縫製,刺しゅう,タフティング に関する技術一覧

「縫製,刺しゅう,タフティング」に関する技術の関連情報です。 「縫製,刺しゅう,タフティング」 の関連技術、「縫製」「刺しゅう,タフティング」 など、その他「縫製,刺しゅう,タフティング」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「縫製,刺しゅう,タフティング」の分野ページはこちら

縫製,刺しゅう,タフティングに所属する技術動向

縫製,刺しゅう,タフティングの分野に属する技術の状況としては、2016年に140件、2017年に162件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、縫製,刺しゅう,タフティングの分野においては特に近年刺しゅう,タフティングの分野における動向が活発であり、他にも刺しゅう,タフティングといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはJUKI株式会社やブラザー工業株式会社、蛇の目ミシン工業株式会社が豊富な実績を残しており、 JUKI株式会社などは、 縫製,刺しゅう,タフティングやスポーツ,ゲーム,娯楽といった分野も含め、 JUKI松江株式会社や株式会社タカトリといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

縫製,刺しゅう,タフティング』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 技術 ミシン

    【課題】針の針穴を上糸を糸通しする自動糸通し機構は手動操作式のレバーを操作して作動させる構成であるため、その他の機構と連動して糸通しするのに適しておらず、上糸カセットの装着時に天秤の糸掛け部や糸調子器への糸掛けと連動して糸通しすることはできない。【解決手段】糸駒62から針19に至る所定の上糸経路に沿って天秤25及び糸調子器9を設け、ミシンのアーム頭部に天秤移動領域を含...

    ミシン

  2. 【課題】ボタン穴かがりミシンにおいて、布切りメスを交換しなくても一つの布切りメスで長さの異なる複数のボタン穴を形成できるようにする。【解決手段】上下動メス16は、刃の長さが側縫い部の長さよりも短く設定され、複数回の上下動により側縫い部の長さに対応した長さのボタン穴を形成する。その上下動メス16は、側縫い部の縫い目形成中において、少なくとも1回上下動する。また、上下動メ...

    ボタン穴かがりミシン及び縫製装置

  3. 【課題】生産性に優れ、かつ、低価格化を容易に図ることのできる多孔性炭素材を用いた摺動部材用組成物、および、これを用いたミシンの摺動部位に好適なミシン用摺動部品を提供すること。【解決手段】少なくとも摺動面1aが熱可塑性樹脂に多孔性炭素材の粉末を含有させてなる摺動部材用組成物により形成されていることを特徴としている。

    摺動部材用組成物およびミシン用摺動部品

  4. 【課題】糸カセットの装着、或いは、排出の少なくとも一方について、糸カセットが搬送機構によって搬送され、使い勝手が良い縫製装置、糸カセット、並びに、縫製装置のプログラムを提供することである。【解決手段】糸カセット20がユーザーによって装着部22の上方から少し挿入されると、発光素子の光が糸カセット20によって遮られ、受光素子が発光素子の所定の光を受光できなくなることによっ...

    縫製装置、縫製装置の糸カセット、並びに、縫製装置のプログラム

  5. 【課題】メンテナンスが簡単で、しかも摺動部の焼付きや摩耗、縫製品の油汚れなどを生じることなく、摺動部を適正に潤滑することができるミシンの潤滑装置を提供すること。【解決手段】グリース収容部25内に収容したグリースGにより摺動部を潤滑するように構成し、摺動部の潤滑に好適なグリースGにより摺動部を潤滑するようにしたもの。

    工業用ミシンの潤滑装置

新着の技術

縫製,刺しゅう,タフティング』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】搬送後の被縫製物を良好な状態とする。【解決手段】複数の被縫製物Cを積層可能である平坦な載置部20と、載置部の上で最上位に位置する被縫製物を把持する把持機構70と、把持機構に把持された被縫製物を搬送する搬送機構40と、搬送機構により搬送された被縫製物が載置される平坦な作業台25とを備え、把持機構は、被縫製物を把持する第一及び第二の把持部材71,72と、第一及び第...

    被縫製物搬送装置

  2. 【課題】被縫製物を安定的に搬送する。【解決手段】複数の被縫製物Cを積層可能である平坦な載置部20と、載置部の上で最上位に位置する被縫製物を把持する把持機構70と、把持機構に把持された被縫製物を搬送する搬送機構40とを備え、把持機構は、被縫製物を把持する第一及び第二の把持部材71,72と、第一及び第二の把持部材を昇降させる昇降機構74とを有し、第一及び第二の把持部材が把...

    被縫製物搬送装置

  3. 【課題】被縫製物を一枚ずつ良好に把持する。【解決手段】複数の被縫製物Cを積層可能である平坦な載置部20と、載置部の上で最上位に位置する被縫製物を把持する把持機構70と、把持機構に把持された被縫製物を搬送する搬送機構40とを備え、把持機構は、被縫製物を把持する第一及び第二の把持部材71,72と、第一及び第二の把持部材を昇降させる昇降機構74と、第一及び第二の把持部材の底...

    被縫製物搬送装置

  4. 技術 ミシン

    【課題】上糸を横切って上糸を捕捉及び牽引する天秤を備えるミシンにおいて、第1針目の作動サイクルから上糸を捕捉及び牽引可能としつつ、糸抜けを阻止することを目的とする。【解決手段】ミシン1は、上糸200の糸道4を横断して上糸200を捕捉し牽引する天秤7と、上糸200に調子圧を与える上糸調子器8とを備える。このミシン1において、上糸調子器8は、針3の第1針目の往復運動で上糸...

    ミシン

  5. 【課題】駆動回路の故障を適切に判定すると共に縫い針の異常な駆動を抑止する。【解決手段】モータと第1スイッチング素子を有する第1駆動回路と第2スイッチング素子を有する第2駆動回路と回転速度検出装置と制御装置とを備える。第1スイッチング素子および第2スイッチング素子は、電源とモータとに対して直列接続される。制御装置は、縫い動作が指示されたとき、第2スイッチング素子がオンさ...

    ミシンの駆動装置

縫製,刺しゅう,タフティング ページ上部に戻る