術の状況としては、2017年に5件、2018年に3件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、布帛または衣類のひだ付けの分野においては特に近年布帛または衣類のひだ付けの分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては日本バイリーン株式会社やドナルドソンカンパニー,インコーポレイティド、東洋紡株式会社が豊富な実績を残しており、 ダイニック株式会社などは、 積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品や高分子化合物の組成物といった分野も含め、 ウールディベロップメントインターナショナルリミテッドといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

布帛または衣類のひだ付け』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】紙おむつ等の衛生用品材料として好適な、柔軟で嵩高く、一方方向への伸長性、伸縮性に優れ、外観及び触感が良好な不織布及びその製造方法を提供する。【解決手段】目付が15〜200g/m2の熱可塑性重合体不織布を延伸倍率1.1〜3.0倍でギヤ延伸し、周期的な波目を有し、波目方向の伸度が40〜300%で、波目方向の伸度と波目と直角方向の伸度の比が1.3〜6.0の範囲にある...

    柔軟性不織布及びその製造方法

  2. 【課題】熱セット方法によって、形態安定性の優れた布帛を得ること。【解決手段】JIS K 7196の熱機械分析法で測定した芯成分の軟化点が鞘成分の軟化点より20℃以上低い芯鞘型複合繊維で、前記芯成分が、窒素雰囲気下、10℃/分の昇温速度で加熱する示差熱分析法で融点ピークを生じない実質的に非晶質のポリマーからなるものであることを特徴とする複合繊維及びかかる複合繊維を用いた布帛。

    形態安定性を有する布帛及びそれに使用する芯鞘型複合繊維

  3. 【課題】アンモニアや酢酸などの他に、アセトアルデヒドに対する脱臭性能にも優れた脱臭フィルターを提供する。【解決手段】二酸化珪素と酸化亜鉛との複塩からなる吸着剤1と、酸化触媒2を、接着剤で不織布基材3に固着して、消臭フィルターを形成する。二酸化珪素と酸化亜鉛との複塩からなる吸着剤及び酸化触媒の作用によって、アンモニアや酢酸などの他に、アセトアルデヒドを性能高く除去するこ...

    脱臭フィルター及び空気清浄器

  4. 【課題】特に、オーダーカーテン生産用に適するように元巾を自動計測することにより、生地セット、データ入力、最終ヒダ縫製以外の作業の自動化を実現して、生産性の大巾な向上に寄与できるようにする。【解決手段】縫い針を有するミシン1と、カーテン生地の前端部側から順次保持する前部保持手段、その保持されたカーテン生地部分をヒダ折りするヒダ折り手段、これら両手段を一体的に回転させてカ...

    カーテンヒダ縫い自動機

  5. 【課題】本発明は、ゴミ焼却炉、石炭ボイラー、金属溶解炉などの150℃〜250℃の高温で使用される濾布として、耐熱性とプリーツ加工性、およびプリーツ加工後の高温時での形態保持性を兼ね備えた布帛およびその製造方法を提供する。【解決手段】ポリフェニレンサルファイド繊維からなる不織布に合成樹脂が前記不織布の全重量に対して5〜50重量%の範囲内で含浸された耐熱性布帛であって、J...

    布帛およびその製造方法

新着の技術

布帛または衣類のひだ付け』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】立体的で高級感のある意匠を備えるとともに、車両内装材に適した耐摩耗性および引裂き強度を有する複合材を提供する。【解決手段】車両内装用の複合材であって、前記複合材の一方の最外に配置される表皮材と、前記複合材の他方の最外に配置される裏材と、前記表皮材と前記裏材との間に介在し、前記裏材に隣接する第1の接着剤層と、を備えており、前記表皮材は、複数の第1のプリーツを備え...

    車両内装用複合材

  2. 【課題】 簡単な構成でセンターラインが形成される製品を短時間で大量に製造することが可能な衣類の折り目加工装置及び衣類の折り目加工方法を提供する。【解決手段】 繊維生地1を搬送ベルト3で搬送しつつ、折り目溝形成具4と加熱装置5によって押王加熱してU字状の折り目溝40を形成し、この折り目溝40に対して接着糸供給用ロール50から接着糸60を垂下し、これを陰圧吸引装置7で...

    衣類の折り目加工装置および衣類の折り目加工方法

  3. 【課題】気相汚染物質および液体および固体粒子などの汚染物質を除去するZ型媒体用の縦溝流路を作製する装置の提供。【解決手段】対面媒体204は案内ロール240に沿って移動する。ステアリングユニット242は対面媒体204を第1の圧力ロール226上に進める。仮付けビード付与装置244において仮付けビードが対面媒体204に付与され、およびシーリングビード付与装置246においてシ...

    テーパ付き縦溝流路を有する縦溝流路付き濾過媒体を形成する方法および装置

  4. 【課題】不規則且つ複雑な折り目模様を形成する事により意匠性を高めた、折り目模様を有する布製品と、その製造方法の提供。【解決手段】複数の折り目11が設けられている布製品50の製造方法であって、布地15を厚さ方向にプレスするプレス工程14を含んでおり、プレス工程14では、厚さ方向に凹凸を有する地柄20を有する布製品をプレスする事により、複数の折り目11の幅及び向きが不規則...

    折り目模様を有する布製品及びその製造方法

  5. 【課題】厚み方向に圧縮されにくい、コルゲート型不織布ボードを製造する方法の提供。【解決手段】横断面形状が、略Y字1の下端で上下左右に連結した形状(以下、「略Y4形状」という。)のポリエステル長繊維で構成されてなる平坦なポリエステル不織布を製造し、平坦なポリエステル不織布にコルゲート加工を施し、コルゲートポリエステル不織布を製造し、コルゲートポリエステル不織布12の両面...

    コルゲート型不織布ボードの製造方法

布帛または衣類のひだ付けの詳細カテゴリ一覧

布帛または衣類のひだ付けの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

布帛または衣類のひだ付け ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON