繊維材料の液体,気体または蒸気による処理 に関する技術一覧

「繊維材料の液体,気体または蒸気による処理」に関する技術の関連情報です。 「繊維材料の液体,気体または蒸気による処理」 の関連技術、「処理,例.洗浄,染色,漂白,のり付け,含浸,をなすための液体,気体または蒸気の繊維材料への付与」「繊維材料の特定部分の処理,例.模様染め」 など、その他「繊維材料の液体,気体または蒸気による処理」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「繊維材料の液体,気体または蒸気による処理」の分野ページはこちら

繊維材料の液体,気体または蒸気による処理に所属する技術動向

繊維材料の液体,気体または蒸気による処理の分野に属する技術の状況としては、2017年に71件、2018年に55件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、繊維材料の液体,気体または蒸気による処理の分野においては特に近年液体,気体または蒸気による繊維材料の処理に関連する繊維材料の貯蔵の分野における動向が活発であり、他にもマーセル化,例.マーセル化によるつや出しや 繊維材料の溶剤処理といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはセイコーエプソン株式会社やユニ・チャーム株式会社、セーレン株式会社が豊富な実績を残しており、 トリニティ・インベストメント株式会社などは、 医薬用,歯科用又は化粧用製剤や化粧品または類似化粧品製剤の使用といった分野も含め、 株式会社山東鉄工所や株式会社日阪製作所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

繊維材料の液体,気体または蒸気による処理』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、紙製品、テキスタイル製品又は可撓性シート製品のようなシート材料製品の製造において、噴霧用媒体として二酸化炭素及びエタンのような圧縮流体を使用することによって、添加剤物質を含有する添加剤組成物を噴霧適用するための方法に関する。高粘性であり且つ水及び(又は)揮発性溶媒実質上含まない添加剤組成物をシート材料に適用することができる。また、水分が減少...

    シート材料への添加剤組成物の噴霧適用

  2. 技術 洗濯機

    【課題】殺菌対象となる繊維構造物および/または処理装置の構成部材を高温に加熱する必要がなく、必ずしも乾燥状態にする必要もないとともに、殺菌対象となる繊維構造物および/または処理装置の構成部材に劣化、退色等をもたらさないで、殺菌対象となる繊維構造物および/または処理装置の構成部材が損傷することがなく、十分な殺菌作用を得ることが可能な、繊維構造物の処理装置を提供することで...

    洗濯機

  3. 【課題】かび、細菌、藻類、およびダニ類に対して十分な抵抗性有し、かつ各生物類に対してスペクトルが広い生物抵抗性を有する繊維の経済的で効率の良い製造方法を提供する。【解決手段】生物抵抗性を有する下記薬剤(I)を繊維の染色工程及び/又は仕上加工工程に染料や仕上剤と共に付与し、加熱処理によって下記薬剤(I)を繊維に対して0.01〜5.0重量%固着せしめる生物抵抗性を有する繊...

  4. 【課題】布帛に満足のいく画像を形成し得る汎用のインクジェット記録技術を利用した転写媒体等の提供、特に、インク吸収性が高く、高濃度で鮮明性の高い画像を転写層に形成でき、且つ布帛上に形成された転写画像が、密着性及び転写性がよく、転写後にも高い堅牢性を持ち、更には風合いにも優れたものとなる転写媒体、転写方法及び被転写布帛の提供。【解決手段】基材上に離型層と、熱可塑性樹脂微粒...

    インクジェット記録用転写媒体、これを用いた転写方法及び被転写布帛

  5. 【課題】記録媒体の素材に限定されず、作業者環境に負担をかけない着色立体模様を形成する装置や方法を提供する。【解決手段】レーザー光線を照射することにより記録媒体に立体模様を形成させる装置であって、該装置が記録媒体を連続的あるいは間欠的に走行させる支持手段、立体模様加工手段、および着色模様加工手段からなり、該立体模様加工手段、および着色模様加工手段が同一支持手段上にあり、...

    着色立体模様形成装置、着色立体模様形成方法、および着色立体模様形成物

新着の技術

繊維材料の液体,気体または蒸気による処理』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】糸消費装置(100)と共に使用する、糸(20)のインライン処理システム(10)が提供される。システムは、動き使用されている糸(20)に対して様々な相対位置に配置される複数のノズル(40a−g)を有する処理ユニット(30)と、糸が糸の長手方向軸線に沿ってよじれているときに、ノズル(40a−g)の少なくとも2つを作動させて、コーティング剤を糸の様々な周方...

    糸消費装置と共に使用する糸のインライン処理システム及び方法

  2. 【課題】経糸を染色するための連続染色システム用酸化強化装置を記載する。【解決手段】酸化強化装置は、染色システムの酸化アセンブリーに設置されるように配列されるように設計され、そして、実質的に等しい形状を有し、かつ互いに向かい合った2つの送風アセンブリーを含む。各送風アセンブリーは、少なくとも1つのそれぞれのファンを、そして、かかるファンの下流に、経糸の送り方向と平行かつ...

    藍染めシステム用酸化強化装置

  3. 【課題・解決手段】本開示の一態様により、コロナ処理システムにおける接地ローラーに点検が必要であるか否かを検知するカラーセンサーを提供する。カラーセンサーは、接地ローラーの反射率レベルを所定のレベルから変化させた欠陥を検出することが可能である。本開示の別の態様によれば、接地ローラーに点検が必要であるという判断がなされると、アラームが作動し、及び/又はコロナ処理システムの...

    コロナ処理システム

  4. 【課題】紫外線防護光学機能性生地の提供。【解決手段】基布層201と、着色層21と、耐変色層22とを備える紫外線防護光学機能生地。成形は、まずポリエステル繊維ナイロンと弾性糸より生機素材に織り上げて、無毒蛍光剤で漂白してプレセット生機に精錬し素材層21を仕上げた後、基布層21において、第1層の無張力の全面図柄層塗布ステップにより、第1色調カラーの蛍光顔料ペーストを着色し...

    紫外線防護光学機能性生地

  5. 【課題】前処理時間を短縮化、または前処理剤の塗布量を可変できる前処理装置を提供する。【解決手段】前処理装置は、プラテンと、セット位置から第一方向にプラテンの搬送を案内するガイドと、被記録媒体(布帛)に対し前処理剤を噴霧するスプレーと、塗布範囲と前処理剤の塗布量の少なくとも一方が入力される入力部と、塗布範囲と塗布量の少なくとも一方に基づき、プラテンの搬送速度とスプレーの...

    前処理装置

繊維材料の液体,気体または蒸気による処理 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON