メリヤス編成 に関する技術一覧

「メリヤス編成」に関する技術の関連情報です。 「メリヤス編成」 の関連技術、「よこ編み,よこ編み機」「固定針を備えたストレートバー編み機」 など、その他「メリヤス編成」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「メリヤス編成」の分野ページはこちら

メリヤス編成に所属する技術動向

メリヤス編成の分野に属する技術の状況としては、2017年に269件、2018年に227件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、メリヤス編成の分野においては特に近年クロッシェ編み具またはその装置の分野における動向が活発であり、他にも固定されたひげ針を備えた円形編み機,例.ループホイール編み機や 編成された編み地を修理またはときほぐすものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社島精機製作所や東レ株式会社、グンゼ株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品や高分子化合物の組成物といった分野も含め、 ミツカワ株式会社や東レ・デュポン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

メリヤス編成』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ポリエステル系捲縮糸において、従来問題とされていた布帛拘束下での捲縮発現能力を改善し、ストレッチ性に優れた布帛を得ることができる高捲縮性ポリエステル系複合繊維を提供するものである。【解決手段】2種類のポリエステル系重合体が繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わされた複合繊維において、一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルであり、...

    高捲縮性ポリエステル系複合繊維およびその製法ならびに布帛

  2. 【課題】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸を用いることにより、張り及び腰に優れ、シワにもなりにくく、かつ麻繊維のような乾いた感触があるうえ、吸湿性、放湿性にも優れているセルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛を提供する。【解決手段】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸であって、前記糸は単繊維の繊度が0.5〜20デニールの範囲の紡績糸であり、400...

    セルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛

  3. 【課題】優れた耐塩素脆化性能と熱セット特性を有する水着用途に好適に使用されるポリウレタン弾性繊維を提供すること。【解決手段】ポリウレタンウレア重合体およびポリウレタン重合体から形成されてなることを特徴とするポリウレタン弾性繊維。

  4. 【課題】本発明は、繊維・繊維製品形状やポリマーに制約が無く、広く応用展開可能な単糸繊度ばらつきの小さなナノファイバーを得るための前駆体として好適な、溶解性の異なるポリマーが超微分散したポリマーアロイ繊維を提供するものである。【解決手段】少なくとも2種の溶解性の異なる有機ポリマーからなる海島構造繊維であって、島成分が難溶解性ポリマー、海成分が易溶解ポリマーからなり、島ド...

    ポリマーアロイ繊維

  5. 【課 題】本発明は、製造時の加熱処理による耐熱高機能繊維糸の品質劣化を極力押さえ、耐熱高機能繊維が本来有する耐熱性または難燃性などの優れた性質を失うことなく、良好な伸縮伸長率および伸縮弾性率と優れた外観とを有し、毛羽や埃の発生しにくい耐熱性捲縮糸を提供することを目的とする。【解決手段】耐熱高機能繊維からなり、伸縮伸長率が6%以上、伸縮弾性率が40%以上、強度が0...

    耐熱性捲縮糸

新着の技術

メリヤス編成』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】伸長性に優れ、自動車内装材や家具などの成型加工用途に好適に用いられる皮革様シートを提供する。【解決手段】極細繊維と織編物と高分子弾性体と、を含む皮革様シートであって、前記織編物がポリアルキレングリコールを10質量%以上45質量%以下共重合した、ポリエチレンテレフタレート系重合体からなる糸条により構成されることを特徴とする皮革様シート。

  2. 【課題】 本発明は、歩行する際にも足指を指袋から脱げ難くした指袋付き靴下を提供することにある。【解決手段】 少なくとも小指用指袋を含む複数の指袋部を有する爪先部と、該爪先部と繋がる胴部と、踵部とを備える指袋付き靴下において、踵部を基準として胴部に繋がる爪先部の側面の一方が甲部側、他方が底部側に向くようにする。踵部を基準として爪先部が捻れ、足に沿うことで歪みが生じる...

    指袋付き靴下

  3. 【課題】編み地に設置される電線の折れやゆがみを抑制しつつ、編み地に対する電線の設置の自由度を高めることを目的とする。【解決手段】ウエアラブル筐体は、編み地の一部に設けられ、電子機器本体が設置される繊維硬化部と、前記編み地を形成する複数のループに支持された被覆管内に設けられ、前記電子機器本体と接続される電線を有する電気配線部と、を、備える。ウエアラブル筐体は、熱硬化可能...

    ウエアラブル筐体及びウエアラブル筐体の製造方法

  4. 【課題】筒状に繋がった一側編地部と他側編地部のうち、一側編地部の編幅方向の編目数を増やす編地の編成方法を提供する。【解決手段】工程A〜工程Cを複数回繰り返す編地の編成方法である。工程Aでは、第一給糸部材8を用いて、一側編地部1と他側編地部2の編幅方向端部の境界側で一側編地部1の一側針床FDにおける端部編目13に繋がる端部側増し目3を形成し、端部側増し目3を他側編地部2...

    編地の編成方法

  5. 【課題】非導電性の繊維糸が編み込まれた繊維体に、比較的高い形状自由度で電気回路を一体的に形成すること。【解決手段】非導電性の繊維糸のループ部同士が編み込まれた繊維体と、前記ループ部が通る管状部位を有し、電気回路を形成する複数の電気回路形成部材とを含む、電子機器が提供される。好ましくは、前記繊維糸は、FRP繊維糸であり、熱可塑性樹脂で被覆されており、前記繊維体は、前記熱...

    電子機器及びその製造方法

メリヤス編成 ページ上部に戻る