弾性を有するように,すなわち圧縮ひずみから回復するように設計された織物 に関する技術一覧

「弾性を有するように,すなわち圧縮ひずみから回復するように設計された織物」に関する技術の関連情報です。 「弾性を有するように,すなわち圧縮ひずみから回復するように設計された織物」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「弾性を有するように,すなわち圧縮ひずみから回復するように設計された織物」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜19件を表示(19件中)1/1ページ目

  1. 【課題】弾性繊維を含まない綿織物であって、いわゆるコンフォートストレッチと呼ばれる、経方向、緯方向に適度なストレッチ性を有する綿織物を提供することを目的とするものである。【解決手段】綿繊維を50質量%以上含む強撚糸からなる織物であって、前記強撚糸の撚係数は4〜10であり、前記織物は弾性繊維を含まないものであり、前記織物の伸長率は、経方向、緯方向ともに10%以上であり、...

    ストレッチ綿織物及びストレッチ綿織物の製造方法

  2. 【課題】薄ゲージの定圧縮率の弾性の繊維からなる高強度布を提供すること。【解決手段】100パーセントから200パーセントまでの、伸び率の間で、比較的に平らなモジュラスの曲線を有している、弾性の繊維が開示されている。本件の繊維は、非常に快適な感触を有する衣類にすることができるものである。好ましい弾性の繊維は、熱可塑性のポリウレタンポリマーから作られるものであり、紡糸口金か...

    薄ゲージの定圧縮率弾性繊維からなる高強度布

  3. 【課題】縦方向(長さ方向)に伸縮性を備えた細幅織物に関し、伸ばしたときと縮んだときで表面側の色彩、模様、光沢などの見え方が異なる細幅織物を提供する。【解決手段】多数本を占める主経糸、主経糸より細い押え経糸及びゴム糸からなる経糸と、表層の緯糸及び裏地の緯糸とによって製織されている。主経糸及びゴム糸は、裏地の緯糸とのみ交絡しており、表層の緯糸とは交絡していない。主経糸は、...

    伸縮性を備えた細幅織物

  4. 【課題・解決手段】本発明は、緯糸と、からみ経糸と、弾性的に伸張可能な地経糸とを有する、からみ織りで織られた織面を含む経糸方向へ長手弾性的な包帯に関するものであり、地経糸がコットン弾性的な糸であることを特徴としている。

    経糸方向へ長手弾性的な包帯

  5. 【課題】使用時において、カールや歪み等の変形が発生するのを防止することができる変形防止織物を提供する。【解決手段】変形防止織物1を、所定の太さ及び織り込み密度を有する縦糸2…と、その縦糸2…の太さに対して略2倍の太さ及び縦糸2…の織り込み密度に対して同等以上の織り込み密度を有する横糸3…とで平織りしてなるシート状織物4の表裏両面に、合成樹脂被膜5,6を一体的に被覆及び...

    変形防止織物

  6. 【課 題】火災発生時に、エレベータの昇降路を介しての上層階への被害拡大を防止し、また、エレベータを避難経路として容易に利用できるようにする。【解決手段】エレベータ(1)の乗降場(2)の上方に収納部(5)を配置し、この収納部(5)に耐火スクリーン(6)を収容する。火災発生時には上記耐火スクリーン(6)を収納部(5)から引き出して降下させる。この降下した耐火スクリーン(...

    エレベータ用防火防煙シャッター

  7. 【課題】荷弛みがなく、寸法保持性に富むと共に、ソフトな風合いで、取り扱い性と収納性に優れた荷締めベルト、及び、それを構成する細幅織物を提供する。【解決手段】少なくとも経糸がポリトリメチレンテレフタレート繊維マルチフィラメント糸で構成されており、経糸方向に幅1cm当たり初期荷重39.2Nを付加した伸長状態下における15分後の応力保持率が85%以上であることを特徴とする細...

  8. 【課題】ストレッチ性に優れ、かつシボが無く品位に優れたポリエステル系ストレッチ織物を提供する。【解決手段】一方がポリトリメチレンテレフタレートを主体としたポリエステルである2種類のポリエステル系重合体を繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型に貼り合わせた複合繊維のマルチフィラメントを下記式で示す撚係数Kが3000〜15000で加撚した糸条を経糸および緯糸の少なくとも一...

  9. 【課題】ポリウレタン系弾性糸などを使用せず、実質的にポリエステル単独使用で、適度の伸縮性とドレープ性を兼ね備えたポリエステルストレッチ織物を提供すること。【解決手段】実質的にポリエステルマルチフィラメント糸のみからなる織物であって、該織物の経方向及び/又は緯方向の伸長率(E )と伸長回復率(ER)が下記式の範囲内である適度の伸縮性とドレープ性を兼ね備えたポリエステルス...

    ポリエステルストレッチ織物

  10. 【課題】反発感と表面柔らかさを合わせ持つ高風合いな織物の製造方法を提供する。【解決手段】ポリエステルまたはポリエステルと他の繊維により構成された生機を、精練リラックス工程またはそれに準ずる湿熱処理工程にて生機と比較して織物面積率を39%以上79%以下にした後、最終仕上げ工程後の織物面積が精練リラックス工程またはそれに準ずる湿熱処理工程後よりも1%以上となるように伸長さ...

