メリヤス編成 に関する技術一覧

「メリヤス編成」に関する技術の関連情報です。 「メリヤス編成」 の関連技術、「よこ編み,よこ編み機」「固定針を備えたストレートバー編み機」 など、その他「メリヤス編成」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「メリヤス編成」の分野ページはこちら

メリヤス編成に所属する技術動向

メリヤス編成の分野に属する技術の状況としては、2015年に188件、2016年に204件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、メリヤス編成の分野においては特に近年クロッシェ編み具またはその装置の分野における動向が活発であり、他にも固定されたひげ針を備えた円形編み機,例.ループホイール編み機や 編成された編み地を修理またはときほぐすものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社島精機製作所や東レ株式会社、旭化成せんい株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品や高分子化合物の組成物といった分野も含め、 ミツカワ株式会社や東レ・デュポン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

メリヤス編成』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ポリエステル系捲縮糸において、従来問題とされていた布帛拘束下での捲縮発現能力を改善し、ストレッチ性に優れた布帛を得ることができる高捲縮性ポリエステル系複合繊維を提供するものである。【解決手段】2種類のポリエステル系重合体が繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わされた複合繊維において、一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルであり、...

    高捲縮性ポリエステル系複合繊維およびその製法ならびに布帛

  2. 【課題】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸を用いることにより、張り及び腰に優れ、シワにもなりにくく、かつ麻繊維のような乾いた感触があるうえ、吸湿性、放湿性にも優れているセルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛を提供する。【解決手段】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸であって、前記糸は単繊維の繊度が0.5〜20デニールの範囲の紡績糸であり、400...

    セルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛

  3. 【課題】優れた耐塩素脆化性能と熱セット特性を有する水着用途に好適に使用されるポリウレタン弾性繊維を提供すること。【解決手段】ポリウレタンウレア重合体およびポリウレタン重合体から形成されてなることを特徴とするポリウレタン弾性繊維。

  4. 【課題】本発明は、繊維・繊維製品形状やポリマーに制約が無く、広く応用展開可能な単糸繊度ばらつきの小さなナノファイバーを得るための前駆体として好適な、溶解性の異なるポリマーが超微分散したポリマーアロイ繊維を提供するものである。【解決手段】少なくとも2種の溶解性の異なる有機ポリマーからなる海島構造繊維であって、島成分が難溶解性ポリマー、海成分が易溶解ポリマーからなり、島ド...

    ポリマーアロイ繊維

  5. 【課 題】本発明は、製造時の加熱処理による耐熱高機能繊維糸の品質劣化を極力押さえ、耐熱高機能繊維が本来有する耐熱性または難燃性などの優れた性質を失うことなく、良好な伸縮伸長率および伸縮弾性率と優れた外観とを有し、毛羽や埃の発生しにくい耐熱性捲縮糸を提供することを目的とする。【解決手段】耐熱高機能繊維からなり、伸縮伸長率が6%以上、伸縮弾性率が40%以上、強度が0...

    耐熱性捲縮糸

新着の技術

メリヤス編成』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】繊維シートとコンクリート構造物間における接着力を高めることと、繊維シート内へ隈なく樹脂を含浸させることと、繊維シートが本来有している強力、弾性率を十分に発揮できることの3要件を同時に満たすこと。【解決手段】経糸群編地10Aと緯糸群編地10Bの繊度と繊維群の畝間隔が異なる二方向性の複合繊維シート10を使用し、一方の編地10Bを下塗樹脂51の塗布済みのコンクリート...

    コンクリート構造物の補強方法及びその補強構造

  2. 【解決手段】シンカ作動装置を備えた靴下類等の編成品のための円形編機は、その軸芯(2a)が実質的に垂直であるように配置されて両方の回転方向での軸芯(2a)回りの回転運動で作動可能な針シリンダ(2) を備えている。針シリンダ(2) は複数の軸方向溝(3) を側面に有しており、軸方向溝は、少なくとも1つのフィード又はドロップ(5) で供給される少なくとも1つの糸をピックアッ...

    シンカ作動装置を備えた靴下類等の編成品のための円形編機

  3. 【課題・解決手段】本発明は、ストランドストック1を解くように構成されたボビン2を受容するためのボビンキャリア7に関するものであり、ボビンキャリア7は、編み機、巻線機、又は、らせん形成機において使用するよう意図され、このために、機械の運転中に、機械に対して回転するように構成されている。ボビンキャリア7は、ボビン2から解かれたストランドストック1の張力を測定するための張力...

    編み機、巻線機、又は、らせん形成機のためのボビンキャリア

  4. 【課題】 編地のウエール方向最終編目列の仕上りを良くし、後工程の手間の軽減を可能にする終端領域を備える編地の編成方法および終端領域を備える編地を提供する。【解決手段】 編地1のウエール方向最終編目列の解れ止めを行う終端領域3の編幅方向を区分線SLで区分し、両側に増し目a,b,c,d;α,β,γ,δを形成する。増し目a,b,c,d;α,β,γ,δの両側の編目列3Rc...

    編地の終端領域の編成方法および終端領域を備える編地

  5. 【課題】遮光、遮熱、防風、防砂など多くの機能を備えた多機能ネットを提供する。【解決手段】本多機能ネットは、対象物(冷却塔41)を遮光する多機能ネット1であって、遮光ネット11と、帯状遮熱層(アルミ蒸着テープ24)が複数並設された遮熱ネット21と、が平面的に重ね合わされた状態で一体化されており、遮光ネットが対象物側を向き、遮熱ネットが対象物と反対側を向くように張設可能に...

    多機能ネット

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

ページトップへ

メリヤス編成 ページ上部に戻る