組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布 に関する技術一覧

「組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布」に関する技術の関連情報です。 「組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布」 の関連技術、「メリヤス編成」「ボビンネットまたは炭化レースを含むレースのひも組みあるいは製造,ひも組み機,組みひも,レース」 など、その他「組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布」の分野ページはこちら

組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布に所属する技術動向

組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布の分野に属する技術の状況としては、2016年に438件、2017年に505件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布の分野においては特に近年フィラメント状材料の結節による製網,ノッテッドカーペットまたはタペストリの製造,他に分類されない結節の分野における動向が活発であり、他にも装飾品,他に分類されないリボン,テープまたはバンドや ボビンネットまたは炭化レースを含むレースのひも組みあるいは製造,ひも組み機,組みひも,レースといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては花王株式会社や東レ株式会社、日本バイリーン株式会社が豊富な実績を残しており、 ダイワボウホールディングス株式会社などは、 組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布や繊維または他に分類されない可とう性材料といった分野も含め、 ダイワボウポリテック株式会社やダイワボウノイ株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ポリエステル系捲縮糸において、従来問題とされていた布帛拘束下での捲縮発現能力を改善し、ストレッチ性に優れた布帛を得ることができる高捲縮性ポリエステル系複合繊維を提供するものである。【解決手段】2種類のポリエステル系重合体が繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わされた複合繊維において、一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルであり、...

    高捲縮性ポリエステル系複合繊維およびその製法ならびに布帛

  2. 【課題】従来の使い捨て用の清掃用物品は、不織布で形成されているため、平坦形状で埃の捕捉効果が劣っていた。また繊維のみで刷毛部を形成したものでは、繊維が絡まって刷毛部を保形できない。【解決手段】清掃用物品の刷毛部26は、不織布の短冊片12,17と、繊維束3,4,6により形成されている。間に短冊片があるために繊維束どうしが絡みあいにくい。また繊維束4と短冊片17とが接合部...

    清掃用物品

  3. 【課題】 医療分野の医用材料、特に、再生医療における生体組織培養の基材および生体組織の欠損、修復、再生、治療を目的とした生体材料(人工弁、人工臓器、人工血管、創傷被覆材等)の一部として、細胞組織の足場や支持体であって、酸素や栄養素の供給にも優れ、効率良く細胞の増殖や分化が期待でき、素材が多糖類でナノスケールの繊維であり、さらにはそれを構成し得られる不織性の薄膜、およ...

    • 公開日:2005/10/20
    • 出願人: 谷岡明彦 、...
    • 発明者: 谷岡明彦 、...
    • 公開番号:2005-290610号

    多糖類のナノスケールの繊維および成形体

  4. 【課題】平面方向へ伸張させた場合の回復性及び厚み方向へ圧縮させたときの回復性が十分である立体シート材料を提供すること。【解決手段】第1層1とこれに隣接する第2層2とを有し、第1層1と第2層2とが所定パターンの接合部3によって部分的に接合されており、接合部3間で第1層1が三次元的立体形状をなし、第2層2がエラストマー的挙動を示す材料で構成されており、シート全体がエラスト...

    立体シート材料

  5. 【課題】一定の繰り返しパターンを有する意匠性や不織布の強度バランス、機能性に優れた絡合不織布、手持ち感があり、拭き取り回数が少なくてもムラなく拭き取ることができる拭き取り性に優れた清拭シート、および液体含浸性に優れるとともにべたつき感が少なく、かつ触感、手持ち感に優れた湿潤性シートを提供することを目的とする。【解決手段】繊維ウェブを所定の織り構造の支持体に載置し、水流...

    絡合不織布とこれを用いた清拭シートおよび湿潤性シート

新着の技術

組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】アクリル繊維は保温性に優れているため、セーターや肌着などの衣料用途によく利用されている。具体的には、収縮性アクリル繊維を混紡し、繊維間の空隙を増すことによって、軽量嵩高感が得られるが、ピリングが起こりやすいという欠点がある。この点について、いくつか提案はあるが、十分な軽量嵩高感と実用的な抗ピル性を両立するには至っていない。本発明は軽量嵩高感と抗ピル性...

  2. 【課題・解決手段】編物でありながらタテ方向の伸度が制限されており、ビジネスシャツとして適度な伸度と柔らかさ、通気性、保形性を兼ね備えた編地を提供する。目付が80〜180g/m2である柄を有するダブル編地からなり、編地の裏組織において全構造に対するニット−ウエルト構造の比率が0.25〜1.0であり、編地基本組織を構成する全ニットループ数に対する全ウエルト数の比率が0.1...

    ビジネスシャツ用編地

  3. 技術 中綿

    【課題・解決手段】吸湿発熱性に関して初期の温度の立ち上がりの速さを有し、しかも高いレベルの嵩高性を有する、人体に対して快適な暖かい環境を早期に実感することができる、寝装品や衣料品に好適な中綿を提供する。ポリエステル繊維を40〜90重量%含有し、かつNa塩型および/またはK塩型の架橋ポリアクリレート系繊維を10〜60重量%含有する中綿であって、Na塩型および/またはK塩...

    中綿

  4. 【課題・解決手段】本発明は、不織布基材と第四級アンモニウム塩を有する化合物を含有する液体とを含む製品におけるリヨセル繊維の使用であって、前記リヨセル繊維が前記不織布基材に含有され、前記リヨセル繊維が前記繊維中に組み込まれている本質的に水不溶性の塩を含有する、使用に関する。

  5. 【課題】低周波領域において優れた吸音性を示し、省スペース性にも優れた吸音材を提供することを課題とする。【解決手段】複数の繊維層と、繊維層と繊維層の間に介在する基材層とを含む積層吸音材であって、前記積層吸音材は少なくとも3層の繊維層を含み、各繊維層は、500nm以上35μm未満の繊維径の繊維からなり、かつ、10〜500g/m2の目付けであり、前記基材層は、10g/m2以...

    極細繊維を含む積層吸音材

組みひも,レース編み,メリヤス編成,縁とり,不織布 ページ上部に戻る