繊維材料のマーク付け,検査,接合,切断 に関する技術一覧

「繊維材料のマーク付け,検査,接合,切断」に関する技術の関連情報です。 「繊維材料のマーク付け,検査,接合,切断」 の関連技術、「繊維材料のマーク付け,測長または検査に関連したマーク付け」「繊維材料の検査」 など、その他「繊維材料のマーク付け,検査,接合,切断」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「繊維材料のマーク付け,検査,接合,切断」の分野ページはこちら

繊維材料のマーク付け,検査,接合,切断に所属する技術動向

繊維材料のマーク付け,検査,接合,切断の分野に属する技術の状況としては、2017年に44件、2018年に40件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、繊維材料のマーク付け,検査,接合,切断の分野においては特に近年繊維材料のマーク付け,測長または検査に関連したマーク付けの分野における動向が活発であり、他にも繊維材料の接合や 特に繊維材料の切断またはその他の分離に適した切断またはその他の分離のための装置または方法といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては花王株式会社や株式会社ナムックス、三菱レイヨン株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社豊田自動織機などは、 化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池や燃焼機関の制御といった分野も含め、 東洋紡株式会社や株式会社豊田中央研究所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

繊維材料のマーク付け,検査,接合,切断』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】切断刃の刃こぼれ、刃折れが少なく、繊維トウを所定寸法にて連続的に切断する繊維の切断方法を提供する。【解決手段】回転ローターに、回転ローターの中心より放射状に任意の間隔をもって等間隔に切断刃の刃先が外側となるように切断刃を配設し、その回転ローターの側面に、回転ローターと対面させた回転する回転押さえロールを配位し、回転ローターに巻きつけた繊維トウを、切断刃と該回転...

    繊維トウの切断方法

  2. 【課題】繊維シート、特に、吸収性物品の表面シートとして、前記吸収性物品に圧力が加わった場合にも、一度吸収された体液が、前記着用者の肌と当接している表面側へ、逆流することを防止する前記吸収性物品の表面シート等に使用される繊維シートを提供することにある。【解決手段】凹凸構造を有するシート状の繊維シート1は、凸部2、2…の頂部3、3…が疎水性であり、凸部における頂部を除く部...

    繊維シート

  3. 【課題】簡易、低コストにリネン材等のクリーニングができるリネン用データキャリア付衣服、該リネン用データキャリア付衣服を利用したリネンサプライシステムおよびリネン用データキャリアを提供する。【解決手段】リネン材10に読み書き可能なリネン用データキャリア20を取り付け、R/W(リード・ライト)ヘッドによってリネン用データキャリア20に対するデータの読み書きをする。リネン用...

    データキャリア付衣服、リネンサプライシステム及びリネン用データキャリア

  4. 【課題】紙等の透光体の厚みを正確に計測することができ、したがって、計測の信頼性を向上させることができるようにした厚み計測方法および厚み計測装置を提供する。【解決手段】透光体、例えば、紙1を走行させてその幅方向の全長にわたって照明手段2により順次透過照明する。紙1の透過照明された部分を白黒のCCDラインセンサカメラ6a〜6dにより撮像する。領域濃度平均処理部8によりライ...

    透光体の厚み計測方法および厚み計測装置

  5. 【課題】色柄を有する検査対象物の欠陥を高精度に検出することができる欠陥検査装置を提供する。【解決手段】光源1によって780nm以上の波長を有する光を色柄を有する検査対象物100に照射し、カメラ2によって検査対象物100の検査対象面において反射された780nm以上の波長を有する光のみを受光して検査対象面100の画像を撮像し、撮像された画像から作成した濃淡画像データを用い...

    欠陥検査装置

新着の技術

繊維材料のマーク付け,検査,接合,切断』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、初期フィードボックスまたはホッパと、フィードボックスコンベヤと、1つまたは2つ以上の連続的に接続された処理/分解群と、出口コンベヤと、中央集中型コンピュータ制御部と、を備える、織物廃棄材料の品質分解のための装置に関する。本明細書に記載の装置は、ドラムを引き離すことによって生産された繊維に対して、1つ以上の向上した品質を有する繊維を生産するこ...

    織物廃棄材を分解するための装置

  2. 【課題】繊維を含む原料を再生加工する装置において、所望の色合いの加工物を得る。【解決手段】繊維を含む原料MAを供給する供給部10と、供給部10により供給される原料MAを解繊する解繊部20と、解繊部20により解繊された解繊物を加工する加工部と、原料MA、解繊物、及び、加工部により加工された加工物のうち少なくともいずれかに対して測色を行う測色部401、402、403、40...

    繊維原料再生装置、および、繊維原料再生方法

  3. 【課題】繊維を含む原料を再生する装置において、原料の長期にわたる滞留を回避し、安定して原料を供給できるようにする。【解決手段】繊維を含む原料MAを収容する収容部420と、収容部420内に堆積した原料MAに下方から接して原料MAを切断する刃436を備え、刃436により切断された原料MAを収容部420から排出する供給ユニット430と、を備える供給部10と、供給部10から排...

    繊維原料再生装置、および、シート製造装置

  4. 【課題・解決手段】本開示の一態様により、コロナ処理システムにおける接地ローラーに点検が必要であるか否かを検知するカラーセンサーを提供する。カラーセンサーは、接地ローラーの反射率レベルを所定のレベルから変化させた欠陥を検出することが可能である。本開示の別の態様によれば、接地ローラーに点検が必要であるという判断がなされると、アラームが作動し、及び/又はコロナ処理システムの...

    コロナ処理システム

  5. 【課題】合成繊維を含むシート片を含有する吸収体の製造において、該吸収体が有する集積体の型崩れを抑制すること。【解決手段】本製造方法は、合成繊維10bを含む複数のシート片10bhと親水性繊維10aとを集積用凹部41に集積して集積体100aを形成する集積工程と、集積体100aを搬送されるコアラップシート100bの一面上に載置し、コアラップシート100bの搬送方向に沿う両側...

    吸収体の製造方法

繊維材料のマーク付け,検査,接合,切断 ページ上部に戻る