繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料 に関する技術一覧

「繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料」に関する技術の関連情報です。 「繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料」 の関連技術、「繊維材料の液体,気体または蒸気による処理」「布帛の仕上げ,化粧仕上げ,幅出しまたは伸張」 など、その他「繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料」の分野ページはこちら

繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料に所属する技術動向

繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料の分野に属する技術の状況としては、2017年に1,914件、2018年に1,576件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料の分野においては特に近年敷物,袋状物,その他の皮革または繊維の製品または織物の機械式または圧力式清浄,可とう性の筒状または袋状物の内外裏返しの分野における動向が活発であり、他にも布帛または衣類のひだ付けや 繊維製品の装飾といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては花王株式会社や東芝ライフスタイル株式会社、日立アプライアンス株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 計算,計数や基本的電気素子といった分野も含め、 東芝ライフスタイル株式会社や東芝コンシューマエレクトロニクス・ホールディングス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】耐汚染性に優れることは元より、特に耐スクラッチ性に優れた化粧シートを提供することである。【解決手段】繊維質基材シート上に、エチレン系樹脂からなる発泡層とオレフィン系樹脂からなる第1被覆樹脂層とが順に積層された化粧シートにおいて、前記発泡層と前記第1被覆樹脂層とが架橋された層であると共に前記第1被覆樹脂層が前記発泡層より高い架橋度であることを特徴とする化粧シート...

    化粧シート

  2. 技術 洗濯機

    【課題】抗菌・防カビ加工した靴下類、肌着、スポーツウエア、タオル、トイレタリー、パジャマ、寝具類、介護用品、ふきんなどの繊維製品において、初期に抗菌効果があっても数回の洗濯で抗菌性が失われるので、菌の増殖を抑えることができず、従って汗臭くなることを抑制することができない。【解決手段】洗濯機において、衣類を洗浄するために複数回の洗浄工程を有し、複数回の洗浄工程の各回ごと...

    洗濯機

  3. 【解決手段】 ポリケトン繊維がレゾルシン−ホルマリン−ラテックス樹脂により処理された処理コードであるポリケトン繊維処理コードであって、最大熱収縮応力が0.2〜0.4cN/dtex以上、(最大熱収縮力が500〜1079cN/コード,150℃における熱収縮率が1〜4%),150℃における乾熱収縮率が0.5〜6%であるポリケトン処理コード及びポリケトン撚糸コードの熱処理条...

    ポリケトン処理コードおよびその製造方法

  4. 【課題・解決手段】本発明は、ナノファイバーの糸、リボン、およびシートに関するものであって;前記糸、リボン、およびシートを製造する方法;そして前記糸、リボン、およびシートの応用を対象とする。幾つかの実施形態において、ナノチューブの糸、リボンおよびシートはカーボンナノチューブを含む。詳細には、本発明のその様なカーボンナノチューブは以下の様な独特な特性および特性の組み合わせ...

    ナノファイバーのリボンおよびシートならびにナノファイバーの撚り糸および無撚り糸の製造および適用

  5. 【解決手段】直接染料(1)又は(2)を含有する毛髪用染色剤組成物。【化1】〔R1、R2及びR3は、同一又は異なって、炭素数1〜3のアルキル基を示し、ベンゼン環A及びBは、非解離性置換基を有してもよい。〕【効果】毛髪の染色力が極めて高く、経日による色落ちが少なく、かつ保存した場合でも剤の色調変化が少ない。

    毛髪用染色剤組成物

新着の技術

繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本願発明は、ゴム製品や炭素繊維等を低温で化学的に接着・接合することができ、且つ接着・接合されたゴム製品を60℃〜180℃で加温する、あるいは炭素繊維等を60℃〜265℃で加温することによって容易に剥離することができる接着剤又はサイジング剤を提供することを目的とする。本発明に係る接着剤又はサイジング剤は、酸化スズ、酸化チタン、酸化タンタル、酸化ニオブ、...

  2. 【課題・解決手段】カルボキシル基を有する重合体(A)が、金属水酸化物(b1)を必須成分とする塩基性化合物(B)で中和されたアクリル樹脂(C)と、ポリオキサゾリン化合物(D)と、水性媒体(E)とを含有することを特徴とする植毛加工用水性樹脂組成物を提供する。この植毛加工用水性樹脂組成物は、経時安定性に優れるとともに、植毛強度及び基材密着性に優れる植毛加工品が得られることか...

  3. 【課題・解決手段】一方向に長い連続強化繊維を一方向に配列したシート状強化繊維束に塗液を付与した塗液含浸シート状強化繊維束の製造方法に関して、走行速度が速い場合でも発生した毛羽が詰まることなく連続走行が可能で、かつシート状強化繊維束に塗液を効率よく含浸させることが可能な、塗液含浸シート状強化繊維束の製造方法および塗工装置を提供することを課題として、本発明は、塗液(2)が...

    塗液含浸シート状強化繊維束およびシート状一体物の製造方法、塗工装置

  4. 【課題・解決手段】吸放湿性繊維は、嵩高性や反発性が低く、中綿へ展開する上での課題となっている。嵩高性を向上させる技術はいくつか知られているものの、初期の嵩高性は確保にとどまり、吸湿、繰り返し使用、経時などによって、嵩高性が低下していく傾向が大きい。本発明は、かかる従来技術の現状に鑑みて創案されたものであり、その目的は、吸湿性と持続的な嵩高性を両立する吸湿性粒状綿および...

  5. 【課題・解決手段】変性ポリマーが、ジエン系ポリマー鎖と、ブロック化イソシアネート基で終わる少なくとも1つの末端とを含む。ブロック化イソシアネート基は、イソシアネートとブロック化剤との反応生成物であってよく、そしてブロック化剤は、変性ポリマーが少なくとも100℃の温度で脱ブロック化するように選択されている。界面活性剤を含まない変性ポリマーの水性エマルジョンを提供すること...

    変性ポリマー及び前記変性ポリマーを含む安定なエマルジョン

繊維または類似のものの処理,洗濯,他に分類されない可とう性材料 ページ上部に戻る