    織物の製造方法

  11. 【課題】中強撚はもちろんのこと、甘撚り領域でもフカツキがなく、しかも高反発な織物を提供する。【解決手段】合成繊維の有撚もしくは無撚の糸条で構成された目付40〜400g/m2 の織物であり、かつ風合計測器(KES方式)による曲げ戻り性、ヒステリシス、曲げ剛性が下記式を満たすことを特徴とする高反発織物。曲げ戻り性=ヒステリシス/曲げ剛性≦0.32cm-1。

    高反発織物

  12. 【課題】マルチフィラメント糸の捲縮などによる耐弾性能の低下を防ぎ、その繊維材料の機械的性質を充分に生かすこと。【解決手段】10デニール未満のフィラメントから成る50〜1600デニールのマルチフィラメント糸をたて糸とよこ糸として用い、たて糸は、マルチフィラメント糸を開繊し、糊付けして乾燥し、よこ糸はマルチフィラメント糸を開繊も糊付けもすることなく用い、ウォータジェット織...

    耐弾織物、その製織方法および装置

    • 公開日:1998/04/21
    • 出願人: 勝倉彰三 、...
    • 発明者: 勝倉彰三 、...
    • 公開番号:1998-102349号
  13. 【課題】ストレッチ性を有すると共に、経方向の曲げ剛性に比べて緯方向の曲げ剛性が大きく、且つ剪断剛性が小さい接着芯地用布帛を提供する。【解決手段】経糸としてポリエステル繊維を、緯糸として潜在捲縮性複合繊維からなる紡績糸、または該潜在捲縮性複合繊維と他の繊維との混紡紡績糸を用いてなるストレッチ性を有する接着芯地用布帛である。

  14. 【課題】ストレッチ性を有すると共に、経方向の曲げ剛性に比べて緯方向の曲げ剛性が大きく、且つ剪断剛性が小さい接着芯地用布帛を提供する。【解決手段】経糸としてポリエステル繊維を、緯糸として芯部:ポリエステル仮撚加工糸、鞘部:セルロース系繊維の芯鞘構造からなる紡績糸を用いてなるストレッチ性を有する接着芯地用布帛である。

  15. 【目的】緻密でソフト且つ弾撥性、ドレープ性に優れた弾撥性織編物およびその製造方法を提供する。【構成】芯糸に1.5〜30デニールの単糸からなる合成繊維フイラメント糸を、そのまわりに単糸が0.01〜0.8デニールの合成繊維マルチフイラメントが巻きつきね芯糸の割合を半分以下に規定したカバリング糸を用いて織編物にする。

  16. 【目的】本発明は、熱収縮系を利用して圧縮した布帛シート;及びこの布帛シート上にコートされた硬化性又は固化性樹脂;を含んで成る製品の提供を目的とする。【構成】本発明は、望ましくない回復力を最少限にしながらも、その布帛に延伸性及び適合性を授けるために、布帛シートを圧縮すること包括する。圧縮にとって適当な布帛は、圧縮されることができ、その後その歪んだ状態で硬化又はアニールさ...

    整形外科用ギプス包帯及びその製造方法

  17. 【目的】ヘッケルガロン機或いはラッシエル機により伸縮可能なストラップを造る方法およびこの方法で造ったストラップを提供すること。【構成】伸縮度が異なる少なくとも二本のよこ糸群で編地を形成し、その際一方の群の高弾性的なよこ糸群を予張力下に幅の狭いストラップ部分内に編込み、他方の群の伸縮不能な、非弾性的なよこ糸群を幅の太いストラップ部分内に編込み、幅の異なるストラップ部分の...

    ヘッケルガロン機により伸縮可能なストラップを造る方法およびこの方法により造られたストラップ

  18. 【目的】本発明は織物品位に優れた伸縮性織物を提供するものである。【構成】経糸がマルチフィラメント糸、緯糸が弾性繊維のシングルカバードヤーンで構成された織物であって、該シングルカバードヤーンの撚数が500〜1200T/mでかつ、S撚糸とZ撚糸を一本交互又は二本交互で構成してなることを特徴とする伸縮性の織物となすことにより織物品位に優れた伸縮性織物を提供するものである。

  19. 【目的】本発明はストレッチバック性に優れた伸縮性織物を提供するものである。【構成】経糸又は緯糸の一方が弾性繊維、他方がマルチフィラメント糸で構成された織物であって、該マルチフィラメント糸が撚係数5000〜28000の有撚糸であることを特徴とする伸縮性織物となすことによりストレッチバック性に優れた伸縮性織物を提供するものである。

    弾性を有するように,すなわち圧縮ひずみから回復するように設計された織物の詳細カテゴリ一覧

    弾性を有するように,すなわち圧縮ひずみから回復するように設計された織物の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    弾性を有するように,すなわち圧縮ひずみから回復するように設計された織物 ページ上部に戻る

    公開年

    周辺技術分野

    整理標準化データをもとに当社作成

    分野番号表示ON

    その他の分野

    弾性を有するように,すなわち圧縮ひずみから回復するように設計された織物』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。