機械的方法によるもの に関する技術一覧

「機械的方法によるもの」に関する技術の関連情報です。 「機械的方法によるもの」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「機械的方法によるもの」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜15件を表示(15件中)1/1ページ目

  1. 【課題】 作業用手袋は表側がゴムで裏側が綿の物が多いため、汗をかいたり、洗濯をする度に裏返して干さなくてはならない。手袋の枚数が多くなると裏返す作業が大変になってくる。そこで作業手袋裏返し器を提供する。【解決手段】 取手(1)にアルミ筒(長)(2)、アルミ筒(短)(3)を設け、アルミ筒(長)(2)に丸バネ(6)を取り付け、アルミ筒(長)(2)にアルミ丸棒(4)、手...

    作業用手袋裏返し器

  2. 【課題】 ランドリー工場で洗濯・乾燥後の矩形布片を自動で展開させる際に、1つの布片角端のみを高確率で現出させるようにする。【解決手段】 丸めた状態で搬送されてくる矩形布片Yを自動で方形状に展開させる展開装置に使用される矩形布片の角端出し装置であって、任意の箇所を保持して吊上げられた矩形布片Yの上下中間位置をその両側の水平方向から挟持する一対のローラ31,32と、該...

    矩形布片の角端出し装置及び角端出し方法

  3. 【課題】パフなどのキルト材料を作成するのに際し、綿を詰める作業や縫い合わせた布地を裏返す作業を効率よく行うことができる手芸作業用補助具を提供する。【解決手段】本発明の手芸作業用補助具A1は、長手方向に貫通する筒状部11を有する本体部材1と、この本体部材1の筒状部11に挿通可能な押し棒2と、を備える。本体部材1は、筒状部11の一端部に形成された外向フランジ12を有する。...

    手芸作業用補助具

  4. 【課題】 多種多様な素材で製造された手袋を、容易に裏返しにすることができる便利な手袋の裏返し用具を提供する。【解決手段】 本体(1)の中央付近に設けた孔(2)に軸(3)をはめ入れてカシメ、この軸(3)を支点に本体(1)を回転可能に接合し、前記本体(1)の一方にハンドル(4)を、他方にロングノーズ(5)を備えた手持ち工具および手袋の裏返し器具において、この手持ち工具...

    手袋の裏返し用具

  5. 【課題】プラスチックネット球状体を作成するにあたり、手で丸める方法ではなく、安定して大量に供給する方法及び装置を提供する。【解決手段】筒状プラスチックネット(10)を中心軸(11)から連続して押し込み装置(22)にて押し込み、ネット球状化溝ガイド(31)にてカールさせながら、上下に連続的に可動する押さえ板(21)にてカールしたネットを圧縮、解放を交互に行うことにより球...

    弾性を有するプラスチックネット球状体の製造方法及びその製造装置

  6. 【課題・解決手段】装置が、複数の物品を挿入する管状部材(5A;5B)と;第一閉鎖位置と第二開放位置との間を動くことができ、前記管状部材の一方の出口端部に配置された複数の把持部材(49)と;前記前記管状部材の前記出口端部に関連し、管状部材に挿入された管状物品を前記複数の把持部材に向かって案内して、その方向に向ける複数の案内及び方向設定手段(71、73)と;を備える。

    管状編成物品または類似の物品の縁部を開く方法及び装置

  7. 【課題】従来は、袋紐製造に於いて外袋の裏返し及び外袋への芯材挿入には引き出し棒の単独使用のため、布と布との摩擦により作業がやりにくかった。【解決手段】中空の筒状体と引き出し棒を組合せて使用する製造方法とした。

    袋紐製造法

  8. 【課題】屈曲性、伸縮性に乏しいガラス繊維等からなる編み製品を容易に、かつ正確に折返し、生産性、歩留まりを向上する。【解決手段】固定シャフト4に編み製品を被せ、可動シャフト10によって固定シャフト4との間で編み製品の上側端部を挟持して押える。そして、たくし上げ具11によって編み製品の下側端部を把持して可動シャフト10に向けたくし上げることにより、可動シャフト10の外周側...

