メリヤス編成 に関する技術一覧

「メリヤス編成」に関する技術の関連情報です。 「メリヤス編成」 の関連技術、「よこ編み,よこ編み機」「固定針を備えたストレートバー編み機」 など、その他「メリヤス編成」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「メリヤス編成」の分野ページはこちら

メリヤス編成に所属する技術動向

メリヤス編成の分野に属する技術の状況としては、2016年に209件、2017年に269件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、メリヤス編成の分野においては特に近年クロッシェ編み具またはその装置の分野における動向が活発であり、他にも固定されたひげ針を備えた円形編み機,例.ループホイール編み機や 編成された編み地を修理またはときほぐすものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社島精機製作所や東レ株式会社、グンゼ株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品や高分子化合物の組成物といった分野も含め、 ミツカワ株式会社や東レ・デュポン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

メリヤス編成』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ポリエステル系捲縮糸において、従来問題とされていた布帛拘束下での捲縮発現能力を改善し、ストレッチ性に優れた布帛を得ることができる高捲縮性ポリエステル系複合繊維を提供するものである。【解決手段】2種類のポリエステル系重合体が繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わされた複合繊維において、一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルであり、...

    高捲縮性ポリエステル系複合繊維およびその製法ならびに布帛

  2. 【課題】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸を用いることにより、張り及び腰に優れ、シワにもなりにくく、かつ麻繊維のような乾いた感触があるうえ、吸湿性、放湿性にも優れているセルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛を提供する。【解決手段】竹を原料とするセルロースレーヨン繊維を含む糸であって、前記糸は単繊維の繊度が0.5〜20デニールの範囲の紡績糸であり、400...

    セルロースレーヨン繊維糸及びこれを用いた布帛

  3. 【課題】優れた耐塩素脆化性能と熱セット特性を有する水着用途に好適に使用されるポリウレタン弾性繊維を提供すること。【解決手段】ポリウレタンウレア重合体およびポリウレタン重合体から形成されてなることを特徴とするポリウレタン弾性繊維。

  4. 【課題】本発明は、繊維・繊維製品形状やポリマーに制約が無く、広く応用展開可能な単糸繊度ばらつきの小さなナノファイバーを得るための前駆体として好適な、溶解性の異なるポリマーが超微分散したポリマーアロイ繊維を提供するものである。【解決手段】少なくとも2種の溶解性の異なる有機ポリマーからなる海島構造繊維であって、島成分が難溶解性ポリマー、海成分が易溶解ポリマーからなり、島ド...

    ポリマーアロイ繊維

  5. 【課 題】本発明は、製造時の加熱処理による耐熱高機能繊維糸の品質劣化を極力押さえ、耐熱高機能繊維が本来有する耐熱性または難燃性などの優れた性質を失うことなく、良好な伸縮伸長率および伸縮弾性率と優れた外観とを有し、毛羽や埃の発生しにくい耐熱性捲縮糸を提供することを目的とする。【解決手段】耐熱高機能繊維からなり、伸縮伸長率が6%以上、伸縮弾性率が40%以上、強度が0...

    耐熱性捲縮糸

新着の技術

メリヤス編成』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は,天然のヒアルロナンとC11−C18アシル化ヒアルロナンとの組み合わせ又はC11−C18アシル化ヒアルロナン(複数)を含む生分解性のエンドレスコアシース繊維に関する。本発明は更に,特に活性物質の制御放出のための製造方法及び使用に関する。繊維は更にステープル繊維,ヤーン,組まれた,織られた,編まれた又は不織のテキスタイルの携帯に更に加工され得る。

    ヒアルロナン又はそのC11−C18アシル化誘導体をベースとするエンドレスコアシース繊維,それらの製造方法及び使用,それらの繊維で製造されたステープル繊維,ヤーン及びテキスタイル,並びにそれらの使用

  2. 【課題・解決手段】内部表面および外部表面を定義し、所定数の糸を使用して縫い目がなく編まれた、エネルギーを取り入れ、熱を管理する複数効果の治療用衣類が、提供される。治療用衣類を構築するための糸は、相変化を通して熱エネルギーを吸収し、貯えおよび放出する糸、熱エネルギーおよび紫外線放射エネルギーを遠赤外放射エネルギーに変換し、および遠赤外放射エネルギーをその他の糸に、および...

    エネルギーを取り入れ、熱を管理する複数効果の治療用衣類

  3. 【課題】靴下における踵のホールド力を高め、踵のずれを少なくし、踵を安定させるような靴下を提供する。【解決手段】靴下の踵ポケット4が丸編靴下編機のシリンダの往復回動により形成される靴下において、踵ポケット4の外周は高伸縮弾性糸が編目ループを形成して編成された高伸縮帯Aで囲まれていることを特徴とする。高伸縮弾性糸が編目ループを形成して編成された高伸縮帯Aが足甲まで延びてい...

    靴下およびその靴下の編成方法

  4. 【課題・解決手段】アクリル繊維は保温性に優れているため、セーターや肌着などの衣料用途によく利用されている。具体的には、収縮性アクリル繊維を混紡し、繊維間の空隙を増すことによって、軽量嵩高感が得られるが、ピリングが起こりやすいという欠点がある。この点について、いくつか提案はあるが、十分な軽量嵩高感と実用的な抗ピル性を両立するには至っていない。本発明は軽量嵩高感と抗ピル性...

  5. 【課題・解決手段】ヤーンを使用して様々な工芸品を作成するために有用な、改善された多目的ツールが開示される。ツールは、底部及び上部を備える。底部は、一つ以上の底部部材を備え、当該一つ以上の底部部材は、その間に空間を有し、下向きに延在し、一つ以上の底部部材の端部において互いに略平行である。上部は、一つ以上の上部部材を備え、当該一つ以上の上部部材は、その間に空間を有し、上向...

    工芸品を作るための多目的ツール

メリヤス編成 ページ上部に戻る