縫製,刺しゅう,タフティング に関する技術一覧

「縫製,刺しゅう,タフティング」に関する技術の関連情報です。 「縫製,刺しゅう,タフティング」 の関連技術、「縫製」「刺しゅう,タフティング」 など、その他「縫製,刺しゅう,タフティング」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「縫製,刺しゅう,タフティング」の分野ページはこちら

縫製,刺しゅう,タフティングに所属する技術動向

縫製,刺しゅう,タフティングの分野に属する技術の状況としては、2015年に133件、2016年に139件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、縫製,刺しゅう,タフティングの分野においては特に近年刺しゅう,タフティングの分野における動向が活発であり、他にも刺しゅう,タフティングといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはJUKI株式会社やブラザー工業株式会社、ヤマトミシン製造株式会社が豊富な実績を残しており、 JUKI株式会社などは、 縫製,刺しゅう,タフティングやスポーツ,ゲーム,娯楽といった分野も含め、 JUKI松江株式会社や株式会社タカトリといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

縫製,刺しゅう,タフティング』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 技術 ミシン

    【課題】針の針穴を上糸を糸通しする自動糸通し機構は手動操作式のレバーを操作して作動させる構成であるため、その他の機構と連動して糸通しするのに適しておらず、上糸カセットの装着時に天秤の糸掛け部や糸調子器への糸掛けと連動して糸通しすることはできない。【解決手段】糸駒62から針19に至る所定の上糸経路に沿って天秤25及び糸調子器9を設け、ミシンのアーム頭部に天秤移動領域を含...

    ミシン

  2. 【課題】ボタン穴かがりミシンにおいて、布切りメスを交換しなくても一つの布切りメスで長さの異なる複数のボタン穴を形成できるようにする。【解決手段】上下動メス16は、刃の長さが側縫い部の長さよりも短く設定され、複数回の上下動により側縫い部の長さに対応した長さのボタン穴を形成する。その上下動メス16は、側縫い部の縫い目形成中において、少なくとも1回上下動する。また、上下動メ...

    ボタン穴かがりミシン及び縫製装置

  3. 【課題】生産性に優れ、かつ、低価格化を容易に図ることのできる多孔性炭素材を用いた摺動部材用組成物、および、これを用いたミシンの摺動部位に好適なミシン用摺動部品を提供すること。【解決手段】少なくとも摺動面1aが熱可塑性樹脂に多孔性炭素材の粉末を含有させてなる摺動部材用組成物により形成されていることを特徴としている。

    摺動部材用組成物およびミシン用摺動部品

  4. 【課題】糸カセットの装着、或いは、排出の少なくとも一方について、糸カセットが搬送機構によって搬送され、使い勝手が良い縫製装置、糸カセット、並びに、縫製装置のプログラムを提供することである。【解決手段】糸カセット20がユーザーによって装着部22の上方から少し挿入されると、発光素子の光が糸カセット20によって遮られ、受光素子が発光素子の所定の光を受光できなくなることによっ...

    縫製装置、縫製装置の糸カセット、並びに、縫製装置のプログラム

  5. 【課題】メンテナンスが簡単で、しかも摺動部の焼付きや摩耗、縫製品の油汚れなどを生じることなく、摺動部を適正に潤滑することができるミシンの潤滑装置を提供すること。【解決手段】グリース収容部25内に収容したグリースGにより摺動部を潤滑するように構成し、摺動部の潤滑に好適なグリースGにより摺動部を潤滑するようにしたもの。

    工業用ミシンの潤滑装置

新着の技術

縫製,刺しゅう,タフティング』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明の目的は布表面に段差がある場合にも正常に布を押さえられる中押え装置とミシンを提供すること。【解決手段】布の上方に位置し、縫製時に布を上側から押える中押え21と、上下方向に延び、下端に中押え21が取付けられた中押え棒22と、中押え21を中押え棒22の延設方向に沿って揺動する駆動源とを備える中押え装置9は、付勢部材24、揺動機構25を備える。付勢部材24は中...

    中押え装置とミシン

  2. 【課題】表皮が追従可能なイセ込み量をより簡便に判定することにある。【解決手段】複数の保持部材20a〜20mが、展開状態の表皮4の一部を保持可能な状態で、表皮4を面方向に横断する向きに適宜の間隔で配置されているとともに、複数の保持部材20a〜20mを移動部材(スライド部材30)にて連動して移動させることにより、隣り合う保持部材同士の間隔を均等に縮小させる構成とされている。

    表皮のイセ込み追従性判定装置及びイセ込み追従性判定方法

  3. 【課題・解決手段】糸切れおよび糸玉の発生を防止するために、内かま(3)の係合凹部(28)に、ばね部材(50)を設けて、ボビンケース(5)の係合片(27)の係合部(27a)を回転方向(A)下流側にばね付勢し、ボビンケース(5)の内かま(3)に対するがたつき、および振動を抑制する。

    垂直全回転かま

  4. 【課題・解決手段】内装部材にステッチを施す方法が本書において提供される。当該内装部材は、単一層の下地層のみを有する。当該方法は、a)前記下地層を、縫製ヘッドの錐で貫通して穿孔部を形成する工程と、b)前記下地層から前記錐を引き抜く工程と、c)前述の縫製ヘッドの針を、前記下地層を貫通するように前記穿孔部に挿入して、前記下地層の表側表面上に位置する糸を把持する工程と、d)前...

    車両内装部材にステッチを施すための装置および方法

  5. 【課題】布地等を仮止めしておくために多数個使用する場合でも使い勝手がよい裁縫用クリップを提供する。【解決手段】裁縫用クリップAは、基端側に位置する摘み部11および先端側に位置する挟持部12を有し、摘み部11から挟持部12まで方向xに延びる下側部材1と、方向xに直角な方向zにおいて摘み部11に対向する摘み部21、および方向zにおいて挟持部12に対向する挟持部22、を有す...

    裁縫用クリップ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

ページトップへ

縫製,刺しゅう,タフティング ページ上部に戻る