    編み製品の折返し装置

  9. 【課題】本発明は、ゴム地を傷めることなく、迅速且つ確実に手袋を裏返すことのできるゴム製手袋の裏返具を提供することにある。【解決手段】ゴム製手袋16の指部17に挿入する挿入部21を備える棒状体2と、該棒状体2の長手方向に沿い且つ棒状体2の先端9と対面可能となるようにU字状に先部11が折れ曲がる保持アーム10と、該保持アーム10を棒状体2の長手方向に沿って前後に移動可能に...

    ゴム製手袋の裏返具

  10. 【課題】開口の中心からエアバッグ袋体の外周縁までの距離ががほぼ均一な場合はもちろんのこと、この距離が不均一な場合であっても、エアバッグ袋体の表裏反転に際して開口の中心からエアバッグ袋体全体の外周縁に向かってほぼ均等に反転が進むようにし、反転されない部分が残るといった事態を解消する。【解決手段】開口14を備えたエアバッグ袋体10の反転方法であって、前記開口14を備えてい...

    エアバッグ袋体の反転方法及びそれに用いる装置

  11. 【課題】袖は、縫製後であって身頃へ取り付ける前に、その表裏を反転させる必要があるが、この作業を装置化することで、省人化及び高効率化を図る。なお、装置として大型化を抑制する。【解決手段】袖を開口状態にして保持する開口操作手段5と、この開口操作手段5によって開口された袖に、ヤジリ部材26を突き抜け状に挿入し、その後、引き抜くようにした生地返し手段6とを有した構成にする。ヤ...

    筒状生地の表裏反転装置

  12. 【課題】スポーツウェア等の袖口に設ける環状リブを折り返しするものであって、この折り返しを自動的に行う方法の提供。【解決手段】環状リブ1をコンベヤ2に載せて搬送して所定の位置で停止し、チャック4で上側を摘んで内部空間5に2本の支持棒6a、6bを挿入し、2本の支持棒6a、6bを開いて環状リブ1を支持するとともに垂直に起立し、環状リブ1の下側半分を挟持板13、13…にて挟持...

    環状リブの折り返し方法及びその装置

  13. 【目的】生地内にパイピングを付けた開口を裁断しかつ裏返しするための装置を提供すること。【構成】裏返し工具47,48がコーナーナイフ30,31に依存することなく水平方向に移動可能であり、その上方の吐出位置Eにおいてスリット13の長手方向12で反対方向に摺動可能であるように構成されていること。

    生地にパイピングを付けた開口を裁断しかつ裏返しするための装置

  14. 【目的】信頼性の向上、傷つき防止。【構成】靴下材を裏返す装置は、靴下材(3)の把持・前進手段(2)と、靴下材(3)の端部(3a)を開く開口手段(5)と、第1部材(24)及び第2部材(25)からなる裏返し手段(23)とを含む。第1部材(24)は、開口した上端部(3a)を通して靴下材(3)の中にその一方の端部を靴下材の爪先(3b)の近傍に達するまで挿入可能であり、第2部材...

    靴下材を高い動作信頼性で裏返す装置

  15. 【目的】作業者が方形状包布の任意の丸ぐり縁部を握って掛け型に掛けるだけで、方形状包布の裏返しを可能とする。【構成】方形状包布の丸ぐり部の任意の一辺を掛け型本体2に掛け、方形状包布の上辺の中央を押圧装置7で押えつつ上動させて該上辺の両角部を現出させ、その各角部を左右掴持装置8,8で掴持し、その掴持した両角部を拡張装置9で方形状包布の上辺を拡張させ、その上辺を拡張させた方...

    丸ぐり部を備えた方形状包布の裏返し装置

    機械的方法によるものの詳細カテゴリ一覧

    機械的方法によるものの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    機械的方法によるもの ページ上部に戻る

    公開年

    周辺技術分野

    整理標準化データをもとに当社作成

    分野番号表示ON

    その他の分野

    機械的方法によるもの』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。